壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
クローサー
クローサー Closer (2004/アメリカ)
closer.jpg
自制心崩壊物語

監督
マイク・ニコルズ Mike Nichols
脚本
パトリック・マーバー Patrick Marber
出演
ナタリー・ポートマン Natalie Portman (Alice)
ジュード・ロウ Jude Law (Dan)
ジュリア・ロバーツ Julia Roberts (Anna)
クライヴ・オーウェン Clive Owen (Larry)
コリン・スティントン Colin Stinton (Customs Officer)
and more


ロンドンを舞台に、引き寄せられるように巡り合う4人の愛の物語。
小説家志望でジャーナリストのダン(ジュード・ロウ)、N.Y.から単身渡英してきたストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン)、フォトグラファーのアンナ(ジュリア・ロバーツ)、そして医師のラリー(クライヴ・オーウェン)。彼らのむき出しで率直で赤裸々な愛が、形を変えて巡っていきます。

この映画、元は劇作家パトリック・マーバーの戯曲なんですね。演劇の映画化なのか。知らなかった。

「愛」をクローズアップしたこの作品、とにかく主人公たちが愛に貪欲。
貪欲というか、“趣くまま”というか、身勝手というか。
激しくネタバレになるので、詳しくは書きません。

アリスとダンが出会い、恋に落ちる。
ダンとアンナが出会い、恋に落ちる。
ダンの入れ知恵でアンナとラリーが出会い、恋に落ちる。
ダンとアンナの関係が深まり、ダンはアリスと、アンナはラリーと別れを告げる。
でも結局うまくいかなくて、アンナはラリーの元へ戻り、ダンはアリスの元へ戻っていきます。

まとめちゃうとこれだけなんですけど。


アンナに出会った直後のダンを見て、瞬時にダンがアンナに恋したことに気付くアリス。
涙を流しながら、真正面からアンナに抗議しライバル宣言するアリスに、ちょっとぞっとしました。勘の鋭さとダンに対する真剣さが伝わってきました。
そんなアリスに気圧されて、「わたしはダンを好きじゃない」と退くアンナ。

でも結局、二人は密に関係を深めます。

「アンナを愛してしまった」と、ダンがアリスに別れを切り出すシーンでは、
「(アリスを)好きだから嘘はつけない」
と言って、ありのままを話すのですが、それがあまりに残酷で自分勝手で、見ていてむかつきました。

だって、二人の住む部屋でセックスした、と素直に告白するんだもん。お前はアフォかと。
苦しそうに泣くアリスを見て、胃が痛くなりました。
わたしにもそんな思い出があったなぁ、と(´∀` )

んで、アンナも、ダンと浮気しつつラリーと結婚するという暴挙に出ます。しかも結婚後にダンとの関係を一方的に話し、離婚を迫るという身勝手ぶり。
嫉妬心全開のラリーは、ダンとのセックスがどうだったのか、しつこくアンナに問い正します。そしてそれに、丁寧に答えるアンナ。何故・・・・・・・。

そんな仕打ちなのに、
「別れたくない、捨てないで!!」オーラ全開のラリー。
“より戻せ”運動が激しくて、はっきりいって( ´Д`)キモッ
しかも、
「最後に一発やらせろ」と迫ります(´∀` )

最低だし、おまえらはそればっかりかと。

“離婚届けに判をもらう換わり”という最低なセックスを承諾するアンナですが、アンナ的には「仕方のないこと」。でもそれに気付いたダンは、またもやそれをアンナに問いただし、そしてまたもや、丁寧に答えるアンナ。そしてダンは、「もう続けられない」とアンナを振ります。

で、結局アンナはラリーの元へ戻り、ダンはラリーに、「アリスの元へ戻れ」と言われます。
人の妻を寝取っておいて、その旦那から助言をもらうなんて最低ですが、さらに最低なことに、ダンはラリーの目の前でまるで駄々をこねる子どものようにしくしくしくしく泣きじゃくります。

女のことで女々しく泣くんじゃねぇ!キモイ!!!
わたしにもそんな思い出が(ry


んで。
そんな最低な男なのに、アリスは戻ってきたダンを受け入れます。愛してるってそういうことなのかな・・・
しかし、ダンは、自分と離れている間のアリスの行動(ラリーと出会って関係を結んでいる)を問いただします(´∀` )もーいいじゃん・・・

そして、その後、アリスは急に
「愛は冷めた、消えろ」とダンを振り、そして単身N.Y.に戻っていきます。


ラストシーンからは、色々なメッセージを受け取ることができます。
フリーになったアリスをクローズアップするようなラストでしたが、4人のうち、誰の選択が正しかったのかは、分からないし、観る人によって違うと思います。
愛や恋に対して、素直になるのと自分を抑えることのどちらが正しいのか。
相手のことを思って、正直に話すのか嘘をつくのか。これも、どっちが正しいかなんてその時々によって違うし、人によって考え方も違うと思います。


そんなことを、様々考えさせられる一本でした。



この映画に感化されて書いた日記はこちら


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。