壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ハウルの動く城
ハウルの動く城 Howl's Moving Castle (2004/日本)

荒地の魔女が美輪さんに見える件

監督・脚本
宮崎駿 Hayao Miyazaki
原作
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ Diana Wynne Jones 『魔法使いハウルと火の悪魔』
声の出演
倍賞千恵子 Chieko Baisho (ソフィー)
木村拓哉 Takuya Kimura (ハウル)
美輪明宏 Akihiro Miwa (荒地の魔女)
我修院達也 Tatsuya Gashuin (カルシファー)
神木隆之介 Ryunosuke Kamiki (マルクル)
伊崎充則 Mitsunori Isaki (小姓)
大泉洋 You Ohizumi (かかしのカブ)
大塚明夫 Akio Ohtsuka (国王)
原田大二郎 Daijiro Harada (ヒン)
加藤治子 Haruko Kato (サリマン)
and more


キムタクが嫌いで観てなかったんですが、
けっこう面白いじゃないか。
倍賞千恵子がかなり巧いし。

マルクルかわえぇ~(*´д`*)
ヒゲマントたまらん。
あと、おばあちゃんwwwカワユスwwwww

ハウル格好良いけど、中の人がなぁ~・・・
これは、キムタクじゃない声で観たら、かなりいいかも知らんね。
海外吹き替えを字幕で観てみようかな(フランス語とかで)


(´-`).。oO<フランス語のハウル・・・・・・・




・・・・・・・・(゚∀゚)イイ!!



てゆーか、
ソフィーが若く戻ったりおばあちゃんになったり、
ころころ変わる意味がわからん。
恋をすると若返るの??
ていうかもしかして、徐々に若返ってたの?

と思ってwikiってみたら、
だいぶ原作と違うらしいね。
原作には戦争要素はないらしい。
まるで違う話じゃね?

wikiでは、
『作中ソフィーがハウルとありのままに過ごす時だけ、元の少女に戻るなど不明な点が多いが、 これは鑑賞者に投げかけたメッセージの一つだろう。』
とあるけど、
最近のジブリはメッセージ性が強すぎて鼻につくおね・・・

なんていうか、宮崎駿が自分の影響力の強さを大いに自覚した上で、
その力を誇示してる感じが作品に表れている気がするの。
昔からメッセージ性の強い作品が多いけど、
最近はそれを観客に押し付けてる気がする。
だから最近のジブリは好きじゃない。
もののけ辺りから、観ていて白けることが多い気がします。


でもゲド戦記も観るけど。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。