壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
モンスター
モンスター Monster (2003/アメリカ・ドイツ)
monster.jpg
被害者は誰?

監督・脚本
パティ・ジェンキンス Patty Jenkins
出演
シャーリーズ・セロン Charlize Theron (Aileen)
クリスティナ・リッチ Christina Ricci (Selby)
ブルース・ダーン Bruce Dern (Thomas)
スコット・ウィルソン Scott Wilson (Horton/Last "John")
プルイット・テイラー・ヴィンス Pruitt Taylor Vince (Gene/Stuttering "John")
リー・ターゲセン Lee Tergesen (Vincent Corey)
アニー・コーレイ Annie Corley (Donna)
マルコ・セント・ジョン Marco St. John (Evan/Undercover "John")
and more


【ストーリー】
1986年、フロリダ。ヒッチハイクをしながら男に身体を売る生活に疲れ果て、自殺する覚悟を固めたアイリーン・ウォーノス(シャーリーズ・セロン)。有り金の5ドルを使い果たそうと飛び込んだバーで、彼女は一人の女性セルビー(クリスティナ・リッチ)と運命的な出会いを果たす。同性愛の治療を強制されフロリダにやってきたセルビーもまた自分と同じように社会からの疎外感を抱いて生きていた。初めて自分を偏見なく受け入れてくれる人物と出会ったと感じたアイリーンは、“一緒に暮らそう”と提案する。しかしそのためにお金が必要になった彼女は、再び客を取るため道路脇に立つのだったが…。(allcinemaONLINEより引用)


“モンスター”と呼ばれ、アメリカ犯罪史上初の女性連続殺人犯として人々を震撼させたアイリーン・ウォーノスの、真実に基づいてつくられた作品。

【アイリーンの歴史】
アイリーンが産まれたとき、両親はすでに離婚。父親は精神障害者であり少女に対する猥褻行為で服役を繰り返していた。
4歳のときに母親から育児放棄され、祖母の下で育てられるが、祖父の虐待を受ける。
実の兄と近親相姦関係となり、8歳で父の友人にレイプされる。
14歳で父親不明の男児を出産、その後家を出て娼婦となり、ヒッチハイクをしながら体を売るという生活をしていた。
86年にタイラ・ムーア(作中では“セルビー”)と知り合い同性愛関係に。
生活のために売春を続けたが、タイラとともに強盗などを繰り返していた。
そして1989年から1990年の1年間に、連続して7人の命を奪う。その後すぐに恋人の供述により逮捕、1992年に死刑判決が下る。
そして判決から10年後の2002年10月9日、フロリダ州刑務所で薬物注射により死刑が執行された。



シャーリーズ姐さんは13㎏の体重増と義歯の装着、顔と体への特殊メイクをやってのけ、あの美しい顔の面影を微塵も残さず汚れ役を演じたそうです。

あの人があれだけやれば、そりゃーアカデミー賞取れるよね、と思った。
(だからこその話題性だったわけだけれども。)

でも、あまりにもシャーリーズがどこにもいないので、ぶっちゃけ、彼女じゃなくてもよかったんじゃんとか思ったり。
シャーリーズ以外にも、この役をやりたがった女優は多数いたそうです。


この映画はシャーリーズ姐さんの演技っぷりもすごいのですが、
まず何より、これが真実であるということが恐ろしい。

虐待され教育もきちんと受けず、身を売ることでしか生きる術を知らなかったアイリーン。
はじめて知ったセルビーとの愛のために、生きるために彼女は殺人を繰り返します。

生きるためだから、セルビーのためだから仕方ないと、
他に方法がなかった、とアイリーンは本気で思っています。
事実、彼女にはそれしかなかったんだと思います。
誰も助けてくれないから。
誰も教えてくれないから。

“モンスター”はアイリーンのことではなく、
彼女にそうさせた環境と社会のことでは?

アイリーンは守られるべき存在だったのに、全てが彼女を見捨てたのです。
そして、「凶悪連続殺人犯」として処刑されました。
殺人は当然、してはらなないことですが、
選択肢をあたえられなかったアイリーンもまた、被害者だと思います。


対照的なセルビーは、可愛らしく周囲からも愛され、たくさんの選択肢を持っている。
一見、純粋で無垢なセルビーは、アイリーンに対してあまりにも身勝手で残酷。

そんなセルビーを愛し、信じて、どんなに裏切られてもセルビーを守ろうとしたアイリーンの方が、よっぽど純粋で、真剣に愛に向き合っていたのではないでしょうか。
セルビーもまた、アイリーンから愛を奪い見捨てた、モンスターの一人だと思いました。



泣けるかなと思ったけど、壮絶すぎてまったく泣けなかった一本。
ものすごく重いので注意。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。