壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ユナイテッド93
ユナイテッド93 United 93 (2006/アメリカ)

これが事実であるということの恐ろしさ。その事実に、涙が出た。

監督・脚本
ポール・グリーングラス Paul Greengrass
出演
クリスチャン・クレメンソン Christian Clemenson (Thomas E. Burnett, Jr.)
トリッシュ・ゲイツ Trish Gates (Sandra Bradshaw)
ポリー・アダムス Polly Adams (Deborah Welsh)
シェエン・ジャクソン Cheyenne Jackson (Mark Bingham)
オパル・アラディン Opal Alladin (CeeCee Lyles)
ハリド・アブダラ Khalid Abdalla (Ziad Jarrah)
ルイス・アルサマリ Lewis Alsamari (Saeed Al Ghamdi)
デヴィッド・アラン・ブッシェ David Alan Basche (Todd Beamer)
リチャード・ベキンス Richard Bekins (William Joseph Cashman)
ライザ・コロン・ザヤス Liza Colón-Zayas (Waleska Martinez)
デニー・ディロン Denny Dillon (Colleen Fraser)
ケイト・ジェニングス・グラント Kate Jennings Grant (Lauren Catuzzi Grandcolas)
トム・オルーク Tom O'Rourke (Donald Peterson)
サイモン・ポーランド Simon Poland (Alan Anthony Beaven)
ジェイミー・ハーディング Jamie Harding (Ahmed Al Nami)
オマー・バーデゥニ Omar Berdouni (Ahmed Al Haznawi)
ベン・スライニー Ben Sliney (Himself)
and more


感動させようとも、泣かせようともしない、事実を元にしたドキュメンタリー。
テロリストの決意、管制塔の混乱、機内の恐怖、政府の対応。
真実を再現し、再現することで911テロの根源について考えさせる映画でした。

報道された事実が、事実ならね。

ユナイテッド93便墜落には諸説あるようですが、
大きく報道された、『乗客による目標到達の阻止、そして墜落』説を映画化。
被害者の家族や、当時の管制官や軍関係者に入念にインタビューをし、実際の関係者も出演しています。



以下ネタバレあり



911から5年。

映画化は時期尚早では?
アメリカがつくる911映画ってちょっと、ねぇ・・・

などと思いつつも、
監督のポール・グリーングラスがかなり力を入れた作品らしいこと、
911の中で、あえてユナイテッド93便を題材にしたことに興味を持って観てきました。



意外なほど、アメリカ万歳な映画じゃないことに驚きました。
短絡的に『イスラム=悪』と描くのではなく、
この事実を引き起こした背景への批判が強いように感じました。

管制官の仕事ぶりや、乗客の勇姿ばかりフィーチャーした作品なのかと思っていましたが、
テロリストたちにもかなり長く焦点を当てていたのも意外。
いい意味で。


テロリストたちの静かな決意と、真剣な表情。
若い青年たちが、そうする以外に道を知らないかのような必死さで、
神を信じ、祈り、強い信念と願いを掲げてテロを実行します。
そうするに至った経緯や背景は一切描かれず、
その取り付かれたような表情と行動だけが映し出され、
彼らもまた、戦争の犠牲者なのだと思わされました。

緊張が極度に高まる飛行機の中で、
乗客が、乗務員が、そしてテロリストが、
それぞれの言葉で、それぞれの神に祈る。

こんな残酷な場面をつくりだしたのは誰?
彼らが行動を起こしたのは何故?

そんなことを考えさせられました。


テロは当然悪です。
テロリストも勿論、悪者でしょう。

でも、『何故そうなったか』を観客に思い出させ、
『テロは悪=イスラムも悪である』と声高に叫び、戦争を正当化するアメリカ政府への批判を感じさせました。



・・・とか偉そうに書いていますが、
中東の歴史やアメリカの政策など、実はあんまり良く分かってません(´∀` )


でも、
悪を見せつけ、それに立ち向かうことを美化し、
アメリカを正当化する映画でないことは確かです。

ただ事実を見せ、
「なぜこうなったの?」
と観客に問わせる映画。
遠まわしに、ブッシュ政権を批判する映画。
必見。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。