壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
明日の記憶
明日の記憶 Ashita no Kioku (2005/日本)

謙さん・・・!

監督
堤幸彦 Tsutsumi Yukihiko
原作
荻原浩  『明日の記憶』(光文社刊)
脚本
砂本量 Hakaru Sunamoto
出演
渡辺謙 Ken Watanabe (佐伯雅行)
樋口可南子 Kanako Higuchi (佐伯枝実子)
吹石一恵 Kazue Fukiishi (佐伯梨恵)
坂口憲二 Kenji Sakaguti (伊東直也)
香川照之 Teruyuki Kagawa (河村篤志)
大滝秀治 Hideji Ohtaki (菅原卯三郎)
田辺誠一 Seiichi Tanabe
水川あさみ Asami Mizukawa (生野啓子)
袴田吉彦 Yoshihiko Hakamada
及川光博 Mitsuhiro Oikawa (吉田武宏)
遠藤憲一 Kenichi Endo
木梨憲武 Noritake Kinashi (木崎茂之)
渡辺えり子 Eriko Watanabe (浜野喜美子)
and more


「泣かそうとしている」のが見え見えな設定、展開、結末。

だのに、号泣だたーよ・・・!
泣きつかれて、頭痛がするくらい泣いた。


【ストーリー】
広告代理店に勤める佐伯は49歳。立て込んだ仕事の疲れからか、頭痛やめまいが頻繁に起こるようになり、次第に物忘れが多くなった。不安になった妻とともに訪れた病院で、佐伯は信じられないような告知を受ける。
「若年性アルツハイマー病」
治療薬のない、記憶をなくしていくこの病気に、激しく動揺する佐伯。しかし、この現実を静かに受け止めた妻とともに、少しずつ病気と向き合い、闘おうとする。



この題材だと、忘れられていく悲しさとか、介護の大変さとか、そういうことが描かれがちな気がしますが、
健常者側ではなく、当事者本人にスポットを当てた作品です。

病気になることで本人がどんな苦痛を受けるのか、
どれだけ怖いのか、どれだけ不安なのか、
どれほど悲しく、やり切れない気持ちになるのか。
大事なことや愛した人を忘れていく自分を知りながら、
昨日まで出来た些細な日常生活が、ある日突然出来なくなる自分を知りながら、それを止める術のない者の痛み。
そして、それを受け止め、支え、励ます家族の辛さ。

そういうことを、苦しいくらい見せ付ける映画です。



この、「自覚しているのに忘れてしまう」症状って、
想像がつかないくらい恐ろしいことだと思いませんか。

恐ろしくて情けなくて、でもどうしようもできない。

淡々と過ごしているようで、主人公はきっと一時も休むことなく悩み、傷付き続けたんだと思います。
ふとした拍子に、その不安と恐怖に負けてパニックになる佐伯の姿が、あまりにも痛々しくて胃が痛くなりました。


ネタバレ→

「こんな男でごめんなさい」
そういって泣き叫ぶシーンが壮絶すぎました。

そしてそんな夫をみて、
決して泣かないと決めていたのに、たまらず泣き出す妻。
妻が心情を吐露できる場所はあったのかと心配になりました。
なさそうだったので。


←ココマデ


こんな内容ですから、ラストは想像に容易いと思いますが、
あまりにも切なくて重たくて、あんまり泣けませんでした。
辛すぎる。



そして、渡辺謙がすごい。
多分、相当勉強したんじゃないかなー
かなり迫真の演技でした。
後半の演技を「みせる」ための、前半の演技がちょっとわざとらしい感じもしましたが。


全体的にやや“美化しすぎ”なところは否めませんが、
でも、美しい映画でしたから、いいんじゃないでしょうか。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。