壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ザ・インタープリター
ザ・インタープリター The Interpreter (2005/アメリカ)
interpreter.jpg
美しすぎる・・・

監督
シドニー・ポラック Sydney Pollack
脚本
スティーヴン・ザイリアン Steven Zaillian
出演
ニコール・キッドマン Nicole Kidman (Silvia Broome)
ショーン・ペン Sean Penn (Tobin Keller)
キャサリン・キーナー Catherine Keener (Dot Woods)
アール・キャメロン Earl Cameron (Zuwanie)
イェスパー・クリステンセン Jesper Christensen  (Nils Lud)
ジョージ・ハリス George Harris (Kuman-Kuman)
and more


【ストーリー】
事件は、アフリカのマトボ共和国で生まれた国連通訳シルヴィア(ニコール・キッドマン)が、同国の大統領ズワーニ(アール・キャメロン)の暗殺計画を聞いたと通報したことから始まる。それ以来、彼女の生活は一変。殺し屋たちのターゲットとなり、同時にシークレット・サービスの疑惑の対象になってしまう。そしてシルヴィアを"保護"する捜査官ケラー(ショーン・ペン)は、彼女の過去を探るうちに彼女自身が陰謀に関わっているのではないかとの疑いを深めていく…。
シルヴィアの抱える"秘密"は、ケラーにとっては"嘘"でしかない。彼女は犠牲者か?容疑者か?それとも───?
数週間前に妻を亡くしたばかりのケラーは、かつてマトボでシルヴィアが体験した悲痛なできごとを知るにつれ、彼女を守り通すことで自分のアイデンティティと愛を取り戻そうとするが……
(公式ホームページより引用)


BLOOMという姓は、南アに多い名前なのかしらん?
今をときめく人気俳優、オーランド・ブルーム(Orlando Bloom)も、南ア系の血が入ってるんだったよね?(うろ覚え)
あれ、お父さんがアパルトヘイト開放の活動家なだけだっけ?(さらにうろ覚え)

ま、いっか。

とにかく、「絶対そんな美人の通訳なんていない」と確信できるくらい美しすぎるシルヴィアは、イギリス人と南ア人の血を引く、アフリカはマトボ共和国(架空の国)の生まれ。世界平和を祈って、銃でなく言葉の力を使って活動しようとする通訳で、どこか陰のある女性を演じています。

もうとにかくニコールたん萌え!
好きすぎて失神するかと思ったYO

故郷で、「テロリスト撲滅」の名のもとに、無差別大量虐殺を繰り返すズワーニの手にかかり、両親と妹を地雷で失ってしまったという悲しい過去を持っています。
“深い傷を負ったが故の、強い信念を持った女性”を好演。
強がってるけど、ふとした瞬間に子犬のよーにフルフルするニコールたんに(*´д`*)ハァハァしっぱなしですた。


はじめはシルヴィアの虚言や陰謀を疑う、こちらも妻を失ったばかりという悲しい過去を持つシークレット・サーヴィスをあのショーン・ペンが熱演。

この人って、ぱりっとスーツを着られないのかしら?

いっつもヨレヨレダラダラしてる印象なんですけど・・・(ファンの方すみません)
(ヨレヨレダラダラって、ヨダレダラダラに見える)

シルヴィアの過去や事件の真相が明らかになるにつれ、ちょっとずつケラーがシルヴィアに好意を持って気持ちが近づく感じがとってもうまかった。焦らず、待たせず。
しかし、二人がはじめて抱き合うシーンでは、ソファに座ってるのに明らかにニコールのほうがでかいという難点が。
いや、でかさも彼女の魅力のひとつなのだが、なんかちょっとアレだった。(好きです、ニコール)


ズワーニ暗殺の真相解明のため、各要人の尾行をするシークレット・ザーヴィスたち。
“尾行がうっかりバレる”などの、シークレット・サーヴィスに有るまじきミスなどもてんこ盛りですが、シルヴィアと、マトボ開放の活動家クマン・クマン(ジョージ・ハリス)、事件にかかわっているとみられる爆弾テロ犯が同じバスに乗り合わせるシーンでは、すごい緊張感とスピード感があって、手に汗握る展開でした。見ごたえある~


結局、ズワーニ暗殺未遂は、彼本人の人気を高めるための自作自演だったことが、ケラーの手柄により判明。
しかし、両親、妹の他に、愛する兄まで失ってしまったシルヴィアは、ズワーニに近づき彼女の手で暗殺を遂行しようと企てます。

平和をもたらしてくれると信じていたのに、という彼女の苦しみと悲しみが伝わってきて、
そんな簡単に大統領に近づけるものなの?てか、護衛は?
などというつまらない疑問は、彼方へ葬り去られました。

しかも、一国の大統領を殺しかけたのに、国外追放だけで済むニコールたん。
ケラーが弁護をした結果ということでしたが、あまりにも罪が軽いので驚いたYO


それもこれも、全部ニコールたんが可愛いから成せるワザなんだね!!



つか、「インタープリター」だから、「ジ」だよね、邦題・・・



★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。