壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ドッグヴィル
ドッグヴィル Dogville (2003/デンマーク)
dogville.jpg
難解・・・

監督
ラース・フォン・トリアー Lars von Trier
出演
ニコール・キッドマン Nicole Kidman (Grace Margaret Mulligan)
ポール・ベタニー Paul Bettany (Tom Edison)
クロエ・セヴィニー Chloë Sevigny (Liz Henson)
ローレン・バコール Lauren Bacall (Ma Ginger)
パトリシア・クラークソン Patricia Clarkson (Vera)
ベン・ギャザラ Ben Gazzara (Jack McKay)
ジェームズ・カーン James Caan (The Big Man)
ステラン・スカールスゲールド Stellan Skarsgård (Chuck)
and more


難解。
そして、重く息苦しくて、陰の濃い作品。

それもこれも、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のラース・フォン・トリアー監督作品だから、という解釈でいいのかちら?
この2作だけ観ると、衝撃的な作品をつくる監督、として認識してしまいそうなのですが、他の作品がどんな内容なのか激しく気になりました。

でも観るの辛そう_| ̄|○


【ストーリー】
舞台はロッキー山脈に近い、山々に囲まれた孤立する町ドッグヴィル。ある日この村に、グレース(ニコール・キッドマン)という名の美しい逃亡者が紛れ込む。村の青年でライターのトム(ポール・ベタニー)は追ってきたギャングからグレースを守り、そして彼女を町で匿うことを提案した。
15人の大人と7人の子ども、一匹の犬しかいない小さな町で、匿われるための“2週間で町の人々に好かれること”という条件を満たすため、グレースは町の人々に肉体労働を提供するのだが・・・


「9章のエピソードとプロローグから成る物語」で語られるドッグヴィルは、床に家や道、畑などを表す白線を引き、必要最低限の小道具のみで形造られた小さな町。

俳優はもちろん、壁やドアがあるかのようにパントマイムを取り入れながら演技をします。空間を区切る壁が見えるような気になるのが不思議でした。
しかし、実際には壁はないので、グレースの監視は容易だし、数少ない町の人々が何をしているか、手に取るようにわかる。直接見えてはいないけれど、お互いのしていることが分かり、それを知らないふりができる。
閉鎖された空間での、人間のあざとさと卑劣さと冷徹さを表現しているようで、ぞっとしました。

“匿われること”の対価として、グレースは町の人々の言うなりに“肉体労働”を提供します。
町の人々は、“匿う”報酬として“グレースを自由に使う”ことを要求する。
それは徐々に過激になり、“報酬として”行為を正当化する町の人々は、グレースをレイプし、監禁して、酷使します。


人は弱いな、と思いました。
判断基準がなければ、自分の選択の正誤が分からない。分からないなら、“強いもの”に従うしかない。
この場合、“町の均衡を保つこと”が彼らにとって“強いもの”であり、均衡が実際に取れているかどうかは問題でなく、彼らにとって心地よければそれがベストな状態、というわけ。

普通ならグレースが反発したり、逃げ出せば解決するのですが、彼女は“憐れみ許すこと”で町の人々が改心することを望み、そのためなら自らの体を汚されてもなお引かない立場にいて、
途中、それを断念しそうになって逃げ出したものの失敗し、余計に町の人々を逆なでしたために、解決とは正反対の道を進みます。


わたしが「難解」だったのはこの部分で、
何故グレースは、ドッグヴィルという町を選んで、彼らを試し許そうとしたのか。
“傲慢である”父への反発心から?
自分の“傲慢さ”を戒めるため?

しかし結局、グレースは町を焼き、ドッグヴィルの住民を全て銃殺します。
グレースはドッグヴィルの人々を許しきれず、つまり自らの“傲慢さ”は、そこでの試みでは戒められなかった。

異物を排除し、狭い基準で判断し、独自のルールを押し付ける傲慢さと、それを許し、受け入れることで彼らに過ちを気付かせられると思う傲慢さと、その傲慢さを許す傲慢さ。
それらを象徴的に表すのが、グレースという存在なのでしょうか。
人は誰しも傲慢である、ということを突きつけ、戒めることがグレースの存在の意味なのでしょうか。

考えすぎですかそうですか。



ちなみにこれ、ニコール目当てで観たのですが、やっぱり彼女は美しい(*´д`*)
レイプされるシーンは吐き気がしましたが、露わになった彼女の恐ろしいほど白く細い太ももに、ものすごいエロスを感じたことも事実です(ノ´∀`*)

“弱い”という立場がよりそうさせているのかもしれませんが、とにかく、胸がざわざわするくらいエロティックでした。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。