壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
インサイド・マン
インサイド・マン Inside Man (2006/アメリカ)

クライヴさん、顔出しすぎ。

監督
スパイク・リー Spike Lee
脚本
ラッセル・ゲワーツ Russell Gewirtz
出演
デンゼル・ワシントン Denzel Washington (Detective Keith Frazier)
クライヴ・オーウェン Clive Owen (Dalton Russell)
ジョディ・フォスター Jodie Foster (Madeline White)
ウィレム・デフォー Willem Dafoe (Captain John Darius)
キウェテル・イジョフォー Chiwetel Ejiofor (Detective Bill Mitchell)
クリストファー・プラマー Christopher Plummer (Arthur Case)
and more


【ストーリー】
“狡猾な男”ダルトンが、白昼のマンハッタン信託銀行を襲撃し、従業員と客を人質に立てこもった。これを受け、NY市警の交渉人フレイジャーが現場へ出向く。しかし、用意周到な犯人を前に、膠着状態が続いていた。
そこへ、銀行の創設者アーサー・ケイスに個人的に雇われた敏腕女弁護士マデリーンが現れる。「警察に言えない」密命を遂行するマデリーン。
彼女の目的は何なのか?アーサーの秘密とは?そして、ダルトンの真の目的は?
すべてが謎に包まれたまま、事件は急展開を迎える。



公開前なので、ネタバレは反転してます♪
安心してお読みください~^^



それぞれが、相手の様々な立場と状況を利用して自らのために利益を得ようとする、緊迫した心理操作の応酬。

一言でいうとそんな映画だった。


強盗の手口、逃げ方、秘められた過去。
それらは特に、真新しくも珍しくもない。

しかし、その「見飽きた」展開を興味深く見せるのは、
事件解決の段階や手口の探求、事件の真相や事実を暴くことではなく、
これらに関わる人々の、動機や心情にあてた視点のおかげだろうと思う。

そのおかげで、やや単調な展開ながらも、
中だるみすることもなく楽しめた。


欲を言うなら、もっと観客の目を欺けるよう複雑に、事態をさらに混乱させた方が良かったのでは。
ネタバレここから→
人質のシャッフルとか。もっとやってれば、さらに犯人が分からなくなって混乱できたかも。

あと、ダルトンはあんなに顔を出すべきではない。
匿名性が、強盗の成功のカギなのだから。
(ま、これはクライヴ本人からの「もっと顔出せ」抗議が原因だからなんともいえないが。)

←ここまで



逆に、もうちょっとシンプルに分かりやすくして欲しかったのが、
ネタバレここから→
指輪の件のラストシーン。
ダルトンはユダヤ人だったの?
彼をここまでさせた動機がはっきりしない。

ダイアを盗んだり、アーサーを強請って金銭を得る他に、
彼は「真相の解明と公表」を望んだ。
むしろ後者がメインなのでは、と感じたけど、
何故彼がそこまでするのか分からなくてすっきりしない。

←ここまで




この脚本家、本作が映画処女作だそう。
断然、これからに期待!


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。