壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
女はみんな生きている
女はみんな生きている Chaos (2002/フランス)
chaos.jpg
痛快!

監督
コリーヌ・セロー Coline Serreau
出演
カトリーヌ・フロ Catherine Frot (Hélène)
ラシダ・ブラクニ Rachida Brakni (Noémie/Malika)
ヴァンサン・ランドン Vincent Lindon (Paul)
オレリアン・ウィイク Aurélien Wiik (Fabrice)
リーヌ・ルノー Line Renaud (Mamie)
クロエ・ランベール Chloé Lambert (Florence)
マリー・ドナルノ Marie Denarnaud (Charlotte)
イヴァン・フラネク Ivan Franek (Touki)
and more


【ストーリー】
無関心で身勝手なダメ亭主ポール(ヴァンサン・ランドン)と、おバカな一人息子ファブリス(オレリアン・ウィイク)に悩まされる、平凡で多忙な兼業主婦のエレーヌ(カトリーヌ・フロ)。
遅くに出来た、育てそこないのダメ息子ポールに冷たくあしらわれる年老いたマミー(リーヌ・ルノー)。
壮絶な過去を持つ謎の娼婦ノエミ(ラシダ・ブラクニ)。ノエミが守ろうとする、過酷な家庭環境に置かれている妹のゾラ。
4人の女性が、出会い、協力し合って、ダメ男たちを一蹴する、痛快コメディ。


2回観て、2回とも同じ場面で笑ってしまいました。

スピーディでスリリングで、かなり壮絶なストーリーなのにそれを感じさせない面白さ。
ノエミの過去などとくに、かなりエグいのですが、ものすごいスピード感でさらりとみせてくれます。


でも、何がいいって、俳優さんたちの演技力がすごい!
表情が実に多彩で、ちょっと大げさなくらいの顔演技オンパレード。それが分かりやすく絶妙で、なんとも言えないフィット感を生み出しています。
そうそう、こういう時ってそんな顔するよね!
って感じ。観ていて気持ちいいくらい。

エレーヌの、“混乱している平凡なおばちゃん”演技は圧巻です。うっかりした時や、バカ息子&亭主に嫌気のさした顔など、表情だけで笑えます。
ファブリスのバカ顔は愛おしいくらいだし、バカなりにやっと気付いた、自分の失言や失態に動揺する顔とかもう最高。

ノエミの大きくて力のある“目の演技”と、後半、ノエミに骨抜きにされたポールの焦燥しきった表情と演技は必見です。


嗚呼なんかうまく書けないんだけど、とにかく面白いので皆観ろ!w


★★★★★



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。