壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
イン・ハー・シューズ
イン・ハー・シューズ In Her Shoes (2005/アメリカ)

ナイス・バディ!

監督
カーティス・ハンソン Curtis Hanson
脚本
スザンナ・グラント Susannah Grant
出演
キャメロン・ディアス Cameron Diaz (Maggie Feller)
トニ・コレット Toni Collette (Rose Feller)
シャーリー・マクレーン Shirley MacLaine (Ella Hirsch)
マーク・フォイアスタイン Mark Feuerstein (Simon Stein)
ブルック・スミス Brooke Smith (Amy)
and more


【ストーリー】
周囲も羨む、自慢の美貌とスタイルを持ちながらも、難読症というハンディキャップをコンプレックスに、定職に就けないマギー(キャメロン・ディアス)。一方、マギーとは対照的な姉ローズ(トニ・コレット)は、弁護士として成功しながらも、自分の容姿に自信が持てず、仕事に打ち込むことで寂しさをまぎらわしていた。
ある日、継母に家を追い出され、ローズの家に転がり込んだマギー。そこでローズの恋人と寝てしまい、家を追い出される。
行く当てのないマギーは、偶然実感で見つけた祖母からの手紙を頼りに、祖母エラの住むシニアのための施設で暮らすことになる。



キャミ嬢、スタイル良い~!(*´д`*)パッション!!
細!美乳!足長!!

それだけで十分見ごたえのある映画でした。
ちょっと長いけど。

対照的な姉のローズ役、トニ・コレットは、この役のために12㎏も太ったそう。
メークもほとんどしてないし、野暮ったいというか、ダサいというか、不器用な女性を上手く演じていたと思います。


題名の『in her SHOES』は、直訳すると“彼女の靴で”。
他に、“(彼女と)同じ立場に立つ”“相手の立場になる”
みたいな意味があります。

頭は悪いけどカラダが自慢の妹と、社会的には成功しているけど自信のない姉。
交通事故死したはずの母が実は自殺だった過去と、それを守れなかったと後悔する祖母。

3人の成長と家族愛と、絆を取り戻す過程を描いた作品です。



寂しさを紛らわすために、ローズは履きもしない高価で美しい靴をたくさん持っています。
美しい靴ばかりでうっとり。
靴好きにはたまらない映画です。
「履かないと勿体無い」とマギーが勝手に履きまくり、
壊して黙ったままにしたりして、靴をめぐって姉妹が喧嘩するきっかけになります。
ローズの結婚式には、祖母エマがその昔履いたウエディングシューズが登場したり、靴にまつわるエピソードももちろん満載です。


その祖母エラが、仲たがいする姉妹の大事なつなぎ役。
演じるのは名女優シャーリー・マクレーン
存在感抜群でしたが、すごいおばあさんでした。
でも可愛かった。

久しぶりに会う孫とのコミュニケーションのために、エラはTVを購入。
揃って観るTV番組は、『Sex and the city』でした^^

inhershoes2.jpg

居候してエラのお金を盗みダラダラと日々を過ごすマギーに、エラは施設内で働くよう言い聞かせます。
その助けのおかげで、マギーは施設の中で役割りを得ていきます。

働きながらマギーが難読症を克服していく件はとっても感動的。
彼女の手助けをする素敵なおじいたまにちょっとうるるん; ;ときます。


そんなこんなで、最終的に、マギーとローズとエラは、少しずつ距離を縮め、絆を深めていい関係を築くことに成功。
それぞれが“自分らしさ”みたいなものを取り戻しましたとさ。



まぁなんだか、説明の面倒臭いストーリーなのですが、
姉妹愛、家族愛を描いた作品であることは確かです。
ほんのり感動して、ほっとする映画です。

あと、冒頭でも書きましたが、キャミ嬢のスタイルの良さと、靴の美しさを堪能できる一本。
inhershoes1.jpg
足長~


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
ブラザーズ・グリム
ブラザーズ・グリム The Brothers Grimm (2005/アメリカ・チェコ)

マットが凛々しい件について。

監督
テリー・ギリアム Terry Gilliam
脚本
アーレン・クルーガー Ehren Kruger
出演
マット・デイモン Matt Damon (Wilhelm Grimm)
ヒース・レジャー Heath Ledger (Jacob Grimm)
モニカ・ベルッチ Monica Bellucci (Mirror Queen)
レナ・ヘディ Lena Headey (Angelika)
ジョナサン・プライス Jonathan Pryce (Delatombe)
ピーター・ストーメア Peter Stormare (Cavaldi)
マッケンジー・クルック Mackenzie Crook (Hidlick)
and more


【ストーリー】
19世紀ドイツ。兄ウィル(マット・デイモン)と弟ジェイク(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は、各地の村を回ってその地に伝承する様々な物語を集めて回っていた。一方で、村人たちを苦しめる魔物や魔女を退治し、賞金を稼ぐ日々を送っていた。しかし、その魔物退治は、兄弟のイカサマ。
ある日、そのイカサマがドゥラトンブ将軍(ジョナサン・プライス)にバレてしまい、恩赦を与える代わりにとある村で起こっている少女の失踪事件を解決するよう命じられる。



ひさびさ、マットキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

と、思ったら、あんま萌えなかったょ_| ̄|○
だってなんか、凛々しいんだもん。
弟のほうが萌えキャラだったょ。
ヒース・レジャーだったから、萌えなかったけど。

当初の予定では、兄弟の役柄は逆に設定されていたそう。
でも本人たちが逆をやりたいと言ったためこの配役になり、
そして映画は成功した、と。(by.監督)

うーーーーーーーーん。

確かに、マットが兄役で良かったとは思うが、
ていうか、マットの兄がヒース、って外見的にも年齢的にもかなりムリがあるし、
まぁ、映画的にはこの配役がベターだったんだろうけど、

マット萌えのために映画館に行ったわたしとしては、マットが萌えキャラのほうがありがたいのですが。


萌える映画じゃないですかそうですか。



えーと、
グリム童話に出てくる、いろんなキャラクターがいっぱい出てきて、楽しかったです^^

童話の筋書きはまったく無視しており、
11人の少女が失踪する村に、ヘンゼルとグレーテル、赤ずきんが住んでいます。
そしてグレーテルと赤ずきんはさらわれる。
モニカ・ベルッチ様演じる鏡の女王は、ラプンツェルの塔にいるし。

ていうか、モニカ様、ナイス怪演!
恐ろしい美しさですた(*´д`*)パッション!!
しわっしわの顔からモニカの顔になるシーン、
美しく戻った顔が割れて崩れるシーン、どちらも、彼女の美しさゆえに迫力満点でした。

grimm1.jpg
マァァァァァァァァーット!!!!


モニカ様の住む(棲む?)森は、魔法のかけられた不気味な森。
森はまるで生きているように、変幻自在に動き回って姿を変えて行きます。
そんな森に惑わされまくるグリム兄弟を助けるのが、村の狩人、アンジェリカ(レナ・ヘディ)。
彼女の妹も森で失踪し、そして彼女もまた、鏡の女王の餌食になりそうに。

アンジェリカを助けるため、失踪した少女を救うため、ジェイクは森に挑みます。
森の魔法を信じないウィルも、ジェイクの熱心さに協力。

そして兄弟は、無事、アンジェリカと少女を助けましたとさ。


というお話。


ウィルとジェイクの兄弟愛がほのぼの。
鏡の女王に胸を突かれたウィルに、勢いあまって目覚めのキスをしようとするジェイクは可愛かったです。

ああ、これが逆の配役なら、あと何倍萌えられたことか・・・!(しつこい)



あと、CGはけっこう凝ってて楽しめたけど、
木が動くカット、使いまわしてたような・・・


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
ソウ
ソウ Saw (2004/アメリカ)

痛・・・

監督
ジェームズ・ワン James Wan
脚本
リー・ワネル Leigh Whannell
出演
ケイリー・エルウィズ Cary Elwes (Dr. Lawrence Gordon)
リー・ワネル Leigh Whannell (Adam)
ダニー・グローヴァー Danny Glover (Detective David Tapp)
モニカ・ポッター Monica Potter (Alison Gordon)
ケン・レオン Ken Leung (Detective Steven Sing)
マイケル・エマーソン Michael Emerson (Zep Hindle)
マッケンジー・ヴェガ Makenzie Vega (Diana Gordon)
トビン・ベル Tobin Bell (John)
and more


Saw2公開が盛り上がる、低予算スリラーSaw。
怖そうだったので観てなかったのですが、
「あんま怖くないよ」との情報を得て、今頃観ました。

確かに、あんま怖くなかった。


以下、ビミョーにネタバレ。


【ストーリー】
薄汚れた広いバスルームで目を覚ました2人の男、ゴードンとアダム。彼らはそれぞれ対角線上の壁に足首を鎖で繋がれた状態でそこに閉じ込められていた。2人の間には拳銃で頭を撃ち抜かれた自殺死体が。ほかにはレコーダー、マイクロテープ、一発の銃弾、タバコ2本、着信専用携帯電話、そして2本のノコギリ。状況がまるで呑み込めず錯乱する2人に、「数時間後の6時までに目の前の男を殺すか、2人とも死ぬかだ」というメッセージが告げられる。
(allcinema onlineより引用)


言わずもがなですが、“saw”は“see”の過去形で、のこぎり、という意味もあり。
犯人の呼び名“ジグソウ”は“糸のこぎり”という意味もある。

CMにも出てくるとおり、糸ノコはけっこう重要なアイテム。
ストーリーの序盤で登場し、最後まで登場します。


犯人“ジグソウ”は、ゲームと称して被害者を巻き込み、残酷な課題を与えて、被害者に“生きていることのありがたさ”を教えようとします。

ゲームに負ければ、死んでしまう。
でも、ゲームに勝てば、生きていることのありがたさを知ることができる。

唯一のゲーム勝者は、おぞましい体験をさせられつつも、その体験から生の大切さを学んだと供述します。
(タイマーの作動した爆弾をアゴに取り付けられ、部屋にある“死体”の胃の中から装置をはずす鍵を探せ、というゲームをさせられる。
でもその“死体”は生きていて、麻酔で動けないだけなんだょ。
それを死に物狂いで刺し殺し、内臓を探って鍵を入手する被害者。)
( ´Д`)キモ~


たいていの被害者は、麻薬中毒だったり、リストカッターだったり、自分の命を大切にしない人たちばかり。
でも今回の被害者は、医者と、その医者の不倫を暴くために雇われた探偵カメラマン。

この二人がなぜ?
二人一緒に監禁されてるのはなぜ??

と思いながら、お話が進んで行きます。



意外性がどーちゃらこーちゃらという前情報が多かったので、犯人分かりやすかったです^^;
(わたしは見つけられなかったですけど、途中で死体の手が動くらしいし・・・)

でも、ここまで手の込んだ犯行を繰り返すには、ちょっと動機付けが薄い気が。
サイコな割りに、被害者を選ぶ基準が理論的でちょっと違和感。


あと、けっこう突っ込みどころ多いです。
ありえねーYO、と思うシーン多数。
なので、怖いシーンも割りと興ざめ。

でも、ビックリ映像や痛いシーンはうまかったです。
観ていて顔が歪みました。

これ、暗い映画館で大音響で見たら怖いかも。
なので、Saw2を劇場へ観にいくかどうかは不明。


wowowでいっかなぁ~(怖がり)


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。