壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
プロデューサーズ
プロデューサーズ The Producers (2005/アメリカ)
producers.jpg
Heil Myself ~

監督
スーザン・ストローマン Susan Stroman
脚本
メル・ブルックス Mel Brooks
トーマス・ミーハン Thomas Meehan
出演
ネイサン・レイン Nathan Lane (Max Bialystock)
マシュー・ブロデリック Matthew Broderick (Leo Bloom)
ユマ・サーマン Uma Thurman (Ulla)
ウィル・フェレル Will Ferrell (Franz Liebkind)
ロジャー・バート Roger Bart (Carmen Ghia)
ゲイリー・ビーチ Gary Beach (Roger DeBris)
アンドレア・マーティン Andrea Martin (Kiss Me-Feel Me)
デブラ・モンク Debra Monk (Lick Me-Bite Me)
and more


トニー賞12部門を受賞したブロードウェイ・ミュージカルの映画化。
マイミクのツネさんに試写会のチケットを譲っていただいて、一足お先に鑑賞して参りました^^


【ストーリー】
1959年N.Y.、かつての大物プロデューサー・マックスと、
プロデューサーになる夢を捨てきれないしがない会計士のレオが、
<出資者から金を集める→ショウがコケる→出資者に配当を払わなくてすむ→プロデューサーが儲かる>というショウ・ビズの裏カラクリを実現するため、史上最低のミュージカルをつくります。
しかし、最低の台本、最低の演出家、最低の役者を揃えたはずが、何故か舞台は大ヒット。
粉飾決済がバレたふたりはやがて・・・・・・

324021view001.jpg

けっこうシモネタが多いですが、とにかく笑えます!
134分と割と長めですが、
ずっとテンション高めでスピード感があって、ほんとに舞台観てるみたい。

良い気分転換になると思います。
絶対楽しい。オススメ。

ラストまでネタ満載なので、エンドロールもしっかり観てくださいね☆



以下ネタバレ




主役陣は、ユマとウィル・フェレル以外は舞台のオリジナル・キャストだそうです。

ぶっちゃけ、なぜユマ?と思ったのですが、
デカくてものすごいスタイルが良く、女神オーラの出まくっている彼女を観て納得しまんた。


迫 力 が あ る


324021view012.jpg

映画業界で名が知れてて、
デカくてパワフルでオーラがあるといえば彼女ですもんね☆

でも、「映画ではもう脱がない」宣言があったりで、割とお堅いイメージだったのですが、
笑顔で『ご開帳ソング』を歌い踊りまくっていてちょっと驚きました。
カワイイし。




全編通してかなり笑えますが、


ウーラのオーディションを観て、
思わず「下半身がスタンディング・オベイション」するところと、

「この、湧き上がり突き上げてくるような気持ちは何・・・!?(うろ覚え)」
「勃起だよ」の会話、

HEIL MYSELF(自分万歳)ソング、
サンバのリズムとともにものすごいテンションで踊り出すマジメそうな陪審員のおじいさん、
“amazon.com”が特に笑えましたwww




あとはやっぱり、「史上最低の演出家とその仲間たち」ですかね・・・↓
324021view005.jpg


工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 !?


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。