壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
超バカの壁



自由だなぁ、この人は・・・。
スポンサーサイト
博士の愛した数式

博士の愛した数式 Hakase no aishita sûshiki (2005/日本) 








ルート先生、髪型変だお

監督・脚本
小泉堯史 Takashi Koizumi
原作
小川洋子 Yoko Ogawa
出演
寺尾聰 Akira Terao (博士)
深津絵里 Eri Fukatsu (杏子)
齋藤隆成 Ryusei Saito (ルート)
吉岡秀隆 Hidetaka Yoshioka (ルート)
浅丘ルリ子 Ruriko Asaoka (未亡人)
and more


なんて日本語の美しい映画だろう、と思いました。
穏やかで深く、心に沁みる一本でした。


てゆーか寺尾聰、ヤバイスゴイ。
ものすごい存在感というか、なんかもういるだけで感動する。
浅丘ルリ子の大物っぷりもゴイス。
役者オーラがせめぎ合っていて、気迫と緊張感のある映画ですた。


交通事故で記憶の障害を持ち、80分しか記憶が続かない博士。
ほんとうにそんな記憶障害があるのかどうかは分かりませんが、
でもなんで80分なんだろう?
数学がテーマになっているので、これにも意味があるのでは・・・
と思いましたが、そんな説明ありませんでした(´∀` )

ご存知の方、教えてください。



博士は、未亡人の元夫の弟。
未亡人と恋に落ちるのですが、それが元夫が死ぬ前なのかあとなのか不明。
でも、兄が死んで留学先から日本に戻ってきたんだから、
未亡人と恋に落ちたのは、兄が死んだあとだおね?
じゃー不倫じゃないからいいじゃん、という気がするのですが、
まぁとにかく、許されない恋だったらしい。
それで、駆け落ちしたのかどうなのか、二人の乗った車が事故にあい、
未亡人は足が不自由に、博士は記憶が不自由になってしまった。

二人の間には子どももいたけど、
堕ろしたのか事故で亡くしたのか、生まれるまえに命を落としているようです。



それから、博士は事故の日から記憶をとめたまま、
昔愛した未亡人のことも忘れ(未亡人は年をとるからね、知らない人になっちゃうの)
未亡人の世話になって生きている。


そこへやってきたのが、家政婦の杏子と、その息子√(ルート)。
なんで√?と思っていたら、


「頭のてっぺんが平らで、形が√みたいだから」


工エエェェ(´д`)ェェエエ工工



ま、「どんな数字でも自分の中にかくまってやる、寛大な記号だから」と付け足していましたが、
それでいいのか、ルートよ。
野球のユニフォームの背番号も「√」だし、
ほんとうにそれでいいのか、√よ。



博士にとって子どもは、素数と同じくらい愛すべきもの。
√の存在のおかげで、博士の住む家には笑いが絶えなくなります。



そんな様子を見て、嫉妬にキリキリとハンケチを噛むルリ子(噛んでません)
一方的に杏子を解雇しますが、
博士とルートと杏子には、もう切り離せない絆が。


4人での話し合いの中で、博士が昔、未亡人に送った公式が引き合いに出されます。


eiπ + 1 = 0



オイラーの公式は、
『全く起源の異なる重要な2定数、円周率(π)とネイピア数(e)が、 極めて基本的な数、0, 1, i によって結びついている非常に重要な等式である』 (ウィキペ引用)

つまり、『予想外の調和・連関』をあらわしており、
これは博士と家政婦と√(ルート)、そして未亡人とがそれぞれ、予想外に調和し合い、0=つまり無を得ることができた、ということでしょうか。
√(ルート)の存在が、+1ってことかなと思ったのですが、正しいですか?

原作読んだ方、教えてください。


惜しかったのが、
博士が自分の記憶障害に苦悩するシーンが少なかったこと、
80分しかもたないわりに、意外と普通に生活できていること、
杏子の内面があまり詳しく描かれなかったこと、等。
(↑深津がルリ子に負けてただけかもしんない^^;)


これは、本で読む方が感動するかもしれないなぁと思いました。
なので、読んでみます♪


★★★★☆




人気blogランキング』参加中。 ↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑

フライトプラン
フライトプラン Flightplan (2005/アメリカ)

母は強し

監督
ロベルト・シュヴェンケ Robert Schwentke
脚本
ピーター・A・ダウリング Peter A. Dowling
出演
ジョディ・フォスター Jodie Foster (Kyle)
ピーター・サースガード Peter Sarsgaard (Carson)
ショーン・ビーン Sean Bean (Captain Rich)
マーリーン・ローストン Marlene Lawston (Julia)
エリカ・クリステンセン Erika Christensen (Fiona)
ケイト・ビーハン Kate Beahan (Stephanie)
and more


ネタバレすると観る価値ないので、
これから観る人は読まないでください^^


ネタバレ注意


冒頭の病院のシーンで、カイル(ジョディ・フォスター)のダンナが亡くなったと分かります。
それにショックを受け、思い出と現実が混同しているかのようなカイル。

娘のジュリアは、父の死を見たのか、表に出ることを怖がり、
誰かに見られたくない、と、母のコートに隠れて移動します。

精神的にショックを受けた母娘、混乱している母、そしてコートに隠れた娘。

そして、ダンナの遺体をN.Y.へ運ぶため乗った飛行機の中でジュリアが失踪します。
必死に探す母。
でも、誰もジュリアを見ていない。
さらに、搭乗記録が残っておらず、ジュリアは存在しないと突き放されるカイル。

周りのすべての人が、カイルの精神状態が崩壊した、と認識しました。
それは結局、ハイジャック犯による工作の一部だったんですけど、
乗員・乗客はすべて、ハイジャック犯と共犯者を除いて、
すべての人が、カイルを突き放します。

それでも諦めなかった母親は、公安官の拘束を逃れて、執念で真犯人を発見。
そしてジュリアを無事保護するのでした。
flight.jpg


ジュリアは死んでいる、と通告され、混乱するカイルのシーンでは、
「もしかして、本気で心霊だとか精神崩壊の方向なの!?」
と一瞬思いましたが、
まぁ、娘が本当に忽然と消えるわけないですよね^^;

ストーリー的に、娘が発見されないことはないので、
そうすると、飛行機内に犯人がいる、と。
そう考えるとかなり分かりやすい^^
わざとカイルを混乱させるようなセリフもあるし。
あ、でも、共犯者の方が先に分かるかな。



ただ、ハイジャックの計画そのものに無理がある気が。

・まず、爆弾を積むために棺を用意したこと
霊安室の職員とグルだったのは分かりましたが、
カイルのダンナを殺したからといって、必ずその病院に行って、
そこで棺に入って、しかもそれを飛行機に乗せるとは限らなくないか?

・カイルが飛行機に乗ったこと
カイルとジュリアが、棺と共に揃って飛行機に乗る、ってのは、
いつぐらいから分かってたんでしょうね?
入念に調べて、その予定に合わせたってことかね。

・ジュリアが、乗員に見られずに搭乗したこと
コートの影に隠れて移動する、なんて、
そんなこと予測できなくない?
誰かしらが見ているものだと想定するものだと思うけど。
そのために共犯者がいて、
「その席は空席だった」と強調するわけだけど、
要するに、大きな飛行機では、どんな子どもが乗ったかなんて見てないってことでしょうか。
全部で32人しかいないって言ってましたけどね、子ども。

・誰にも見られず、ジュリアを誘拐したこと
そんなこと、できるか?


と、まぁ、偶然に偶然が重なったような、
かなり無理を感じる計画だったのではないかしらん?
だからちょっと違和感。



最初の脚本では、父親と娘、という設定だったらしい。
でも、母性愛の方が伝わりやすいだかなんだかで、母親と娘になったらしい。
ジョディ・フォスターは、こういう役どころ、好きそうだね。

あと、機長役のショーン・ビーンが超渋い!イカス!
役によってまるで印象が違うところも(・∀・)イイ!!


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
ただいまったら、ただいま!


帰ったお。

京都小旅行で撮りためた写真うpしてみたお(ノ´∀`*)
no.31~no.43まで一気にあげてみたので、
感想とか、助言とかいただけると幸いです。



↑の写真は、
祇園にある建仁寺というお寺の、特別公開の天井画です
なんと108畳分という大きさ。

ゴイス
水琴窟
20060212164514

家の近所に発見。

石が敷いてあるところに水が落ちると、その下に埋めてある壺に水滴があたって、綺麗な音がするんだお
それを竹の筒で聴くの。

癒される~(*´д`*)
幽霊(°Д°)子育
20060210170311

これ知ってる?

京名物「幽霊子育飴」


昔、身重の女性が亡くなって葬ったあと、
その女性が墓の中で子どもを産んで、
その子に飴を与えて育てた、って伝承があって、
その飴がこれなんだお


ただ練って固めた飴を割っただけ、みたいな質素な飴だけど、
その素朴さがウマスなんだお!

ファンどす。



<私信>
どうですか、なかのさん
これ、カバンに常備しませんか?wwwww
本物志向
20060209175711

祇園でホンモノの舞妓さんに遭遇

本日デビューの新人さんだそうです。
挨拶まわりしてますた


カワユス!(着物が)
寒い~
京都に来ています。

超寒い。
寒いというか、痛いです
鼻取れそう


今回は、ちょっと息抜きというか、
まぁぶらぶら散歩でもして、
写真撮る練習でもできたらいいなぁ、と思って
なんとなく来てみた。

あと、
来月はお友だちと来るので、下見も兼ねて♪

いろいろ脳内企画進んでまっせ~
お楽しみに!>旅行参加者


何が食べたいとか
どこに行きたいとか
各自考えておくよーに。
レジェンド・オブ・ゾロ
レジェンド・オブ・ゾロ The Legend of Zorro (2005/アメリカ)
zorro.jpg
同窓会ムービー

監督
マーティン・キャンベル Martin Campbell
脚本
アレックス・カーツマン Alex Kurtzman
ロベルト・オーチー Roberto Orci
出演
アントニオ・バンデラス Antonio Banderas (Zorro/Alejandro)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ Catherine Zeta-Jones (Elena)
ルーファス・シーウェル Rufus Sewell (Armand)
ニック・チンランド Nick Chinlund (Jacob McGivens)
アドリアン・アロンソ Adrian Alonso (Joaquin)
ペドロ・アルメンダリス・Jr Pedro Armendariz,Jr. (Governor Riley)
and more


1998年公開の“マスク・オブ・ゾロ”の続編。

アンソニー・ホプキンスが抜けてB級感たっぷり」
とどこかの批評で書かれていましたけど、
まぁ、昔懐かしい同窓会ムードは否めませんが、役者たちが楽しんで演じている感じが伝わって、それなりに楽しめました^^


【ストーリー】
カリフォルニアがアメリカ合衆国31番目の州になろうとしていた1850年。それは民衆に自由と平和をもたらすことを意味していた。しかし、その是非を問う重要な住民投票を妨害しようとする勢力がいた。そこへ、黒いマスクで素顔を隠した正義のヒーロー、ゾロが登場、民衆の敵を蹴散らし投票の成功を後押しする。彼の正体はデ・ラ・ベガ邸の主、アレハンドロ。妻エレナとは、息子ホアキンのためにゾロを“引退”すると約束していた彼だったが、各地の投票が終わるまではゾロを続けるとエレナに告げる。しかしそれを聞いたエレナは激怒し邸を出てしまうのだった。(allcinemaONLINEより引用)



以下ネタバレ



相変わらず正義の味方ゾロのダンナは健在でした。

ゾロの期待されっぷりと登場のタイミング、活躍の内容と周囲への秘密っぷりは、それはまるで暴れん坊将軍のよう
“絶対負けない安心感”も上様並みです。


始まって10分くらいで、キャサリンの姐御に家を追い出されるゾロ。
姐さんはいつだって強いんだお

一方的に離婚され、姐御は他の男といい関係に。
でもそれは、ゾロの正体をバラさないという約束と引き換えに、スパイ行為をさせられているだけなのでした。


当然のことながら、ゾロは上様なため、妻の危機にも息子の危機にも絶妙なタイミングで登場し、絶対に負けません。
しかも必ずみねうちなのです、上様なので。
上様は殺生がお好きでないのです。

まぁ、そんなこんなで、当然誰も死なず、当たり前にハッピーエンドなのでした。



今回は、息子が成長しているんですね。
マスク・オブ・ゾロのとき、終盤に生まれた息子です。
息子ホアキンは、父がゾロだということを知りません。

ゾロに助けられながらも、知りません。

顔が半分以上出ていても、気付きません。
マスクからまつ毛が溢れていても、気付きません。


敵の手に落ち、息子の前でマスクを剥がされるゾロ。
息子の驚きったらもう、この上なく上様を見る村人のようでした。





まーそれにしても、前作から7年ですから・・・
バンデラスも姐さんも歳を取りまんた



特に、


バンデラスが
banderas.jpg











matuzaki.jpg

松崎しげるに見えて仕方ないのですが・・・



★★☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
THE 有頂天ホテル
THE 有頂天ホテル The Uchouten Hotel (2005/日本)
uchouten1.jpg
画像がないorz

監督・脚本
三谷幸喜 Kouki Mitani
出演
役所広司 Kouji Yakusho (新堂平吉)
松たか子 Takako Matsu (竹本ハナ)
佐藤浩市 Kouichi Sato (武藤田勝利)
香取慎吾 Shingo Katori (只野憲二)
篠原涼子 Ryoko Shinohara (ヨーコ)
戸田恵子 Keiko Toda (矢部登紀子)
生瀬勝久 Katsuhisa Namase (瀬尾高志)
麻生久美子 Kumiko Aso (小原なおみ)
YOU ゆう (桜チェリー)
オダギリジョー Joe Odagiri (右近)
角野卓造 Takuzo Kadono (堀田 衛)
寺島進 Susumi Terajima (ホセ河内)
近藤芳正 Yoshimasa Kondo (板東直正)
川平慈英 Jiei Kabira (丹下)
原田美枝子 Mieko Harada (堀田由美)
唐沢寿明 Toshiaki Karasawa (赤丸寿一)
津川雅彦 Masahiko Tsugawa (板東健治)
伊東四朗 Shiro Ito (総支配人)
西田敏行 Toshiyuki Nishida (徳川膳武)
and more


レビューを書く前に、とりあえずまずは叫ばせてください














右 近



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!




ホテル・アバンティの筆耕係「右近さん」を、イケメンすぎて見てると胃がきゅっとなるオダジョーが好演。

萌えていいのか萎えたらいいのか、微妙すぎる素敵キャラになってわたしのハートを掴んで離してくれません
なんで画像ないんだろ
あの感動を、観てない人にも伝えたいのに。
あの“ちまっ”としたオダジョーを、みんなに知ってもらいたいのに。



ヒント>デコがひろぉぉぉぉぉぉぉぉい





さて。

いわずもがなの有頂天ホテルですが、
どうやら、三谷ファン的には垂涎モノのネタ満載の一本らしいです

あんまり詳しくないので残念。

冒頭、レストランで灰皿を取り皿と間違えて食事してたの、あれココリコの田中ですよね?
それくらいしかわからん。


怒涛の出演者ですが、
それぞれにいろんなエピソードがあって、
いろんな人間関係が交錯していて面白かったです。

いちお、主役は役所&松なのかな?
(わたし的には右近さんですが)
でも、みんなが主役、って感じでした



ネタばらしすると観るときつまんなくなると思うので、あんまり書きません^^
感動したり、見ごたえを感じるような映画じゃないですけど、
笑えるし、気分転換になるんじゃないかなー
終盤の、松が佐藤浩一に放つセリフはちょっと違和感あったけど。
それは違うんじゃないか、松。的な。


でもまー、面白いので、元気を出したいときにでもどうぞ。



ひさびさにYOUの歌声が聴けるお!満足


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。