壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~
ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~ Beyond the Sea (2004/アメリカ・ドイツ・イギリス)
beyond.jpg
ケヴィン・オン・ステージ。

監督
ケヴィン・スペイシー Kevin Spacey
出演
ケヴィン・スペイシー Kevin Spacey (Bobby Darin)
ケイト・ボスワース Kate Bosworth (Sandra Dee)
ジョン・グッドマン John Goodman (Steve Blauner)
ボブ・ホスキンス Bob Hoskins (Charlie Cassotto Maffia)
ブレンダ・ブレッシン Brenda Blethyn (Polly Cassotto)
and more


構想10年以上、ヴォイトレ4年の作だそうです。ケヴィン・スペイシー、歌うまい!
彼が“歌をうたう”というイメージがなく、最初は違和感を覚えましたが・・・

んでも、他の映画でも歌ってるみたいですね。
チャリティー・コンサートで歌ったこともあるらしい。歌のうまいのは有名なことだったのか。知らなかったぜ!


映画は、伝説のエンターテイナー『ボビー・ダーリン』の一生を描いたもの。
ケヴィンがボビー本人をうまく演じたのかどうかは、ボビーをくわしく知らないわたしにはよく分からないですが、けっこう評判は良いみたいです。
本作のチラシによると、元マネージャーが感動して涙を流したとか。「ボビーそのものだ!」というコメントがありました。
確かに顔は似てる。

ミュージカル調を交えてストーリーが進んでいくのですが、
演技なのかアレなのか、ダンスの下手なケヴィン。
ボビーを知らないわたしにはその真相は分かりませんが、他のダンサーに混ざって歌い踊るケヴィンは、明らかに他とは違う不穏な動きを見せます。
足は上がらず、指先にキレがなく、ターンは微妙に遅れ、決めポーズにはちょっとぐらつく見せっぷり。
しかしその効果あって、どこにいてもすぐ居場所がわかるケヴィン。やっぱりわざと演技してるのかも・・・!(期待しすぎ)

あと、役柄とはいえ、あまりにも爽やかにハゲをネタにするケヴィン。
カツラネタを地でやっている感じに、爽快感を覚えました。cool!
いつもより余計に髪が少なかった気がしたのですが、役づくりなのか地なのかも気になるところです。
余談ですが、『Road to Perdition』に出演したときのジュード・ロウは、役作りのために髪の毛を抜いたらしいです。ごいす。


ボビー・ダーリンを知ってると、もっと楽しめるのかな。
でも、知らないわたしでも十分楽しめました。一味違うケヴィンを堪能できますよ。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。