壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ゲド戦記
ゲド戦記 Tales From Earthsea (2006/日本)

アレンが岡田君に見える件

監督・脚本
宮崎吾朗 Goro Miyazaki
原作
アーシュラ・K・ル=グウィン Ursula K. Le Guin 『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊)
声の出演
岡田准一 Junichi Okada (アレン)
手嶌葵 Aoi Teshima (テルー)
菅原文太 Bunta Sugawara (ゲド)
風吹ジュン Jun Fubuki (テナー)
田中裕子 Yûko Tanaka (クモ)
小林薫 Kaoru Kobayashi (国王)
夏川結衣 Yui Natsukawa (王妃)
香川照之 Teruyuki Kagawa (ウサギ)
倍賞美津子 Mitsuko Baisho (女主人)
and more


【ストーリー】
多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それに呼応して、世界ではさまざまな異変が起こり始める。世界の均衡が崩れつつあるのだった。偉大な魔法使い、大賢人ゲドは、災いの源を探る旅に出る。やがて彼は、心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレンと出会う。影におびえるアレンを伴い、旅を続けるゲドは、ホート・タウンの街はずれにある幼なじみテナーの家に身を寄せる。そこには親に捨てられた少女テルーも住んでいた。彼女は、自暴自棄になっているアレンを激しく嫌悪する…。(allcinemaONLINEより引用)


原作はかなり有名な作品ですが、わたし読んだことなくて_| ̄|○


このお話の、世界設定がよく分かりませんでした。
特に、冒頭から出てくる竜の存在意義が分からなくて、
大筋でこの話を理解してない気がする_| ̄|     、., ⌒ 、., ⌒ ○

どれくらい理解していないかと言うと、

ここからネタバレ→
竜が共食いをした理由は?
殺してしまうほどの、アレンと王との親子の確執の原因は?
クモとゲドの関係は?過去に何があったの?
テルーは竜なの?
てことは、竜は不老不死なの?
テルーが竜だとしたら、なぜ竜が人の姿をしているの?
テルーの存在が示す意味ってなに?

←ネタバレここまで


まぁなんていうか、 原 作 読 め よ って感じですよね(´∀` )


すみません、読んできます ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ



アニメを楽しむ、という点では、今ひとつな気がしました。
話が重いからなのか監督の違いなのか分かりませんが、
キャラが立ってない。
キャラに自由さがない。
キャラが楽しんでない。

最近TVでハウルを観たばかりだからかもしれないけど、
その違いを大きく感じました。

昔のジブリを観ている感じ。
アニメーションがのっぺりしているのは、相変わらずのジブリ節でもう慣れましたけど、
なんつーか、動きが野暮ったいというか・・・(偉そう

全体的には 普 通 という以外ない感じの普通さです。
あまり子ども向けではないかなー。
わりと魔女も怖いし。
怖さの質が大人だし。


あとね、吾朗監督は、ラピュタが好きなんじゃないかと思う。
ラピュタで観たっぽい動きやシーンが多かった気がする。
「ん?なんか今のどっかで観たことない?」的な。
懐かしい感じもしたりするほど。

帰って久しぶりにラピュタ観ようかなぁ、と思わせるような・・・


( ゚д゚)ハッ!

ジブリの思う壺!?


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。