壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ Hide and Seek (2005/アメリカ)
hideandseek.jpg
演技派 vs 演技派

監督
ジョン・ポルソン John Polson 
出演
ロバート・デ・ニーロ Robert De Niro (David Callaway)
ダコタ・ファニング Dakota Fanning (Emily Callaway)
ファムケ・ヤンセン Famke Janssen (Katherine)
エリザベス・シュー Elisabeth Shue (Elizabeth)
エイミー・アーヴィング Amy Irving (Alison Callaway)
ディラン・ベイカー Dylan Baker (Sheriff Hafferty)
and more


観る前からラストが想像できる単純なお話ですが、結末を知っていてもめちゃくちゃ怖かった(´Д`lll)


“心に傷をおった人は、もうひとつの人格を持つ”

これがストーリーのキーワードで、妻を亡くしたデヴィッド(ロバート・デ・ニーロ)と母を亡くしたエミリー(ダコタ・ファニング)の、心の傷が恐怖のループをつくりあげていきます。
精神状態の不均衡が人に与える影響の恐ろしさに、脳みその奥がしびれるような感覚を覚えました。


以下めちゃくちゃネタバレ


最愛の母の、リストカット自殺を目の当たりにしてしまうエミリー。そのショックから彼女は心を閉ざし、彼女のため、父親のデヴィッドはN.Y.の郊外へ引っ越すことに。
新居での生活を送るうち、エミリーは想像の中で“チャーリー”という友達をつくり、彼とかくれんぼをして遊ぶのだが・・・


実はこのチャーリー、父親のデヴィッドの別人格。
チャーリーがいつ出現したのかは不明だが、恐らく妻の浮気を発見したときかな?
妻はチャーリーが殺害したようなので。

(しかし、アメリカでは別バージョン&別エンディングがあるらしく、そちらでは、エミリーが空想の友達を求め、それに応じてチャーリーを作り上げてしまった、というお話もあるそうなので、妻殺害が先なのか後なのかは不明。)
でもここは日本版で話をしましょう。


エミリーがチャーリーについて、
「言えない、秘密なの」
と繰り返すため、デヴィッドが想像の友達だと思っているチャーリーはずっと不明のまま。
しかし、想像の友達のわりには、落書きをしたり猫を殺したり人を殺すので、「本当は誰なのか」と観客を疑わせ怖がらせます。そのために、デヴィッド&エミリーのまわりにいる男性は、皆ちょっと怪しい行動をとる。全員が「もしかして!?」と思って疑ってしまいたくなるような演出。
チャーリーが誰なのか知っていても、思わず疑いそうになるくらいうまい演出でした。

エスカレートするチャーリーのいたずらに、頭を抱えるデヴィッド。
徐々にいたずらは過激になり、そしてエミリーはそんなチャーリーに怯えます。


つかもうね、ダコタ最高。

ここまで怖がれたのは、間違いなくダコタとデ・ニーロの演技力のおかげと言っていいと思います。すごすぎる。
ダコタの悲しむ顔、怯える顔、少しずつやつれていく表情のどれも素晴らしいというか、もうマジすげぇ、って感じ。
実際撮影中、彼女は役に入り込みすぎて不眠症になったとか。
どんな11歳だよ・・・

そして、デ・ニーロ怖すぎる((;゚Д゚)ガクガクブルブル
背筋がぞっとする、とは彼の演技のことではないでしょーか?
チャーリーがデヴィッドを乗っ取るシーンなど、全身に鳥肌が立ちました。

ラストは、彼の教え子でエミリーの主治医のキャサリン(ファムケ・ヤンセン)がチャーリーを殺し、エミリーを守ります。
真っ暗闇の中で、水に落ちた拳銃をどうやって拾ったのか、水に濡れたはずの火薬はいつ乾いたのか、など、突っ込みどころは満載でしたが、恐怖に怯えつつも父親を目の前で殺される悲しみを、完璧に演じたダコタに感動。


その後、エミリーはキャサリンに引き取られ、笑顔と平穏を取り戻して生活をします。
しかし、エミリーの描いた絵に、彼女の第二の人格を示唆する描写が・・・!(((( ;゚д゚)))アワワワワ

“心に傷をおった人は、もうひとつの人格を持つ”

これは繰り返される、ということでしょうか。
エンドロール寸前まで、鳥肌には事欠かない映画でした。


ちなみに、別エンディングとは・・・

父親が目の前で死んだ後、精神病院の206号室に入れられたエミリーが、誰もいない部屋で誰かにむかって喋り続ける、というものらしいです Σ(´Д`lll)コワスギル・・・
(206・・・デヴィッドが妻の死に気付いた時間。そしてチャーリーのいたずらに気付く時間も、いつも2:06だった。)
(つまり、そのエミリーの行動が、デヴィッドにチャーリーを生み出させた、という〆らしい_| ̄|○)



演技派(デ・ニーロ)と演技派(ダコタ)の勝負ですが、僅差でデ・ニーロの勝利です。おめでとう。


★★★★☆




人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
CSI:4 『第4話 灼かれて眠れ』
CSI:4 科学捜査班 CSI:4
csi.jpg

製作
ジェリー・ブラッカイマー Jerry Bruckheimer
and more
出演
ウィリアム・ピーターセン William L. Petersen (Gil Grissom)/野島昭生
マージ・ヘルゲンバーガー Marg Helgenberger (Catherine Willows)/高島雅羅
ゲイリー・ドゥーダン Gary Dourdan (Warrick Brown)/山野井仁
ジョージ・イーズ George Eads (Nick Stokes)/家中宏
ジョージャ・フォックス Jorja Fox (Sara Sidle)/浅野まゆみ
エリック・ズマンダ Eric Szmanda (Greg Sanders)/村治学
ロバート・デヴィット・ホール Robert David Hall (Dr. Al Robbins)/西村知道
ポール・ギルフォイル Paul Guilfoyle (Capt. Jim Brass)/麦人
and more


『第4話 灼かれて眠れ : Feeling The Heat』

【ストーリー】
熱射病の続出する猛暑のラスベガスで、3つの事件が起こる。
一つ目は、ショッピングセンターの駐車場で、車内に取り残された赤ん坊が遺体で発見される。車内の温度は62度になっていた。仕事に夢中になり、息子のことを忘れていた、と父親は言うが、解剖の結果、体内から農薬の成分が検出される。これは事故なのか事件なのか・・・?
二つ目は、湖畔で女性が遺体で発見される。発見場所は水の中だったが、彼女の死因は頚椎骨折と頭部打撲。最後に目撃されたとき、彼女は男と一緒だった。そしてその男は行方不明。
三つ目は、一人暮らしの男性が、自室のマッサージ・チェアで死亡していた。男の死因は、感電による不整脈。しかし最近雷が落ちた形跡はなく、何故男は自室で感電したのか、謎は深まる。


猛暑のラスベガスはすごかったι(´Д`υ)アツィー
出演者たちの肌がジリジリ焼ける音が聞こえてきそうでした。

そんな炎天下の車内に放置される乳児。
車内温度62度って_| ̄|○
車内放置で子どもを死なす事件って、どの国でもあることなんですね・・・痛ましいです。
しかしこの事件は、父親のうっかり事故で片付けられようとしましたが、実は殺意あっての故意の事件。
病気で亡くした上の息子と同じような症状が出た 子どもを見て、
「子どもを亡くす恐怖」から逃れるため、両親は計画して子どもを殺します。

すっごい自己中・・・
子どもに苦しい思いをさせたくない、とか言って、結局自分が苦しみたくないだけじゃん。なんてひどい親なんだろーか。
しかも結局、病気だと思ったのは勘違いで、この両親は健康な息子を、自分たちの勘違いで殺したのでした。


二番目の事件では、湖畔で知り合った即席カップルが、飛び込みの事故で死んだ事件です。
最初に見つかった女性と行動をともにしていた男性が犯人として疑われますが、その彼も死体で見つかります。
先に飛び込んだ女性を助けようとして、道連れになったのか・・・?
真相は謎ですが、息子の無実を信じ、死を悲しむ男性の親に対して、ニックが自己判断でそう説明してしまいます。
「おたくの息子さんは、助けようとして亡くなったんですよ」と。
証拠もないのに勝手な判断、とサラに怒られますが、わたしはニックの行動は正しかったんじゃないの?と思いました。
真相が謎なら、周囲が納得いく解決論を持ち出すことも必要だと思う。
CSI的には、突っ込んだことを言わないほうがいいんだろうけど、サラたん、そんな目くじらたてなくても・・・と思いますた。


んで、3つ目は、水に濡れた床を通して、ショートしたコンセントの入り口から手に持った受話器へ電流が走ったことによる感電が原因でした。
微弱な電流が左半身を通ったことで、不整脈を起こしたのですね。
この男性は、扇風機の前にアイスロックを置いて、即席冷却装置を作っていたのですね。その氷が溶けて、そしてこのような結果に。
どれくらいの確率でこんなことが起こるのか疑問に思いましたが、うっかり死って感じでちょっと情けなさを残して終了。


なんか、どれも印象に残らない事件ですた。



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。