壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ナイロビの蜂
ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER (2005/イギリス)

切なすぎる・・・

監督
フェルナンド・メイレレス Fernando Meirelles
原作
ジョン・ル・カレ John Le Carre  『ナイロビの蜂』
脚本
ジェフリー・ケイン Jeffrey Caine
出演
レイフ・ファインズ Ralph Fiennes (Justin Quayle)
レイチェル・ワイズ Rachel Weisz (Tessa Quayle)
ユベール・クンデ Hubert Kounde (Arnold Bluhm)
ダニー・ヒューストン Danny Huston (Sandy Woodrow)
ビル・ナイ Bill Nighy (Sir Bernard Pellegrin)
ピート・ポスルスウェイト Pete Postlethwaite (Dr. Brandt)
and more


上演開始直後は、
レイフ・ファインズ相変わらずのイケメンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
と心の中で叫んだり、
ていうか弟と似てないよなぁ、どちらかというとケビン・コスナー似よね、とつぶやいてみたり、
ジャスティンとテッサの、知り合ってからベッド・インするまでの速さなどに突っ込んだりしていましたが、
ものすごく、ものすごぉぉぉく切なくて、心に沁みるお話でした。

テーマそのものも考えさせられるものだし。


【ストーリー】
アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見ない振りを決め込んでいた。ところがそんなある日、テッサは救援活動中に何者かに殺されてしまう。警察はよくある殺人事件の一つとして処理しようとしていた。しかし、事件に不審なものを感じたジャスティンは、意を決して自ら事件の調査に乗り出した。(allcinemaONLINEより引用)



以下ネタバレ



アフリカで、スラムに住む貧困者の救済活動を行っているテッサ。
医師のアーノルドと一緒に各地を回り、衛生指導などを行っています。

その活動の中で、
アフリカの“安い”命を使った、製薬会社が行う新薬の人体実験の事実に行き着いたテッサ。
強い副作用があり、そのせいで命を落とすものがたくさんいるのに、
見て見ぬふりをし、実験される当人たちは何も知らされていない。

新薬の利益しか頭にない製薬会社。
スラム住人の命を軽んじる、治験会社。
医療もきちんと受けさせないケニア政府。 

それらに搾取され、何も知らずに死んで行く人々を救おうと、
人体実験の実態を調査し実験の中止を訴えたテッサは、
目先の利益を欲する人、自分の立場を守りたい人たちの、少しずつの裏切りによって殺されてしまいます。



「事実を知らせて巻き込みたくない」
テッサの思いから、本当に何も知らなかった夫のジャスティン。
妻の死をきっかけに、それまできちんと向き合わなかったテッサの活動や、彼女そのものを探す旅に出ます。

お互いを尊重する、という名目で、少しずつすれ違っていた二人。
しかし、真相を求めるうちに、
ジャスティンに対するテッサの深い愛が露わになっていきます。

事件の真相とともに、テッサの真実の愛に行き着くジャスティン。
しかし、行き着いたことで、テッサと同じように殺されてしまいます。




「援助を求める人々は大勢いる、だから誰かだけを特別に助けてやることはできない」

これは、ジャスティンがテッサに言ったセリフです。
今目の前にいるこの子どもだけでも、ここで手を差し伸べれば、たった一人でも助けてやれるのに、
でも、助けを求めているのはこの一人だけじゃない。
全員を助けてやることは出来ない。
だから、たった一人でも生半可に手を出すべきじゃない。


しかし、テッサの真実を追い求める旅の中で、
ジャスティンは、テッサと同じセリフを口にします。
「この子だけでも、今助けてやれるのに」

そして、自分が過去にテッサに言った、同じセリフを使って他人にたしなめられます。


そこで初めて、ジャスティンはテッサのその時の気持ちや、
突き動かされる感情に気付いたのではないでしょうか。
そして、はじめて、二人の気持ちがリンクした場面でもある。

これはわたしの感想ですが、
この直後に、自ら進んで冷静に死を受け入れたジャスティンを見て、
きっと、この瞬間に、これまでの様々なことを納得したんだろうな、と思いました。



そして、ジャスティンを援助したテッサの従兄弟の告発により、
二人の死後、世間にその事実が明かされます。


真相解明の代償に、得たものと失ったものの大きさに震えました。
二人の愛と、二人の死。

打ちのめされました。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
ダ・ヴィンチ・コード
ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code (2006/アメリカ)

なんのための映画化?

監督
ロン・ハワード Ron Howard
原作
ダン・ブラウン Dan Brown  『ダ・ヴィンチ・コード
脚本
アキヴァ・ゴールズマン Akiva Goldsman
出演
トム・ハンクス Tom Hanks (Robert Langdon)
オドレイ・トトゥ Audrey Tautou (Sophie Neveu)
イアン・マッケラン Ian McKellen (Sir Leigh Teabing)
アルフレッド・モリナ Alfred Molina (Bishop Aringarosa)
ジャン・レノ Jean Reno (Captain Fache)
ポール・ベタニー Paul Bettany (Silas)
ユルゲン・プロフノウ Jurgen Prochnow (André Vernet)
エチエンヌ・シコ Etienne Chicot (Lt. Collet)
ジャン=ピエール・マリエール Jean-Pierre Marielle (Jacques Sauniere)
and more


【ストーリー】
ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起きた。ソニエールの遺体はダ・ヴィンチの有名なスケッチ「ウィトルウィウス的人間」図に模され、そして周囲には謎の暗号が残されていた。
フランス司法警察のファーシュ警部は、講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドンに協力を依頼、事件現場に呼び出す。宗教象徴学の権威であるラングドンはさっそく暗号の解読を始めるが、この時警部はラングドン自身をこそ疑っていた。
そこへ、暗号解読官ソフィー・ヌヴーが現われる。ソフィーは残された暗号から、ソニエールが事件の解決にソフィーとラングドンを指名していることを確信。容疑者として見張られている事実をラングドンに伝え、そしてファーシュ警部から逃れて事件解決に乗り出す。(allcinemaONLINEより一部引用)



原作の忠実なる映画化、この一言に尽きる。


良くも悪くも、“超”がつくくらい忠実で、
良く言えば、原作ファンを裏切らない、
悪く言えば、面白味がない。

ただ、最初から「観客が原作を読んでいることを前提に」つくられているので、細かい設定とかはけっこう端折られている。
原作読んでない人には「?」ってところが何箇所もあるかも。
読んでる人には何もない。
あ、ラングドンが瞬間記憶能力者って設定になってたか。
でもそれくらい。

文字を追いながら想像した景色や人物の距離感、天候や街の色などが、そのままに映像化されていた。
「なんか観たことあるなぁこの景色」と感じるくらい。

ミステリーとしては原作の時点で二流以下、
さらにそれをそのまま映像化しただけ。
面白いわけがない。
原作をどう面白くするか、期待してたのに。


この映画、というかお話は、
発想と設定を楽しむためのものだと思う。
シオン修道会の謎、
テンプル騎士団の財宝、
聖杯の秘密、
キリストにまつわる、隠されたもう一つの歴史。
『キリストには妻子がいてそして現代にその末裔がいる』という発想を、それに関係する色んな作り話を交えながら、その妄想ストーリーを楽しむものである。
それ以上のものはなにもない。

だから、この映画に一部のキリスト教関係者が反発している、という事実はナンセンスよね。
それも広報活動の一環かしら。



この映画で唯一良かったのは、シラス役のポール・ベタニー。
やばいくらいの存在感と演技力で、出演陣の中でも抜きん出て光っていました。
ストーリーの中でもかなり重要な役どころなので配役気になってたんですが、文句なしです。


【まとめ】
プレス試写で失笑が起きたことも、
原作ファンが絶賛したのも、どちらも納得の出来、ということで。


★★☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。