壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
博士の愛した数式

博士の愛した数式 Hakase no aishita sûshiki (2005/日本) 








ルート先生、髪型変だお

監督・脚本
小泉堯史 Takashi Koizumi
原作
小川洋子 Yoko Ogawa
出演
寺尾聰 Akira Terao (博士)
深津絵里 Eri Fukatsu (杏子)
齋藤隆成 Ryusei Saito (ルート)
吉岡秀隆 Hidetaka Yoshioka (ルート)
浅丘ルリ子 Ruriko Asaoka (未亡人)
and more


なんて日本語の美しい映画だろう、と思いました。
穏やかで深く、心に沁みる一本でした。


てゆーか寺尾聰、ヤバイスゴイ。
ものすごい存在感というか、なんかもういるだけで感動する。
浅丘ルリ子の大物っぷりもゴイス。
役者オーラがせめぎ合っていて、気迫と緊張感のある映画ですた。


交通事故で記憶の障害を持ち、80分しか記憶が続かない博士。
ほんとうにそんな記憶障害があるのかどうかは分かりませんが、
でもなんで80分なんだろう?
数学がテーマになっているので、これにも意味があるのでは・・・
と思いましたが、そんな説明ありませんでした(´∀` )

ご存知の方、教えてください。



博士は、未亡人の元夫の弟。
未亡人と恋に落ちるのですが、それが元夫が死ぬ前なのかあとなのか不明。
でも、兄が死んで留学先から日本に戻ってきたんだから、
未亡人と恋に落ちたのは、兄が死んだあとだおね?
じゃー不倫じゃないからいいじゃん、という気がするのですが、
まぁとにかく、許されない恋だったらしい。
それで、駆け落ちしたのかどうなのか、二人の乗った車が事故にあい、
未亡人は足が不自由に、博士は記憶が不自由になってしまった。

二人の間には子どももいたけど、
堕ろしたのか事故で亡くしたのか、生まれるまえに命を落としているようです。



それから、博士は事故の日から記憶をとめたまま、
昔愛した未亡人のことも忘れ(未亡人は年をとるからね、知らない人になっちゃうの)
未亡人の世話になって生きている。


そこへやってきたのが、家政婦の杏子と、その息子√(ルート)。
なんで√?と思っていたら、


「頭のてっぺんが平らで、形が√みたいだから」


工エエェェ(´д`)ェェエエ工工



ま、「どんな数字でも自分の中にかくまってやる、寛大な記号だから」と付け足していましたが、
それでいいのか、ルートよ。
野球のユニフォームの背番号も「√」だし、
ほんとうにそれでいいのか、√よ。



博士にとって子どもは、素数と同じくらい愛すべきもの。
√の存在のおかげで、博士の住む家には笑いが絶えなくなります。



そんな様子を見て、嫉妬にキリキリとハンケチを噛むルリ子(噛んでません)
一方的に杏子を解雇しますが、
博士とルートと杏子には、もう切り離せない絆が。


4人での話し合いの中で、博士が昔、未亡人に送った公式が引き合いに出されます。


eiπ + 1 = 0



オイラーの公式は、
『全く起源の異なる重要な2定数、円周率(π)とネイピア数(e)が、 極めて基本的な数、0, 1, i によって結びついている非常に重要な等式である』 (ウィキペ引用)

つまり、『予想外の調和・連関』をあらわしており、
これは博士と家政婦と√(ルート)、そして未亡人とがそれぞれ、予想外に調和し合い、0=つまり無を得ることができた、ということでしょうか。
√(ルート)の存在が、+1ってことかなと思ったのですが、正しいですか?

原作読んだ方、教えてください。


惜しかったのが、
博士が自分の記憶障害に苦悩するシーンが少なかったこと、
80分しかもたないわりに、意外と普通に生活できていること、
杏子の内面があまり詳しく描かれなかったこと、等。
(↑深津がルリ子に負けてただけかもしんない^^;)


これは、本で読む方が感動するかもしれないなぁと思いました。
なので、読んでみます♪


★★★★☆




人気blogランキング』参加中。 ↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑

スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。