壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
恋愛適齢期
恋愛適齢期 Something's Gotta Give (2003/アメリカ)

ほのぼの。

監督・脚本
ナンシー・マイヤーズ Nancy Meyers
出演
ジャック・ニコルソン Jack Nicholson (Harry Sanborn)
ダイアン・キートン Diane Keaton (Erica Barry)
キアヌ・リーヴス Keanu Reeves (Dr. Julian Mercer)
フランシス・マクドーマンド Frances McDormand (Zoe Barry)
アマンダ・ピート Amanda Peet (Marin)
ジョン・ファヴロー Jon Favreau (Leo)
and more


【ストーリー】
音楽業界の大物経営者ハリー(ジャック・ニコルソン)は63歳の生涯独身プレイボーイ。30歳以下の美女にしか興味がない彼は、美しい恋人マリン(アマンダ・ピート)と共に、週末を過ごすため彼女の母親の別荘へ。
ところが、二人きりと思っていた別荘には、マリンの母でバツイチの劇作家エリカ(ダイアン・キートン)が。娘の年の離れた恋人を気に入らないエリカだが、ハリーが心臓発作を起こし、彼女の別荘で休暇を取ることになってから、ハリーと徐々に親密になっていく。
一方、ハリーの主治医ジュリアン(キアヌ・リーヴス)は、エリカの劇の大ファン。年上ながらも美しくチャーミングなエリカに魅かれて、猛烈アタックを繰り返します。
年下好きのハリーと、年下に好かれたエリカ。
中年男女の恋を描いた、ほのぼのムービーです。


アカデミー賞受賞経験者の、大御所ジャック・ニコルソンダイアン・キートンが主演。
大物すぎて、意外と面白くないかな?とあまり期待していなかったのですが、さすが~!な演技で大満足でした。
久しぶりに、映画を観ていて声を出して笑ったほど。
全体的に、つっこみどころは満載ですが。


ダイアン・キートンがめっちゃかわいい!
久しぶりのセックスに感激して泣いちゃったりとか、
若いイケメンの医者に迫られて戸惑ったりとか、
失恋して大声で泣きまくったりとか・・・
そういう演技がとても可愛かったです。

普通のおばちゃんが同じことしても、ウザいだけだと思うが。

あと、一瞬フルヌードのシーンがあるのですが、体もキレイで、とても57歳(2003年時点)とは思えませんでした。
あのシーンだけ別人かな?


「そりゃ心臓発作も起きるだろうよ」
と納得のおっさん体型・ニコルソン氏ですが、
でっぱったおなかとか、寂しくなった頭髪とか、垂れたおしりとか、
そういう欠点?を笑いに変える武器にしてるあたり、好印象でした。
なんか憎めないおっさん。
もうおじいさんかな。


イケメン医師ジュリアンですが、
まぁ、わたし的にはキアヌはイケメンじゃないんですけど、
この映画ではそんな彼ですら目の保養なくらい、いい男が出ていません。
ソフトマッチョな感じはちょっと萌えでしたけど。

しかしキアヌは、いつ見ても青ひげだなぁ。
アゴなしゲンさんを思い出します。
(ファンの方、ほんっとうに申し訳ございません)



印象に残ってるシーンは、

食事の約束をすっぽかしたエリカに、
「謝るのに必要でしょ?」と言ってジュリアンが花束を渡すところ。

そんなことされた~い!
ていうか、

そんな男いねーYO!


あと、後半で、
エリカが、傷付くことを恐れて愛を知らないマリンに、
「愛の痛みの素晴らしさ」
を語って聞かせるところ。

恋したことある人なら、誰でも共感できるんじゃないかなー。


まぁ、ストーリー自体がベタなので、
全体的に共感しやすくて分かりやすい映画だと思います。


難点は、ラブコメにしては長いこと。
最後まで観るのは、けっこう疲れます。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
愛という名の疑惑
愛という名の疑惑 Final Analysis (1992/アメリカ)
final.jpg
恐ろしい女です。

監督
フィル・ジョアノー Phil Joanou
脚本
ウェズリー・ストリック Wesley Strick
出演
リチャード・ギア Richard Gere (Dr. Isaac Barr)
キム・ベイシンガー Kim Basinger (Heather Evans)
ユマ・サーマン Uma Thurman (Diana Baylor)
エリック・ロバーツ Eric Roberts (Jimmy Evans)
ポール・ギルフォイル Paul Guilfoyle (Mike O'Brien)
キース・デヴィッド Keith David (Detective Huggins)
and more


【ストーリー】
精神科医のアイザック(リチャード・ギア)はある日、若い女性患者のダイアナ(ユマ・サーマン)と出会ったことをきっかけに、彼女の姉ヘザー(キム・ベイシンガー)と知り合う。間もなく彼女の妖艶な美しさに取り憑かれ、恋に落ちるアイザック。だが、彼女は一方でマフィアの夫に虐げられ、また自身も少量の酒で暴力的になり、その時の記憶が残らない病的な酩酊症に冒されていた。そんなヘザーはある時、夫殺しの容疑者として捕らえられてしまう。しかし、ますますヘザーへの愛が募るアイザックは、事件当時の彼女は酩酊症だったとして法廷での弁護に奔走、見事無罪を勝ち取るのだが…。
(allcinema onlineより引用)


なかなか面白い一本でした。


へザーのビッチっぷりが素晴らしい。
アイザックに近づくためにダイアナを使い、夫殺しの罪をアイザックになすりつけ、自分の弱みを武器にアイザックをいいように使って、嘘がバレたらアイザックを殺しにかかる。

はじめ、弱くて可愛らしい女性なだけに、後半の変わりっぷりがものすごいインパクトです。
顔つきも違うし、やっぱりキム・ベイシンガーっていいなぁ、と思った。


騙されっぱなし、やられっぱなしのアイザックですが、
演じたリチャードの“ダメ~”な感じがよく似合って、納得の面白さでした。

この頃のリチャード・ギアって、冴えないおっさんで全然魅力ない。
シンディ・クロフォードとまだ結婚してるころだと思うんだけど。


若くて可愛らしいユマ・サーマンは、すっごいシスコンな女の子の役。
姉を助けたいけどそれが正しいのかどうか自信がなく、アイザックも好きだし、どうしたらいいのか・・・
という、不安定な感じが上手かったです。
途中、アイザックに惹かれ、彼の手助けをして姉を裏切りますが、結局は姉リスペクトな人生を歩む様子。

心の傷ってなかなか癒えないし、伝染するのかなぁ、と思いました。


あと、アイザックの友人にブラス警部(ポール・ギルフォイル)が!
ブラス警部以外の姿をはじめてみることができ、感動です。


ちょっと長めですが、見ごたえのある作品でした。
へザーの超絶人生とそれを演じるキム・ベイシンガーが特に。

全体的に古さも感じさせないし、面白かったと思います。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
アップタウン・ガールズ
アップタウン・ガールズ Uptown Girls (2003/アメリカ)
uptown.jpg
ダコタのバレエが微妙です。

監督
ボアズ・イェーキン Boaz Yakin
脚本
ジュリア・ダール Julia Dahl
出演
ブリタニー・マーフィ Brittany Murphy (Molly Gunn)
ダコタ・ファニング Dakota Fanning (Lorraine "Ray" Schleine)
マーリー・シェルトン Marley Shelton (Ingrid)
ドナルド・フェイソン Donald Faison (Huey)
ジェシー・スペンサー Jesse Spencer (Neal)
ヘザー・ロックリア Heather Locklear (Roma Schleine)
and more


わたしの2大萌え女優、ブリタニー・マーフィダコタ・ファニングを楽しむためだけに観ました。

映画自体も、彼女たちを観るためだけにつくられていました。


【ストーリー】
伝説的ロックスターだった父の遺産で暮らす、超お嬢のモリー(ブリタニー・マーフィ)。しかしある日、専属会計士に全財産を持ち逃げされ、突然無一文に。
当然働いたことなどないモリーだが、生きるために仕事を探すことに。やがて、友人の紹介で、女性音楽プロデューサーの娘の、ベビー・シッターをすることになる。その娘とは、生意気で大人びた8歳の少女レイ(ダコタ・ファニング)。子どもっぽいモリーと大人びたレイが、激しく対立しながら徐々に絆を深めていくお話。


というような感じ。


ふたりとも、超かわいかったです。
おわり。




・・・・えーと・・


ブリタニーは、お姫様ルックが似合いますねぇ。
お人形みたいな顔だし、ブロンドだし。
バカな役もよく似合うわぁ


ダコタたんは、相変わらずの役どころというか、
神経質で年に似合わず大人っぽいというか、なんかもう、人生達観した、みたいなオーラが出ていて萌えでした。
3歳から精神科に通ってるらしい。

そんなレイは、病に臥せって植物状態の父親と、仕事が忙しくてかまってくれない母親を持つかわいそうな子ども。
本当はすっごい寂しくて、パパにもママにも甘えたいのに、でもできないから強くなった、みたいな繊細な子。
モリーに出会って、少しずつ心を開いて子どもらしくなっていくところが可愛かったです。

モリーのおかげで母親がかまってくれるようになるところも、ベタですがほっと一安心。



ラストシーンで、得意のバレエをモリーと母親に披露するレイですが、
ダコタたんのバレエ、ちょっとビミョーだった・・・・・・


上手・・・くない・・・よ・・・・_| ̄|○


★★☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
24 シーズンⅢ
24 シーズンⅢ Season 3 of '24' (2001~/アメリカ)

一気に観たら肩こった。

監督
ジョエル・サーノウ Joel Surnow
ロバート・コクラン Robert Cochran
出演
キーファー・サザーランド Kiefer Sutherland (Jack Bauer)
カルロス・バーナード Carlos Bernard (Tony Almeida)
レイコ・エイルスワース Reiko Aylesworth (Michelle Dessler)
エリシャ・カスバート Elisha Cuthbert (Kimberly Bauer)
ジェイムズ・バッジ・デール James Badge Dale (Chase Edmunds)
デニス・ヘイスバート Dennis Haysbert (David Palmer)
マリー=リン・ラジスカブ Mary Lynn Rajskub (Chloe O'Brian)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド Penny Johnson Jerald (Sherry Palmer)
and more


今ごろ、はじめて観ました。


ここまで観なかった理由は、

キーファー・サザーランドが好きじゃないから
②続けてみるのが面倒臭いから
③長いから
④色々言ってるうちに、どんどんストーリーが進んでしまって追いつけなくなったから

てな感じです。
でも、HDDに全部録画してもらったので、現実逃避もしたいし、全部観てみました。



シーズンⅢのストーリーは、
『生物兵器テロを食い止める、大変な一日。』


このドラマの一番の見どころは、レギュラーメンバーの超人的な体力と精神力と運と、なんというか生き抜く力の半端なさみたいなものをお腹いっぱい楽しめることでしょう。

24時間でヘロイン中毒から脱する(ように見える)ジャックとか。
術後1時間で現場に戻るトニーとか。
致死率100%のウイルス汚染地帯で感染しないミシェルとか。

特にジャックは、潜入先のメキシコで、騙されるほうがバカとしか言いようがない言い訳を繰り返しつつ敵を騙し通したり、仲間のピンチには必ず間に合って活躍するし、何よりあやしい人物を見つける速さが尋常じゃありません。
自分の思った通り事が進まないと切れるし。しかし彼の思うことがいつも正しいので、さすが主役としかいいようがありません。


あと、足りない時間の中で色んなことを引っ掻き回してややこしくする女性陣の押し問答の数々もかなり楽しいです。
キムとシェリーがいなかったら、もっと早く解決して'24'じゃなくなるかもしれないと思いました。


個人的には、皆に虐げられながらも強く前向きに仕事に励むクロエたんが萌えでした。
彼女は常にああいう扱いらしいので、他のシーズンもチェックするつもりです。


全体的には、とっても「見せ上手」なドラマで、続きの気になり加減は過去最高だと思います。
あと、ストーリーのありえなさの、スケールが大きくて笑えました。
それと、キーファー・サザーランドはこれのおかげで知名度があがってよかったね、と思った。今の世代の人たちには、パパより有名になれたんじゃない?
わたしは断然、パパ派ですが。


しかしこのドラマ、どれくらいの人が観てるんでしょうね?
あれだけ広告してるし、けっこう人気なのかなぁ。
わたしとしては、24かCSIかって聞かれたら、迷わずCSIをすすめますがね。



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
セルラー
セルラー Cellular (2004/アメリカ)
cellular.jpg
息つくヒマなし。

監督
デヴィッド・R・エリス David R. Ellis
脚本
クリス・モーガン Chris Morgan
出演
キム・ベイシンガー Kim Basinger (Jessica)
クリス・エヴァンス Chris Evans (Ryan)
ウィリアム・H・メイシー William H. Macy (Mooney)
ジェイソン・ステイサム Jason Statham (Ethan)
ジェシカ・ビール Jessica Biel (Chloe)
and more


【ストーリー】
ある朝、突然、家に押し入って来た男たちに誘拐されるジェシカ(キム・ベイシンガー)。見知らぬ場所に監禁され、意味も分からぬまま、確実に殺されるであろうという事実を悟ります。
部屋に残された、犯人によって叩き壊された電話のコードを接触させて助けを求めるジェシカ。その電話はライアンという男の携帯電話に繋がるのですが・・・。


映画開始から数分後。
ジェシカの住む平和な家の、裏口のドアが大きな音と共に蹴破られたかと思うと、そこからラストまでほぼノン・ストップです。
90分という割と短い映画ですけど、ほぼ全編、息つくヒマがないというのは結構疲れる。
観ごたえはありましたが。


何の説明もなしにとつぜん拉致られ、監禁され、脅されるジェシカ。
訳も分からず脅されて怯える演技がとても上手かったです。

助けを求めるジェシカの電話に、忠実にしたがって協力する、超人的なお人よしのライアン(クリス・エヴァンス)。
いたずら電話かもしれないジェシカのSOSを、なんとなく気にしてちゃんと調べに行く模範刑事ムーニー(ウィリアム・H・メイシー)。

できすぎなくらいいい人たちに救われて、ジェシカは突然の災難から逃れることができましたとさ、というお話。


叩き壊された電話配線を接触させて、外部へとSOSを求めるという設定が、無茶なのか妥当なのか判断できませんでした。

つながった先が携帯電話、というのは、電波が悪かったり充電がなくなりそうになったり、携帯電話ならではの切れそうで切れない感じが、ハラハラ感を助長させてて良かったと思います。


あと、見進めるうちに、ジェシカを監禁している男たちが警官だと分かります。
拉致・監禁・脅迫の理由がまったく分からない上に、それをしている人たちが警官となると、果たしてどっちが悪者なのか分からなくなります。
もしかして、震えながら泣いているジェシカが、実は悪玉なんじゃねーの?と思わせるあたり、うまい脚本だな、と。


この脚本家は、本作が処女作だそう。
今後も何作か書いてるそうですが、こういう“行動を制限されたところで何かする物語”が得意なんだそうです。


ハラハラ感のみせっぷりは素晴らしかったですけど、ちょっと設定にムリあり、かな?

あと、キム・ベイシンガーはやっぱり演技力ある、と思いました。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
シン・シティ
シン・シティ Sin City (2005/アメリカ)

豪華~

原作
フランク・ミラー Frank Miller
監督
ロバート・ロドリゲス Robert Rodriguez
クエンティン・タランティーノ Quentin Tarantino
フランク・ミラー Frank Miller
出演
ブルース・ウィリス Bruce Willis (Hartigan)
ミッキー・ローク Mickey Rourke (Marv)
クライヴ・オーウェン Clive Owen (Dwight)
ジェシカ・アルバ Jessica Alba (Nancy)
ベニチオ・デル・トロ Benicio Del Toro (Jackie Boy)
イライジャ・ウッド Elijah Wood (Kevin)
ブリタニー・マーフィ Brittany Murphy (Shellie)
デヴォン青木 Devon Aoki (Miho)
ジョシュ・ハートネット Josh Hartnett (The Man)
ロザリオ・ドーソン Rosario Dawson (Gail)
マイケル・クラーク・ダンカン Michael Clarke Duncan (Manute)
ニック・スタール Nick Stahl (Roark Jr./Yellow Bastard)
カーラ・グギーノ Carla Gugino (Lucille)
マイケル・マドセン Michael Madsen (Bob)
ジェイミー・キング Jaime King (Goldie/Wendy)
アレクシス・ブレーデル Alexis Bledel (Becky)
and more


※ネタバレ注意


フランク・ミラー原作のアメコミ『シン・シティ』の映画化。はじめは映画化を拒否したフランクを、ロバート・ロドリゲスが口説き落として、製作ににこぎつけたそうな。
フランクの世界観を壊さないよう、原作に忠実に映像化しており、CGを駆使した数々のシーンの背景には、漫画に描かれたものが再現されているそうです。
全てがモノクロで、各シーンに一箇所だけ強調するような色が使われております。なんだかふしぎな映画でした。


映画冒頭のシーンは、まだ原作者の許可が下りないうちに、ロバートが勝手につくったものだそうで。このシーンに動かされて、原作者はじめ、錚錚たるメンバーが集結したそうです。

その重要な冒頭シーンを演じるのは、若手イケメン俳優のひとり、ジョシュ・ハートネットたん。ジョシュが演じるのは、シン・シティの“女性しか殺さない殺し屋”らしい。

そして本編は、『罪の街=シン・シティ』を舞台とした、3人の男にまつわる、3つの愛と復讐の物語から成り立つお話です。


以下、3つのエピソードの、見どころをご紹介。


エピソード1では、整形しすぎて元の顔が分からない特殊メイクで原型を留めないミッキー・ロークと、脱・ホビットを掲げた、イライジャ・ウッドの極悪っぷりを堪能できます。
かなり暴力的で血だらけだしグロい場面ばっかりなんだけど、モノクロ&さし色のみの映像のおかげで、ほんと、漫画読んでる感覚でさらっと観られます。


エピソード2では、
「なんでわざわざその顔に整形したの・・・?」
と突っ込みたくなる、ハリウッドブサイク代表クライヴ・オーウェンさん(ファンの方すみません)の、いやらしーい、ねちっこーい演技と、CG処理したとしか思えない、ありえないほど細面なベニチオ・デル・トロさんのダメ男っぷりを楽しめます。
デル・トロさんにとって不幸な場所となる、娼婦の街「オールド・タウン」では、殺人兵器少女として、日系モデルのデヴォン青木が大活躍。
デヴォンの操る2本の日本刀は、映画『KILL BILL』でユマ・サーマンが振り回していた『服部半蔵ソード』だそうです。タランティーノに借りたんだって~。


エピソード3では、渋いおっさん刑事ハーティガンを演じるブルース・ウィリスと、幼い頃にハーティガンに命を助けられた少女ナンシーを演じるジェシカ・アルバたんの切ない物語。
色んな意味で、一番つっこみどころの多かったストーリーでした。


以上の3つが、順に展開されていく一本。
もうちょっとストーリーが複雑になってても、見ごたえあってよかったのかな?とも思いつつ。
2が楽しみですわ。
DVD欲しいっす~。


★★★★★



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。