壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
バッド・エデュケーション
バッド・エデュケーション LA MALA EDUCACION/BAD EDUCATION (2004/スペイン)

趣味丸出し

監督・脚本
ペドロ・アルモドバル Pedro Almodovar
出演
ガエル・ガルシア・ベルナル Gael Garcia Bernal (Ángel/Juan/Zahara)
フェレ・マルティネス Fele Martinez (Enrique Goded)
ハビエル・カマラ Javier Camara (Paca/Paquito)
ルイス・オマール Lluis Homar (Sr. Manuel Berenguer)
ダニエル・ヒメネス・カチョ Daniel Gimenez Cacho (Padre Manolo)
ナチョ・ペレス Nacho Perez (Ignacio)
ラウル・ガルシア・フォルネイロ Raul Garcia Forneiro (Enrique)
and more


【ストーリー】
1980年、スペインのマドリード。新進映画監督のエンリケは、若くしてすでに成功を収めていた。そんな彼のもとにある日、少年時代の親友イグナシオが脚本を手に突然訪ねてくる。神学校寄宿舎では強い愛で結ばれていた2人だったが、イグナシオの変貌ぶりに戸惑い、疑念を感じてしまうエンリケ。一方で彼は、差し出された脚本の内容に惹き込まれていく。そこには少年時代の彼らの一途で純粋な愛と、それを引き裂く悲劇が綴られていた。2人はその脚本を基に自伝的な映画の撮影を始める。しかしその後、エンリケはイグナシオの大いなる秘密を知ることになるのだった。(allcimemaONLINEより引用)



この監督の映画は理解できない・・・_| ̄|○


偉そうに語れるほどは観てないけど、
トーク・トゥ・ハー』も『オール・アバウト・マイ・マザー』も、

「だからなに?」

という以上の感想が出なかった。
どんな映画だったかも忘れちゃったお。
死ぬまでにしたい10のこと』も、まったく泣けなかったし。

共感できない。
この監督に出てくる人物って、わたしにとっては
「気持ち悪い」領域の人たちな気がする。


なんていうか、人間の心の危うさとか、危うさの裏にある美しさとか、
そういう類のことを描いてる・・・・の・・・か・・・・?(分かってない)
と、思いはするんだけど、

まったく美しいと思えないし、
むしろキモス
後味も悪いしさー。


この監督の芸術が分からない田舎モノと呼ばれるなら、それでいいです。
アテクシには理解できません。


★☆☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。