壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
イン・ハー・シューズ
イン・ハー・シューズ In Her Shoes (2005/アメリカ)

ナイス・バディ!

監督
カーティス・ハンソン Curtis Hanson
脚本
スザンナ・グラント Susannah Grant
出演
キャメロン・ディアス Cameron Diaz (Maggie Feller)
トニ・コレット Toni Collette (Rose Feller)
シャーリー・マクレーン Shirley MacLaine (Ella Hirsch)
マーク・フォイアスタイン Mark Feuerstein (Simon Stein)
ブルック・スミス Brooke Smith (Amy)
and more


【ストーリー】
周囲も羨む、自慢の美貌とスタイルを持ちながらも、難読症というハンディキャップをコンプレックスに、定職に就けないマギー(キャメロン・ディアス)。一方、マギーとは対照的な姉ローズ(トニ・コレット)は、弁護士として成功しながらも、自分の容姿に自信が持てず、仕事に打ち込むことで寂しさをまぎらわしていた。
ある日、継母に家を追い出され、ローズの家に転がり込んだマギー。そこでローズの恋人と寝てしまい、家を追い出される。
行く当てのないマギーは、偶然実感で見つけた祖母からの手紙を頼りに、祖母エラの住むシニアのための施設で暮らすことになる。



キャミ嬢、スタイル良い~!(*´д`*)パッション!!
細!美乳!足長!!

それだけで十分見ごたえのある映画でした。
ちょっと長いけど。

対照的な姉のローズ役、トニ・コレットは、この役のために12㎏も太ったそう。
メークもほとんどしてないし、野暮ったいというか、ダサいというか、不器用な女性を上手く演じていたと思います。


題名の『in her SHOES』は、直訳すると“彼女の靴で”。
他に、“(彼女と)同じ立場に立つ”“相手の立場になる”
みたいな意味があります。

頭は悪いけどカラダが自慢の妹と、社会的には成功しているけど自信のない姉。
交通事故死したはずの母が実は自殺だった過去と、それを守れなかったと後悔する祖母。

3人の成長と家族愛と、絆を取り戻す過程を描いた作品です。



寂しさを紛らわすために、ローズは履きもしない高価で美しい靴をたくさん持っています。
美しい靴ばかりでうっとり。
靴好きにはたまらない映画です。
「履かないと勿体無い」とマギーが勝手に履きまくり、
壊して黙ったままにしたりして、靴をめぐって姉妹が喧嘩するきっかけになります。
ローズの結婚式には、祖母エマがその昔履いたウエディングシューズが登場したり、靴にまつわるエピソードももちろん満載です。


その祖母エラが、仲たがいする姉妹の大事なつなぎ役。
演じるのは名女優シャーリー・マクレーン
存在感抜群でしたが、すごいおばあさんでした。
でも可愛かった。

久しぶりに会う孫とのコミュニケーションのために、エラはTVを購入。
揃って観るTV番組は、『Sex and the city』でした^^

inhershoes2.jpg

居候してエラのお金を盗みダラダラと日々を過ごすマギーに、エラは施設内で働くよう言い聞かせます。
その助けのおかげで、マギーは施設の中で役割りを得ていきます。

働きながらマギーが難読症を克服していく件はとっても感動的。
彼女の手助けをする素敵なおじいたまにちょっとうるるん; ;ときます。


そんなこんなで、最終的に、マギーとローズとエラは、少しずつ距離を縮め、絆を深めていい関係を築くことに成功。
それぞれが“自分らしさ”みたいなものを取り戻しましたとさ。



まぁなんだか、説明の面倒臭いストーリーなのですが、
姉妹愛、家族愛を描いた作品であることは確かです。
ほんのり感動して、ほっとする映画です。

あと、冒頭でも書きましたが、キャミ嬢のスタイルの良さと、靴の美しさを堪能できる一本。
inhershoes1.jpg
足長~


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。