壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
宇宙戦争
宇宙戦争 War of the Worlds (2005/アメリカ)
wow.jpg
叫びすぎ

監督
スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg
脚本
ジョシュ・フリードマン Josh Friedman
出演
トム・クルーズ Tom Cruise (Ray Ferrier)
ダコタ・ファニング Dakota Fanning (Rachel)
ジャスティン・チャットウィン Justin Chatwin (Robbie)
ティム・ロビンス Tim Robbins (Harlan Ogilvy)
ミランダ・オットー Miranda Otto (Mary Ann)
ジーン・バリー Gene Barry (Grandfather)
and more


『彼らは、すでに地球(ここ)にいる

地球最後の戦争は 人類が起こしたものではない。
いま試される、愛と勇気――』
(公開時コピーより)


人類が生まれる前から、地球の地中深くに埋められていたマシンが動き出し、地球を破壊しまくるお話。

世界中が破壊されまくり、人々がゴミのように駆除されていきます。
軍隊が立ち向かいますが歯が立たず、右往左往逃げるしかできない人間たち。
しかし、意外にも宇宙人たちは、地球の空気中に含まれる無数の微生物によって死滅させられてしまって、地球は侵略の危機を免れましたとさ。おわり。


人類が生まれる前から計画されていたわりには、ずいぶんお粗末な終焉ですね、宇宙人さん。


トムちん演じるレイは、あんまり父親らしくない父親で、離婚した妻との間にいる二人の子どもからあまり慕われていません。
でも地球の緊急事態に、愛する子どもたちを命がけで守るトムちん。
その懸命な姿に、いつしか子どもたちも信頼を深めていきます。

それはいいんだけど、そんな動き回って子どもを危険に晒さないで、家でじっとしてればよかったんじゃん?

とか言うと、映画が成り立たないので言いません(言ってる)


人類駆除を目前で目撃してしまったレイが取り乱しているのを見てだんだんとパニックに陥る、天才子役・ダコタ演じるレイチェル。
「子どもってほんとにこんなふうにパニクるんだろうな」
と納得のナイス演技でした。
(基本的に管理人はダコタ万歳なので、褒めちぎります)

振り返りざまの恐怖に満ちた表情と絶叫は圧巻。
ダコタのシャウトを観にいったといっても過言ではありません。

でも、ことあるごとに叫びまくるレイチェル。
ノドから血が出そうだ・・・と思いながら聞いていましたが、さいごはちょっと聞き飽きました。


途中、オギルビー(ティム・ロビンス)に助けられるレイとレイチェル。
しかしオギルビーは、なんとかしてマシンたちと戦おうとしており、その仲間としてレイを招き入れた様子。
レイチェルを守りたいレイ(ややこしい)は、戦闘を迫るオギルビーを殺してしまいます。

レイチェルに見えないように、別室に隠れて手を下すレイ。
公式170cmのトムちんが、196cmのティムを1対1で、どうやって殺したのかが激しく気になりました。
しかし真相は扉の向こう・・・
トムちん、なにか秘策があったのでしょうか。

ていうかこのシーン、オギルビー役はティムである必要があったのでしょうか?
この映画最大の疑問です。




ていうか、突っ込みどころが多すぎて書ききれないんです。
突っ込みどころじゃないシーンはほとんどないというか。




大丈夫なのか、スピルバーグ
もう一方のSFモノは、売れてますぜ。


★☆☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
ミリオンダラー・ベイビー
ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby (2004/アメリカ)
mdbaby.jpg
流血しまくり

監督・音楽 
クリント・イーストウッド Clint Eastwood
脚本
ポール・ハギス Paul Haggis
出演
クリント・イーストウッド Clint Eastwood (Frankie Dunn)
ヒラリー・スワンク Hilary Swank (Maggie Fitzgerald)
モーガン・フリーマン Morgan Freeman (Eddie Scrap-Iron Dupris)
ジェイ・バルチェル Jay Baruchel (Danger Barch)
アンソニー・マッキー Anthony Mackie (Shawrelle Berry)
マイク・コルター Mike Colter (Big Willie Little)
マーゴ・マーティンデイル Margo Martindale (Earline Fitzgerald)
ブルース・マックヴィッティ Bruce MacVittie (Mickey Mack)
ルシア・ライカー Lucia Rijker (Billie 'The Blue Bear')
リキ・リンドホーム Riki Lindhome (Mardell Fitzgerald)
and more


いわずと知れた、昨年度アカデミー賞4部門受賞作。
今頃見ました(´∀` )


ボクサーを目指す貧乏育ちのマギー(ヒラリー・スワンク)は、強くなるために名トレーナーと謳われたフランキー(クリント・イーストウッド)にコーチを依頼。
「女は断る」と一蹴するフランキーに食らいつき、なんとかトレーナーについてもらうことができた。
名トレーナーのおかげで、ぐんぐん上達するマギー。

そして初のタイトル戦、反則女王のビリー(ルシア・ライカー)を相手にした試合で、ビリーをダウンさせ気を緩めた瞬間に食らったパンチに倒れる。
倒れた先には、コーナーに用意されていた椅子が。フランキーがとっさに手を伸ばすも間に合わず、マギーは横になった椅子の上に倒れこみ、首の骨を折ってしまう。

病院で目覚めたマギー。
彼女は人工呼吸器につながれ、第一頚椎と第二頚椎の完全骨折という事実を知る。

「もう二度と自分で動くことができない」

そう知ったマギーは、薄情な家族にかわって懸命に看護するフランキーの手を借り、自らの尊厳を守るため死を選ぶのだった・・・。



というお話。
アカデミー賞ってこういう題材好きですね。


イーストウッドが素敵でした。天才っぷりを遺憾なく発揮。
俳優としてももちろんすごいけど、監督もするし、音楽だってつくっちゃうという多才ぶり。
さらに、御年75歳とは思えない肉体美とタフさとセクシーさが輝いておりました。最高です。

んで、またモーガン・フリーマンがものすごい存在感を発していました。いるだけで威圧感が。
イーストウッドのほうが大きいんですけど、モーガン・フリーマンのほうが恰幅がいいのででかく見える。
つっても、
イーストウッド193cm、フリーマン189cmと、どっちも巨人なんですけどね(´∀` )デケーヨ

このおじいたまたちの棺桶って、特注なんだろうなぁ、とか不謹慎なこと考えちゃいました。


んで。
マギーが強くなっていく過程はそれなりに楽しめるのですが、なんか安直なんだよな。
脚本に深みがないというか(偉そう)。

特に、事故ってから後が雑で、かなり残念な感じです。

そこが本題だろうに、あまり時間はかけてないし、半身不随になってしまった悲しみとか戸惑いも描かれず、娘がそんな状態になってるのに「家をよこせ」とペンも持てないマギーにサインを迫る最低な家族との関係もいまいちだし、
何より、尊厳死のために実際に手を下すフランキーが、あまりにもあっさり決断して実行したのに違和感が。

もっと苦悩するシーンが多くてもよかったのではないでしょうか。


あと、知識をひけらかすわけじゃないのですが、
事故ってから後の病院のシーンに、突っ込みどころが満載すぎる。

1.事故ってすぐ気管切開はしない。
2.気管切開してたらそんなに上手く喋れない。
3.膝の裏にだけ床ずれができるなんてことはない。
4.っていうか、そんな床ずれ、医療事故だ。
5.それで下肢切断なんて、裁判起こしたら勝てるぜ?


まだある気がするけど以上。



あ、マギーの感想がひとつもないな。

えーと、いい体してました。
あと、アカデミー賞おめでとう。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。