壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
シークレット・ウインドウ
シークレット・ウインドウ Secret Window (2004/アメリカ)

ジョニデさん、素敵!

監督・脚本
デヴィッド・コープ David Koepp
原作
スティーヴン・キング Stephen King  『秘密の窓、秘密の庭』(文春文庫刊『ランゴリアーズ』所収)
出演
ジョニー・デップ Johnny Depp (Mort Rainey)
ジョン・タートゥーロ John Turturro (John Shooter)
マリア・ベロ Maria Bello (Amy Rainey)
ティモシー・ハットン Timothy Hutton (Ted Milner)
チャールズ・ダットン Charles Dutton (Ken Karsch)
レン・キャリオー Len Cariou (Sheriff Dave Newsome)
and more


『原作スティーヴン・キング』ってだけで怖い気がする・・・
グリーン・マイルとかショーシャンクとかの感動モノも書いてるはずなんだけど、ホラーのイメージが強い気がしませんか?

と、いうわけで、
「絶対、怖いだろう」という過剰な期待のもと、ビクビクしながら観ますた。


【ストーリー】
静かな湖畔の別荘に住む小説家のモート・レイニーは、思うように小説が書けずスランプに陥っていた。
ある日そこへ、「自分の作品を盗作した」と訴える謎の男が現れる。その男の要求は、「結末を書き直して出版し直すこと」。不気味な訴えに耳を貸そうとしないモートだったが、シューターと名乗るその男のストーカー行為は徐々にエスカレートしていく。



ていうか、やっぱ怖いわ_| ̄|○


何を書いてもネタバレになってしまうので書きようがありません。
ネタバレしちゃうと観るとき面白くないし・・・

つか、ネタばらししちゃうと大したことないんですょ。

でも、単純なストーリーなはずなのに、
結末に至る過程とか、シューターの行動とか、なんかもうすべてが恐ろしい・・・

脚本的には、割と早めに結末が読める感じなんですけど。
それでも怖いのはやはり、原作そのものがよく出来てるのでしょう。



ここからネタバレ(反転)


ジョニデさんが二重人格だった、ってだけの話なんですけどね。
モート・レイニーには出来ないけどしてやりたいこと(妻を殺す内容の小説を書くとか、家に火を付けるとか、妻とその浮気相手を殺すとか)を、
自ら作り上げた第2人格のシューターにやらせていた、というだけのこと。


それだけなのに、なぜこんなに怖いのか_| ̄|○


多分、第2人格が第1人格を乗っ取ろうとする、ってとこでしょうかねぇ。
ハイド・アンド・シークでも、デニーロさんが第2人格に乗っ取られる瞬間、全身にトリハダ立ちましたからね。


Shooter
Shooter
Shooter
Shoother

“SHOOT HER(彼女を撃て)”


ここが一番怖かった~(´ρ`;)


そんな怨念を隠して、ペンネームにあらわすなんて・・・
こえぇ_| ̄|○

「ペンネームを使って自分を隠すなんてね」
っていう家政婦のセリフがフラッシュバックして余計(((( ;゜Д゜)))ガクブルしますた





ちなみに、一緒に観た人は「ぜんっぜん怖くないけど・・・」と言ってました。
わたしがこれ系の話に弱いだけかも・・・?


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。