壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
世界で一番パパが好き!
世界で一番パパが好き! Jersey Girl (2004/アメリカ)
jerseygirl.jpg
少子化推進。

監督
ケヴィン・スミス Kevin Smith
出演
ベン・アフレック Ben Affleck (Ollie Trinke)
リヴ・タイラー Liv Tyler (Maya)
ラクエル・カストロ Raquel Castro (Gertie Trinke)
ジョージ・カーリン George Carlin (Bart Trinke)
ジェニファー・ロペス Jennifer Lopez  (Gertrude Steiney)
ジェイソン・ビッグス Jason Biggs (Arthur Brickman)
and more


【ストーリー】
やり手の音楽宣伝マンのオリー(ベン・アフレック)は、愛する妻ガートルード(ジェニファー・ロペス)をその娘の出産時に失ってしまいます。
そのショックと男手ひとりの子育てストレスから、仕事で大きなミスをし、職をなくして父の住む故郷のニュージャージーへ戻ります。
そこで街の清掃や水道工事をしながら、愛娘を育てるオリー。
元の仕事に戻りたいと切望するオリーに、離職から7年、再び宣伝の仕事に戻れるチャンスが。しかし・・・


えーと、つまり、要約すると、
『子育てと仕事の両立は、限りなく不可能に近い』
ことを提唱した作品と言えます。

子育てや家族愛って素晴らしい!と思うより、
やっぱり仕事したいなら、子どもは邪魔なんだな、と思いました。少子化を促進させる作品だといえよう。(言いすぎ)

だいたい、妻を失って子育てと仕事を両立させなきゃいけない男が、何故ベビーシッターを雇わないんだ。
この映画では、いきなり実の父親のところに預けに行きます。
田舎ならまだしも、ニューヨークにいて、なぜベビーシッターを思いつかないのか。ていうか、病院で話聞くだろ、普通。

んで、そのストレスから、仕事で大きなミスをするオリー。
なんと、公衆の面前で、自分のクライアントと記者たちをなじってしまうのです。
どんなストレスを抱えてたって、それは大人の男としてどうか。
ちょっとあり得ないミスだ。ミスというか、もう性格だと思った。状況が変わっても、また似たようなことしそう。

その後はすっかり子育てに専念しているようですが、
そのうち、街中のビデオショップで、ちょっと変わった女性マヤ(リヴ・タイラー)に出会います。ちょっと変わった、というか、病気だと思った。
妻が死んでからセックスしてないというオリーに、いきなりセックスしようと誘うマヤ。


工エエェェ(´д`)ェェエエ工工


リヴじゃなかったら、絶対断ると思います。
そして、案の定断らないオリー。んもう!
(でもこの時の二人、めっちゃ可愛い)

この時は、娘に邪魔されて想いを遂げられなかった二人ですが、その後ちょっとずついい関係に。
しかし、N.Y.に戻りたい、と言ったオリーに、

「街を出ていく人には興味ない」

と言い切るマヤ。
排他的~・・・


結局、オリーはやりたかった仕事を諦め、我がままな娘と、可愛いけどちょっとアレな彼女と、ひとり寂しい父親の元で骨をうずめる決心をします。






いいのか、それで。




あと、あんなに格好良いパパにあんなに愛されたら、最高に生意気で性格の悪い娘に育つと思いました。
つか、ラクエル・カストロが好きじゃないのかも。あんまり可愛くなかったです。


★★☆☆☆
リヴマットが可愛いかったので、★ひとつずつ)



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
グッド・ウィル・ハンティング -旅立ち-
グッド・ウィル・ハンティング -旅立ち- Good Will Hunting (1997/アメリカ)
willhunting.jpg
マット(*´д`*)ハァハァ

監督
ガス・ヴァン・サント Gus Van Sant
脚本
マット・デイモン Matt Damon
ベン・アフレック Ben Affleck
出演
ロビン・ウィリアムス Robin Williams (Sean Maguire)
マット・デイモン Matt Damon (Will Hunting)
ベン・アフレック Ben Affleck (Chuckie Sullivan)
ミニー・ドライヴァー Minnie Driver (Skylar)
ステラン・スカルスゲールド Stellan Skarsgård (Gerald Lambeau)
ケイシー・アフレック Casey Affleck (Morgan O'Mally)
and more


今さら観た・・・・(遅

というのも、かなり美系好みだったわたしなので、マットロビン・ウィリアムスなんて、“観る価値なし”と偏見を持っていたのです。ベンも好みじゃなかったし。
しかもこんなお涙ちょうだい系の話なんて大嫌いでしたから、むしろ避ける勢いで、アカデミー賞とかそんなことに騙されない!!と頑なだったんですね。

もうね、その頃の自分を叱りたい。


いやでも、今見て良かったのかもしれない(どっちだYO

今や、過去の自分もびっくりの、身も心もマットファンになり切ったわたし。
若くて可愛い(?)マットが出ずっぱりなんて、終始(*´д`*)ハァハァできて本当に幸せです!
マットファンじゃない過去に観てたら、こんなに萌えることはなかったでしょうから、今みて良かったかなと思います。(注:萌える映画じゃないよ、とかいうつっこみはいらないです。

つっぱって強がる外見に内面の脆さを感じられる演技、というのは、難しいんだろうと思います。それができちゃうマットってやっぱり素敵。
マットの演技が素晴らしいのか、ただ単にマットに萌えてるだけなのか、マット演じるウィルを見ているとドキドキしました。不安定で、いつ崩れるのか、と。

なので、ウィルがショーンに心を開いた瞬間のシーンは、安心感とウィルの内面の変化に感動したのと、マットそのものが愛しすぎて泣けました。しかも2回。

人に捨てられるのが怖くて、先に人を捨ててしまう孤独で可哀相なウィルを、その心を動かすくらい愛したスカイラー(ミニー・ドライヴァー)は、パワフルでポジティヴで繊細で聡明で、とっても素敵な役柄でした。
でも、愛のために仕事けっちゃうのはどうかな、マット。まぁ、ああなる以外にないラストだとは思いますが。ま、いっか。才能がなくなるわけじゃないし。どこかで発揮してくれればいいです。


被虐待児の心の傷を、実に繊細でリアルに描けているなぁと思いました。たしかに、いい脚本だ。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
Ray/レイ
レイ Ray (2004/アメリカ)
ray.jpg
主演モノマネ賞。

監督
テイラー・ハックフォード Taylor Hackford
出演
ジェイミー・フォックス Jamie Foxx (Ray Charles)
ケリー・ワシントン Kerry Washington (Della Bea Robinson)
レジーナ・キング Regina King (Margie Hendricks)
アーンジャニュー・エリス Aunjanue Ellis (Mary Ann Fisher)
シャロン・ウォレン Sharon Warren (Aretha Robinson)
カーティス・アームストロング Curtis Armstrong (Ahmet Ertegun)
and more


ジェイミー・フォックスに、改めて、アカデミー賞主演モノマネ賞をあげたい気持ちでいっぱいです。
ものすごい真似っぷり。あまり詳しくレイ・チャールズのことは知りませんが、あまり知らないわたしでもレイ・チャールズだな、と分かるくらい、分かりやすい真似っぷりでした。圧巻じゃ。

ひとつだけ残念なのが、レイがヘロインを絶とうとして、回想シーンで過去の母親に会うシーン。
“見えていたころ”の記憶なので、大人のレイはその回想の中で目を開けるのですが、そのアップになったとたん、ものすごい勢いでジェイミー・フォックスに戻ってしまいます。ああやっぱりモノマネなんじゃん、とがっかりするシーンでした。どうみたってジェイミー・フォックスでしかないそのカット。がっかりです。せっかくレイだったのに・・・

あれは、後ろから撮るとかして、観客には「見えてるんだな」ということを分からせつつ、でも目を開くカットは観客には直接見せない方が効果的だったのでは。


なぁんて、偉そうなこと言ってみたり(´∀` )


んでも、長い割には退屈せず、途中ちょっと中だるみ感もありましたが、最後まで飽きずに楽しむことができました。
レイ本人の人生が波乱万丈で、惹きつけられるからでしょうか。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
オペラ座の怪人
オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (2004/アメリカ・イギリス)
opera.jpg
歌が・・・・・・。

監督
ジョエル・シュマッカー Joel Schumacher
製作・作曲
アンドリュー・ロイド=ウェバー Andrew Lloyd Webber
出演
ジェラルド・バトラー Gerard Butler (The Phantom)
エミー・ロッサム Emmy Rossum (Christine)
パトリック・ウィルソン Patrick Wilson (Raoul)
ミランダ・リチャードソン Miranda Richardson (Madame Giry)
ミニー・ドライヴァー Minnie Driver (Carlotta)
ジェニファー・エリソン Jennifer Ellison (Meg Giry)
and more


昔、ガストン・ルルーの『オペラ座の怪人』に出会って虜になり、何度も本を読んで、あの名曲『The Phantom of the Opera』をピアノで弾いたものです。

なので、期待しつつ、幻想が崩れるかもしれない不安を持ちつつで、なかなか観に行けなかった一本。


シャンデリアに火が灯り『The Phantom of the Opera』の、あの奇跡的な旋律と共にはじまる物語。鳥肌が立ちました。ナイス音響ъ(´д`)グッ

というかこの映画、えらく感動したのですが、それは多分、音楽のおかげだと思います。元々の楽曲がいいから、それをいい音響で聴けば感動する、という実に単純なことではないかしら。
ただ、編曲が微妙なところもあって、「純粋に元の楽譜で聴きたい」と思いました(´∀` )

出演者が歌う、ミュージカル調の映画ですが、最近、自分で歌うのはやってるの?無理しないで、歌はプロにまかせたほうがいいんじゃないかな
せっかくの素敵な楽曲が、歌のおかげで可哀相なことに。
唯一のプロシンガーでもあるミニー・ドライヴァーだけが、歌をオペラ歌手で吹きかえたそうです。
で、シンガーじゃないメンバーは歌ってる、と。

音楽の他には、衣装を含めた小道具が素晴らしかったです。
とくに、仮面舞踏会のシーンは圧巻でした。


主役は、アントニオ・バンデラスじゃなくて良かったと思います。濃すぎてイメージに合わないYO!
ご本人は、歌いたかったうっぷんをアカデミー賞会場で晴らしていたようですが、あれで満足したんでしょうか。(つかあれ観て、バンデラスじゃなくてよかったと思ったYO



あと、ストーリー自体は原作とはけっこう違う気が・・・
最近原作読んでないのではっきりとはわかりませんが、劇団四季オペラ座の怪人を観にいく前までに、おさらいしておこうっと。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~
ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~ Beyond the Sea (2004/アメリカ・ドイツ・イギリス)
beyond.jpg
ケヴィン・オン・ステージ。

監督
ケヴィン・スペイシー Kevin Spacey
出演
ケヴィン・スペイシー Kevin Spacey (Bobby Darin)
ケイト・ボスワース Kate Bosworth (Sandra Dee)
ジョン・グッドマン John Goodman (Steve Blauner)
ボブ・ホスキンス Bob Hoskins (Charlie Cassotto Maffia)
ブレンダ・ブレッシン Brenda Blethyn (Polly Cassotto)
and more


構想10年以上、ヴォイトレ4年の作だそうです。ケヴィン・スペイシー、歌うまい!
彼が“歌をうたう”というイメージがなく、最初は違和感を覚えましたが・・・

んでも、他の映画でも歌ってるみたいですね。
チャリティー・コンサートで歌ったこともあるらしい。歌のうまいのは有名なことだったのか。知らなかったぜ!


映画は、伝説のエンターテイナー『ボビー・ダーリン』の一生を描いたもの。
ケヴィンがボビー本人をうまく演じたのかどうかは、ボビーをくわしく知らないわたしにはよく分からないですが、けっこう評判は良いみたいです。
本作のチラシによると、元マネージャーが感動して涙を流したとか。「ボビーそのものだ!」というコメントがありました。
確かに顔は似てる。

ミュージカル調を交えてストーリーが進んでいくのですが、
演技なのかアレなのか、ダンスの下手なケヴィン。
ボビーを知らないわたしにはその真相は分かりませんが、他のダンサーに混ざって歌い踊るケヴィンは、明らかに他とは違う不穏な動きを見せます。
足は上がらず、指先にキレがなく、ターンは微妙に遅れ、決めポーズにはちょっとぐらつく見せっぷり。
しかしその効果あって、どこにいてもすぐ居場所がわかるケヴィン。やっぱりわざと演技してるのかも・・・!(期待しすぎ)

あと、役柄とはいえ、あまりにも爽やかにハゲをネタにするケヴィン。
カツラネタを地でやっている感じに、爽快感を覚えました。cool!
いつもより余計に髪が少なかった気がしたのですが、役づくりなのか地なのかも気になるところです。
余談ですが、『Road to Perdition』に出演したときのジュード・ロウは、役作りのために髪の毛を抜いたらしいです。ごいす。


ボビー・ダーリンを知ってると、もっと楽しめるのかな。
でも、知らないわたしでも十分楽しめました。一味違うケヴィンを堪能できますよ。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
サイドウェイ
サイドウェイ SIDEWAYS (2004/アメリカ・ハンガリー)
sideways.jpg
旅とワインと、男と女。

監督
アレクサンダー・ペイン Alexander Payne
出演
ポール・ジアマッティ Paul Giamatti (Miles Raymond)
トーマス・ヘイデン・チャーチ Thomas Haden Church (Jack)
ヴァージニア・マドセン Virginia Madsen (Maya)
サンドラ・オー Sandra Oh (Stephanie)
and more


離婚から立ち直れないダメ男で、小説家志望のマイルス(ポール・ジアマッティ)と、一週間後に結婚を控えた、元人気俳優でプレイボーイのジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)が繰り広げる、男二人ワイナリーめぐりの旅。
運転しながらワインを飲みまくり、車を下りても飲みまくり、食事しながら飲みまくり、ベッドの中でも飲みまくる。
旅の中ではさまざまな出来事が起こりますが、それらを通して、マイルスは自分を見つめ直していくことになります。



・・・こんな平凡なストーリーですが、退屈しない130分でした。


マイルス役のポール・ジアマッティですが、ブサイクなのに愛嬌があって、何かのキャラクターか小動物のような、そんな印象で目が離せませんでした。
実は『ペイ・チェック』で、主演のベン様の相棒役を務めたときから気になっていました。一度見たら忘れられない顔です。

んで。
そんなマイルスは、ネガティヴ思考のダメ男で、
前妻を引きずり立ち直れず、小説家になりたいけど出版にはこぎつけなくて万年教師、気になる女性に積極的にアプローチする勇気もなくて、友人のジャックが独身最後の花を咲かせているというのに、ホテルの部屋でポルノ雑誌を読みながらうたた寝してるようなダメっぷり。しかもお腹は出てるしカッパ禿げ。


でもなんか、応援したくなっちゃうんだよな~(*´д`*)


それも、
「がんばって!」と肩をたたくような応援じゃなくて、
「おーい、しっかりしろよ~」って言いつつ見守りたくなるような。

愛すべきダメっぷり。可愛いです。

ジャックの、素直なおバカさんっぷりも笑えます。


ドタバタがけっこうあるのですが、笑いにキレがあるし、カットもうまくてとっても楽しめました。
R-15作品ですが、映像や飲酒運転云々ではなく、作品そのものが大人向け。
子どもは面白くないかも。


わたしはワインに詳しくないので分からなかったのですが、
色んなワインが紹介されて、その味や香り、楽しみ方やブドウの育て方まで、薀蓄が満載。
ワイン通が観たらどう思うのかは分からないですけど、わたしは興味深かったです。ワインにはまってみるのもいいかも、と思ってしまいました。


あと、コンセ内でワイン販売キャンペーンをしていて、
グラスで一杯頂きながらまったり鑑賞できたのが良かった。
面白いサービスでいいね。
意外と、キャラメルポップコーンとロゼは合うことが判明。

おうちでゆっくり、ソファにくつろいでワインを飲みながら観るのをおすすめしたいです。
もちろん、映画館もよかったですけど。




いい男が出ていないことと映画が楽しめないということは、イコールではないと確認できた一本です。

あと、女も顔じゃないんだな、って思いました。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
オーシャンズ12
オーシャンズ12 Ocean's Twelve (2004/アメリカ)
o12.jpg
懲りない人たち。

監督
スティーブン・ソダーバーグ Steven Soderbergh
出演
ジョージ・クルーニー George Clooney (Danny Ocean)
ブラッド・ピット Brad Pitt (Rusty Ryan)
マット・デイモン Matt Damon (Linus Caldwell)
キャサリン・ゼタ・ジョーンズ Catherine Zeta-Jones (Isabel Lahiri)
ジュリア・ロバーツ Julia Roberts (Tess Ocean)
アンディ・ガルシア Andy Garcia (Terry Benedict)
ドン・チードル Don Cheadle (Basher Tarr)
バーニー・マック Bernie Mac (Frank Catton)
ヴァンサン・カッセル Vincent Cassel (François Toulour)
and more,more...






出演者が多すぎませんか_| ̄|○



主要メンバーを打つだけで疲労感。チームメンバー全員の名前なんて書けません!



つまらない、つまらない、と聞いていましたが、本当につまらなかった驚きの一本。あれだけの有名どころを集めて、なぜこんなことに。
11はけっこう面白かったのになぁ。


オーシャン(ジョージ・クルーニー)はだらけた雰囲気だし、ラスティ(ブラピ)は冴えないし、キャサリン・ゼタ・姐さんの魅力も出しきれていない。
せっかくゼタ様ご出演なのに。
ていうか、みんなそんな感じ。

今回のテーマは“家族”だったらしいですけど、テーマに沿えたメンバーはごく一握りでしたし。
全体的に中途半端な感じなんだよなぁ。

作戦の裏の作戦の、そのまた裏の・・・という展開は前回同様あったけれど、11ほど楽しめなかった。分かりやすすぎて。



唯一楽しめたのは、最近お気に入りのマット・デイモン(はぁと
成長を認めてもらおうと、必死で背伸びしてる感じが超キュート!でもやっぱりうまくいかなくて、落ち込む姿に(*´д`*)ハァハァ

んで、結局最後はママンに助けられちゃってるあたりなんかもう、萌え死ぬかと思いました。


★☆☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
ステップフォード・ワイフ
ステップフォード・ワイフ The Stepford Wives (2004/アメリカ)
48m.jpg
夫婦円満の秘訣?

監督
フランク・オズ Frank Oz
出演
ニコール・キッドマン Nicole Kidman (Joanna Eberhart)
マシュー・ブロデリック Matthew Broderick (Walter Kresby)
ベット・ミドラー Bette Midler (Bobbie Markowitz)
グレン・クローズ Glenn Close (Claire Wellington)
クリストファー・ウォーケン Christopher Walken (Mike Wellington)
and more


敏腕TVプロデューサーのジョアンナ・エバハート(ニコール・キッドマン)は、ある自身の番組が原因でクビになってしまいます。
失意の中、彼女は新しい生活をはじめようと、家族と共にコネチカット州の『ステップフォード』という街へ移り住みます。
そこは優雅で美しく、ハイテクで豪華な住宅街。そこに住む人々は紳士淑女ばかりで、まさに理想郷!

しかし、そんな“完璧”な街には、ある秘密があったのです・・・











あー・・・・・・・・・





つまんなかった_| ̄|○




こんなに長い93分は久しぶりだと思いました。


理想の妻とは?
理想の夫とは?
理想の夫婦、家族とは??

男らしさとは?女らしさとは?人間らしさとは??

男と女、仕事と家庭に関わる課題や差別問題を皮肉った面白いストーリーではありましたが、ラストがいまいち。
そういう終わらせ方でいいのか。平等じゃないじゃん。


この映画の楽しみどころは、素晴らしい街並みと豪邸、奥様方の華やかで可愛らしい衣装の数々、
そして何より、ニコールの美しさを堪能できるところだと思います。

というかわたしは、華やかに着飾った可愛いニコールをみるためだけに行きました、すみません。
“ニコールの着せ替えイメージビデオ”という感じでしょうか。

TV局のシーンでは、黒のトップに黒のタイトスカート、ハイヒールというお姿。ステップフォードでの、やわらかい色合いのシフォンスカートやシャツ+ニット姿もいちいち可愛い。
ステップフォードに順応しようと、妻たちと一緒に一生懸命ベルを振りながらクリスマス・ソングを歌うニコール。
ああああぁぁあぁあああ!なんて可愛いの・・・・!!

というか、細い~~(;´Д`)
足が、ウエストが、全てが細い。
そりゃ、世界のトップデザイナーたちが、こぞって服を着せたがるわけです。美しいもの。
(彼女のスレンダーボディを保つ秘訣は、『夕飯はゆで卵一個』だそうです。「毎晩飢えと戦っているわ」(うろ覚え)というセリフが忘れられない・・・(どっかの雑誌のインタビューにて)


そして、“ステップフォード方式”で“完璧”な妻になったニコールは、
ブロンドの縦ロールに花柄ワンピース!⊂⌒~⊃*。Д。)-з



ラストのドレス姿は(*´д`*)ハァハァもの。ニコールファンは必見です!


★★☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
ナショナル・トレジャー
ナショナル・トレジャー National Treasure (2004/アメリカ)
nationalminiposter1s.jpg
意地でも探す。

監督
ジョン・タートルトーブ Jon Turteltaub
出演
ニコラス・ケイジ Nicolas Cage (Ben Gates)
ダイアン・クルーガー Diane Kruger (Abigail Chase)
ジャスティン・バーサ Justin Bartha (Riley Poole)
ショーン・ビーン Sean Bean (Ian Howe)
ジョン・ボイト Jon Voight (Patrick Gates)
ハーヴェイ・カイテル Harvey Keitel (Sadusky)
and more


ジェリー・ブラッカイマー×ニコラス・ケイジっていうから、ちょっと期待していましたが、裏切られました。つまらん!と憤慨するほどではなく、ま、それなりに楽しめるんだけど・・・なんかいまいち。

先祖代々語り継がれる宝を探す話なんだが、最近ダヴィンチ・コードでそんなような話を読んだ気が。デジャヴ?


上映時間内にお宝を見つけなきゃいけないので猛烈な勢いで謎を解くゲイツ。頭良いとかそういうレベルを超越してると思いました。人智を越えている・・・!
そしてあまりにもあっさり手がかりを見つけていく(ように見える)ゲイツ。

あまりにスムーズなので、手がかりのありがたさも発見の感動もないままにストーリーが進んでいきます。
しかし、ゆっくり考えていたり、謎解きにつまづいたり、失敗していると上映時間が終わってしまうので、それは許されません。

若干の邪魔に入られつつも、予定通り上映時間内に宝をみつけ、ダイアン・クルーガーまでものにしちゃう王道っぷり。cool!




唯一ハラハラしたのは、風に煽られてニックの髪が乱れたシーンでした。


★☆☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。