壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー Sky Captain and the World of Tomorrow (2004/イギリス・アメリカ)
skycap.jpg
アンジー!アンジー!

監督・脚本
ケリー・コンラン Kerry Conran
出演
ジュード・ロウ Jude Law (Joe "Sky Captain" Sullivan)
グウィネス・パルトロウ Gwyneth Paltrow (Polly Perkins)
アンジェリーナ・ジョリー Angelina Jolie (Franky)
ジョヴァンニ・リビシ Giovanni Ribisi (Dex)
マイケル・ガンボン Michael Gambon (Editor Paley)
バイ・リン Bai Ling (Mysterious Woman)
and more


【ストーリー】
1939年、ニューヨーク。エンパイアステートビルに巨大な飛行船ヒンデンブルグ3号が停泊する中、またしても著名な科学者失踪のニュースが報じられる。事件の独自調査を開始したNYクロニクルの女性記者ポリーは、街で驚くべき光景を目撃する。摩天楼の上空を巨大なロボットの大群が飛来し、人間を襲い始めたのだった。人々が逃げまどう中、無謀にもその模様をカメラに収めようとしたポリーは間一髪のところで、元恋人で空軍のエースパイロット、スカイキャプテンことジョー・サリバンに救われる。科学者失踪事件と今回のロボット襲撃事件に関連を見出したスカイキャプテンはポリーと協力して事件の謎を追い、やがて一人のドイツ人科学者トーテンコフ博士の存在に行き着くのだが…。(allcinemaONLINEより引用)


ヒィィィィィ~
正月早々、どえらい映画を観ちまったよォォ



(↑心の叫び)


“1930年代に想像された未来を描いた物語”だそうです。
なので、ロボットはブリキのおもちゃみたいだし、科学の進歩は目覚しいようですが通信方法がモールス信号だったりします。
ズレたかんじのレトロ感が良いっちゃ良い。

突っ込みどころが満載すぎるので、これはその突っ込みどころを楽しむ映画なのではないでしょーか?
ある意味、面白すぎる映画です。


見どころの一つが、
「これしか出てないのに上のほうにクレジット出すな!」
と言いたくなるほど出番の少ない、アンジー姐さんです。

デイキング・ライブス”に出演したキーファー並みです。

しかし、ありえなさに拍車をかけたような格好良さが満載のアンジー。
「姐さん、格好いいです!」
と画面に向かって叫んでしまいました。



観終わったあとの脱力感は今世紀最大級!
是非!!


★☆☆☆☆
(ある意味で★★★★★)



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。