壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
パーフェクト・ブルー

宮部みゆき 著


宮部氏の長編デビュー作。

読みやすい小説を書くのは昔からみたい。
14年前の作品だけど、古さを感じさせない宮部節。


人間の言葉が分かって、漢字まで読める元警察犬が主人公。
野球部のエースがガソリンをかけられて焼かれる、というショッキングな事件を追ううちに、物語は意外な方向へ。

事件の全容はちょっと安直だけど、ま、読みやすいからいっか。
スポンサーサイト
クリスピー物語

鈴木光司 他


ネスレ クリスピー物語 文庫本パック

「リング」「らせん」シリーズの鈴木光司他、計6名の作家による短編集。
なかなか面白かったです。


森山東 著の「チョウになる日」がお気に入り。
レイクサイド

東野圭吾 著


複雑な何本もの線が、ひとつに繋がっていく過程。
この人の描写は相変わらず良い。

短いので物足りなさが残るけど。


主人公が想像した結末を、途中でわたしも想像してぞっとした。
でもはっきり描かなかったのが、良かったのか悪かったのか。
ラストの温い感じで、エグさが増したと思う。
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。