壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
炎のメモリアル
炎のメモリアル Ladder 49 (2004/アメリカ)
ladder.jpg
ナイス・キャスティング!

監督
ジェイ・ラッセル Jay Russell
脚本
ルイス・コリック Lewis Colick
出演
ホアキン・フェニックス Joaquin Phoenix (Jack Morrison)
ジョン・トラボルタ John Travolta (Captain Mike Kennedy)
ジャシンダ・バレット Jacinda Barrett (Linda Morrison)
ロバート・パトリック Robert Patrick (Lenny Richter)
ビリー・バーク Billy Burke (Dennis Gauquin)
バルサザール・ゲティ Balthazar Getty (Ray Gauquin)
モリス・チェスナット Morris Chestnut (Tommy Drake)
and more


大火災の中から生存者を救出し、その後建物の崩壊と共にがれきと炎と煙の中に取り残される、ボルティモア消防署のラダー隊(はしご車隊)に所属するジャック・モリソン(ホアキン・フェニックス)。
仲間からの救出を待ちながら、ジャックはこれまでの消防士としての記憶を蘇らせていく。

というストーリー。


新米消防士だった頃の思い出、信頼できる上司と仲間たちとの充実した日々、消火活動の中で起きた仲間の事故や死、愛する妻と子どもたち・・・
深い絆で繋がれた消防署長のケネディ(ジョン・トラボルタ)に無線で励まされながら、時々遠のく意識の中、そんな過去を思い出していきます。


映画は、ジャックのその様々な思い出を観ていくのですが、彼が仕事に誇りを持っていること、危険な仕事に不安を持ちつつも夫を愛し支える妻、苦難を乗り越えて絆で結ばれた仲間たち、そういう実に美しいお話が繰り広げられます。

ああもう、ラストに向けて泣かそう、泣かそうとしているな(´∀` )

というのがよく分かる展開。


仲間たちの必死の救出作業もむなしく、火災が大きすぎてジャックの救出は不可能と判断されます。
それを悟るジャック。
激しい炎の向こう側まで仲間は来てくれているのに、そこから先に進めないことを悟ったジャックは、隊員の安全のため、自分の救出を断念し避難するよう要請します。

同じく、状況を判断したケネディは涙を押し殺しながら、隊員の避難を気丈に指示します。
何も言わずに涙を流す隊員たち。
一緒に戦ってきた仲間を失う辛さが、痛いほど伝わってきて号泣でした。



しかし、何がナイス・キャスティングって、
これ、ホアキン・フェニックスでよかったぁ、って。

だって、火災現場に取り残されて、自分の救出は無理だと悟り仲間を思って避難させ、まわりのすべての人に“死なないでくれ”と願われながら、一人、死んでいくなんて・・・

ブサイクホアキンでさえここまで泣けるんだもの、

もしこれがブラッド・ピットだったら、
嗚咽通り越して嘔吐してるだろうな(´∀` )

(ファンの方、本当にごめんなさい)



んでも、
「なんだかんだいって結局助かるんだろうか」
と思わせるような展開だったので、このラストはいい意味でちょっと意外かも。


しかしわたし的には、トラボルタの不自然な生え際が気になって仕方なかったYO
あと、年月の割りに登場人物がいっこうに老けないという違和感もありつつ。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。