壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
恋愛適齢期
恋愛適齢期 Something's Gotta Give (2003/アメリカ)

ほのぼの。

監督・脚本
ナンシー・マイヤーズ Nancy Meyers
出演
ジャック・ニコルソン Jack Nicholson (Harry Sanborn)
ダイアン・キートン Diane Keaton (Erica Barry)
キアヌ・リーヴス Keanu Reeves (Dr. Julian Mercer)
フランシス・マクドーマンド Frances McDormand (Zoe Barry)
アマンダ・ピート Amanda Peet (Marin)
ジョン・ファヴロー Jon Favreau (Leo)
and more


【ストーリー】
音楽業界の大物経営者ハリー(ジャック・ニコルソン)は63歳の生涯独身プレイボーイ。30歳以下の美女にしか興味がない彼は、美しい恋人マリン(アマンダ・ピート)と共に、週末を過ごすため彼女の母親の別荘へ。
ところが、二人きりと思っていた別荘には、マリンの母でバツイチの劇作家エリカ(ダイアン・キートン)が。娘の年の離れた恋人を気に入らないエリカだが、ハリーが心臓発作を起こし、彼女の別荘で休暇を取ることになってから、ハリーと徐々に親密になっていく。
一方、ハリーの主治医ジュリアン(キアヌ・リーヴス)は、エリカの劇の大ファン。年上ながらも美しくチャーミングなエリカに魅かれて、猛烈アタックを繰り返します。
年下好きのハリーと、年下に好かれたエリカ。
中年男女の恋を描いた、ほのぼのムービーです。


アカデミー賞受賞経験者の、大御所ジャック・ニコルソンダイアン・キートンが主演。
大物すぎて、意外と面白くないかな?とあまり期待していなかったのですが、さすが~!な演技で大満足でした。
久しぶりに、映画を観ていて声を出して笑ったほど。
全体的に、つっこみどころは満載ですが。


ダイアン・キートンがめっちゃかわいい!
久しぶりのセックスに感激して泣いちゃったりとか、
若いイケメンの医者に迫られて戸惑ったりとか、
失恋して大声で泣きまくったりとか・・・
そういう演技がとても可愛かったです。

普通のおばちゃんが同じことしても、ウザいだけだと思うが。

あと、一瞬フルヌードのシーンがあるのですが、体もキレイで、とても57歳(2003年時点)とは思えませんでした。
あのシーンだけ別人かな?


「そりゃ心臓発作も起きるだろうよ」
と納得のおっさん体型・ニコルソン氏ですが、
でっぱったおなかとか、寂しくなった頭髪とか、垂れたおしりとか、
そういう欠点?を笑いに変える武器にしてるあたり、好印象でした。
なんか憎めないおっさん。
もうおじいさんかな。


イケメン医師ジュリアンですが、
まぁ、わたし的にはキアヌはイケメンじゃないんですけど、
この映画ではそんな彼ですら目の保養なくらい、いい男が出ていません。
ソフトマッチョな感じはちょっと萌えでしたけど。

しかしキアヌは、いつ見ても青ひげだなぁ。
アゴなしゲンさんを思い出します。
(ファンの方、ほんっとうに申し訳ございません)



印象に残ってるシーンは、

食事の約束をすっぽかしたエリカに、
「謝るのに必要でしょ?」と言ってジュリアンが花束を渡すところ。

そんなことされた~い!
ていうか、

そんな男いねーYO!


あと、後半で、
エリカが、傷付くことを恐れて愛を知らないマリンに、
「愛の痛みの素晴らしさ」
を語って聞かせるところ。

恋したことある人なら、誰でも共感できるんじゃないかなー。


まぁ、ストーリー自体がベタなので、
全体的に共感しやすくて分かりやすい映画だと思います。


難点は、ラブコメにしては長いこと。
最後まで観るのは、けっこう疲れます。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。