壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
12人のパパ
12人のパパ Cheaper by the Dozen (2003/アメリカ)

アメリカではこういうのがウケるのかしら?

監督
ショーン・レヴィ Shawn Levy
脚本
サム・ハーパー Sam Harper
ジョエル・コーヘン Joel Cohen
アレック・ソコロウ Alec Sokolow
出演
スティーヴ・マーティン Steve Martin (Tom Baker)
ボニー・ハント Bonnie Hunt (Kate Baker)
パイパー・ペラーボ Piper Perabo (Nora Baker)
トム・ウェリング Tom Welling (Charlie Baker)
ヒラリー・ダフ Hilary Duff (Lorraine Baker)
アシュトン・クッチャー Ashton Kutcher (Hank)
ジャレッド・パダレッキ Jared Padalecki (Bully)
and more


【ストーリー】
アメリカ、イリノイ州の田舎町。大学フットボールチームの監督を務めるトムの一家には12人の子供がいた。そのため家庭内はいつも賑やか。そんなある日、トムは都市部の大学フットボールコーチの依頼を受け、家族ごとシカゴへ引っ越すことに。だがその直後、妻のケイトも自著の出版が決まり、ニューヨークへ旅立ってしまう。こうして、1人で家の切り盛りをするハメになるトム。案の定、子供たちの暴走を止められるはずもなく、一家は崩壊の危機に見舞われる。(aiicinemaONLINE)


12人もいて、何故親だけが子育てをしてるんだ。


というのが感想。

1番上は22歳、その下だって高校生が2人もいるんだから、
下の子たちの面倒みたり、世話したっていいじゃない。
なんで当たり前の顔して子どもしてんの?
って思った。
手伝え、親を。

親は親である責任を果たす義務があるし、
子育てを放棄するのは良くないけど、
物理的に無理なんだから(それを言ったら設定から無r
助け合ってこそ家族なんじゃないの?

何も協力しないで、
「親としての責任果たせ!」
とのたまうのはあまりにもワガママ。
観ていてイライラしました。
下の子たちはしつけがなってないし。
次女のヒラリー・ダフが可愛いので、うっかり許してしまいそうですが。


それに、
世界で一番パパが好き!
を観たときも思ったんだけど、
親だからって、子どものせいで夢を諦めなきゃいけないなんてちょっと納得いかない。
繰り返すけど、育児放棄してまで夢を追いかけるのはどうかと思うよ。
でもここん家は、家族が協力しさえすれば可能なはず。

なのに何故、1ミクロンも協力しようとしないんだ(苛


子ども嫌い!とは思わないけど、
こういうベタベタなアメリカン・ファミリー・コメディを観ると、
なんか気持ちが萎えるわ。


あー。
また1歩、少子化を促進させたな( ´ー`)y―┛~~



話題を変えよう。


えーと、けっこう豪華出演陣です。

アンクレジットですが、アシュトン・クッチャーが(・∀・)イイ!!
んもーこの人、バカなイケメンを演らせたらハリウッドNO.1じゃなかろうか。
愛しいほどのバカっぷり(´∀` )
最高です。

末っ子の双子ちゃんには、
『デスパレート・ハウス・ワイヴス』でも活躍してる男の子たち。
デスパ妻でも、ADHDを疑われてるような役どころでしたけど、
今回もかなりやんちゃ( ゚Д゚)
可愛いんだけど・・・可愛いんだけど、
実際子育てしたらかなり大変だと思うw

あと、ジャレッド・パダレッキは、
今とってもHOTな若手美形俳優らしいので、みんなチェキっときましょう。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
アメリ
アメリ LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN (2001/フランス)

妄想乙。

監督・脚本
ジャン=ピエール・ジュネ Jean-Pierre Jeunet
出演
オドレイ・トトゥ Audrey Tautou (Amélie Poulain)
マチュー・カソヴィッツ Mathieu Kassovitz (Nino Quincampoix)
and more


公開当時、あまりの人気にブームを巻き起こしたアメリ。
映画館にこそ行きませんでしたが、
DVDを新作レンタルして、


あまりのつまらなさに、 早 送 り で 観ました(´∀` )


どこが・・・どこが面白いの!?
ただの妄想女の、ストーカー話じゃん。
キモイし長いし飽きるし、色んな意味でありえない・・・・・・・・・


と思ってから早5年。

少し大人になって、
心もまぁるく、優しくなって、
もしかしたらこの映画を楽しめる人になってるかもしれない、
そう期待を込めて、WOWOWで観てみました。




病 気 女 乙 。




いやぁ、相変わらずの病気っぷり。
誰か彼女を病院へ連れていってやってくれ。
妄想、幻覚、奇異行動。
完全に統合失調症ですよね。
放置は本当に良くないし、
ちゃんと治療すれば、社会復帰だって出来るんだお。
アメリには頑張ってもらいたいお。


本気で彼女の病気を心配しだすと暗くなりそうなので止めますが、
病気じゃない程度の不思議ちゃんだったとしても、
なんにせよ、あれを「可愛い」と感じることが理解できない、と改めて思った。
ていうか、病気じゃないなら、本気でキモい(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル



でもちょっと大人になって、
早送りしないで観られたよ^^

そしたらやっぱり、
建物とかインテリアとか小物が可愛くて、
色使いもいかにもフランス映画、って感じでとっても良かったです^^


★☆☆☆☆×1/2



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。