壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
雨の世界遺産
普段あれだけ「自分は晴れ女だ」と豪語しているわたしが来ましたよ。



吉 野 の 山 は 雨 で し た


初めての吉野山だったのに。・゚・(ノД`)・゚・。
しかもあんまり桜咲いてないし・・・
(4/10現在、下:7分・中:3分~5分・上:咲き始め・奥:まだ)


吉野山は、山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」として2004年に世界遺産登録されました。

――紀伊半島の自然とそこに根付いた「霊場」や「参詣道」とそれを取り囲む「文化的景観」が中心となっていることが特色です。紀伊山地は神話の時代より神々が宿る場所として崇拝されてきた山々ですが、新しく渡来した仏教の影響の下、宇宙や自然にひそむ神秘的な力を身につけるための山岳修行の舞台となり、その結果、修験道の「吉野・大峯」、神仏習合の「熊野三山」、密教の「高野山」というように、それぞれの内容や起源を異にする3つの「霊場」とそれを結ぶ参詣道が生まれ、日本における宗教・文化の発展と交流に大きな影響を及ぼしました。このような紀伊半島の自然とそこに根付いた「霊場」や「参詣道」とそれを取り囲む「文化的景観」が中心となる遺産は、日本では唯一、世界でも稀有の資産として価値の高いものと言われています。――
(奈良県吉野町役場 公式ホームページより引用)



そんな神の宿る山ですが、
上の方がすごい勾配&健脚じゃないと歩けない山道(※バスあり)で、
さらにまだ上の方は桜が咲いていないこともあって、
下千本・中千本あたりは人がごった返していましたし、
上千本もちらほら人がおりましたが、
奥千本はほとんど人もおらず、ほんとうに神々しく神聖な場所だなぁと思いまんた


雨で煙って、山全体が雲の中だったこともあって、
日本昔話のような景観になっとりました。
IMG_0997.jpg


肝心の桜はというと、上から観るとこんな感じ↓
IMG_1000.jpg
中央やや下あたりの薄ピンクが桜ね。

これは上千本から中・下千本を見下ろしているのですが、
まぁ満開になって視界が晴れればもっとキレイだとは思うのですが、一面が桜ではないみたい。

それより、この写真を撮った場所が、まだ咲き始めでしたが、
満開になったら多分ヤバイ。
山肌が見渡す限り桜で埋め尽くされていて、
晴れた日に山を下りながら、視界が開けた途端にその桜たちがいっせいに飛び込んできたら、多分泣きます。
次は晴れた、満開の日に来よう。
今「こよう」って打ったら「雇用」って出てへこんだけど、
頑張って休みをとって来よう。


山寺はどれも質素で静寂が漂っていて、
修行山だってこともあるとは思いますが、
京都の豪華絢爛なイメージとは違う、古都奈良の古き良き趣きが堪能できました。
わたしはもしかしたら、京都より奈良の方が好きかも・・・
いつかゆっくり観光したいです。




つーか雨(´Α`)ウゼェ
寒いし。

んでも、歩き疲れて入ったお食事処の、
山で採れた蕨のお吸い物が美味で癒されました^^
IMG_1005.jpg

桜入り♡


あと、吉野葛( ゚Д゚)ウマー
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。