壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ニューオーリンズ・トライアル
ニューオーリンズ・トライアル Runaway Jury (2003/アメリカ)

愛と信念

監督
ゲイリー・フレダー  Gary Fleder
原作
ジョン・グリシャム John Grisham 『陪審評決』(新潮文庫刊)
脚本
ブライアン・コッペルマン Brian Koppelman
出演
ジョン・キューザック John Cusack (Nicholas Easter) 
ジーン・ハックマン Gene Hackman (Rankin Fitch)
ダスティン・ホフマン Dustin Hoffman (Wendell Rohr)
レイチェル・ワイズ Rachel Weisz (Marlee)
ブルース・デイヴィソン Bruce Davison (Durwood Cable)
ブルース・マッギル Bruce McGill (Judge Harkin)
ジェレミー・ピヴェン Jeremy Piven (Lawrence Green)
ニック・サーシー Nick Searcy (Doyle)
and more


【ストーリー】
ある朝、ニューオーリンズの証券会社で銃乱射事件が発生。犯人は16人を死傷させ、最後には自殺した。そして、この事件で夫を失った女性セレステが地元のベテラン弁護士ローアを雇って、犯人の使用した銃の製造メーカー、ヴィックスバーグ社を相手に民事訴訟を起こす。2年後、いよいよ裁判が始まろうとしていた。被告側は、会社の存亡に関わるこの裁判に伝説の陪審コンサルタント、フィッチを雇い入れる。彼は早速あらゆる手段を駆使し陪審員候補者の選別に取り掛かる。やがて陪審員団が決定するが、その中には謎に包まれた男ニックも含まれていた。(aiicinemaONLINEより引用)


わざわざ『ニューオーリンズ・トライアル』なんて邦題にする必要があったのかしらん?
原題のままでよかったんじゃないかと小一時間


大御所二人の貫禄に、オーラ負けしているジョニーたん。
とても主役とは思えない存在感と説得力のなさです。

というか、ジーン・ハックマンの迫力がすごい。
威圧感、存在感ともに群を抜いていて、
他の出演者を完全に食っていたと言っても過言ではありますまい。
知的で腹黒くて高慢でエネルギッシュで、ちょっとアンバランスなくらい印象深い彼。
つか多分、ジョニーが印象薄いんじゃなくて、
ジーン・ハックマンが印象強すぎるんだと思ったり。



フィンチはやり手の陪審員コンサルタント。
陪審員候補の中から、雇い主に有利な評決を出すであろう人材をピックアップし、様々な手を使って評決を「買い取る」プロです。

彼が今回買い取りたい評決は、銃器販売会社の勝利。
誘導しやすそうな陪審員団を選別し、評決の買い取りを進めるフィンチですが、そこに予定外の人物、ニックが紛れ込みます。
ニックは陪審員候補に挙がったことを嫌がり、何とか役目を逃れようと判事に直訴しますが、当然のように却下され、渋々陪審員に選別されます。

しかし、彼にはある目的があったのでした。


以下ネタバレ(反転)

ニックが陪審員に選出されたことを嫌がっていないこと、
むしろわざと確実に選ばれるよう仕組んでいることはすぐに分かります。
そして、なぜ陪審員になりたがったか、理由はすぐに判明。
理由は、恋人のマーリーとともに、弁護側・検察側両方に「評決の意向を売る」ため。
つまり、大金を積んだ方に、ニックが評決を誘導する、というもの。

様々な方法で、自分が陪審員たちを操れることをアピールするニック。
そして強気な交渉を進めるマーリー。
買収に抵抗するフィンチとローアですが、ついにフィンチが彼らの買収を決断。

しかし、ニックとマーリーには、評決の買収の他に、もっと大きな目的があったのでした。


←ネタバレここまで


結末は書いちゃうと面白くないので割愛します。

ニックとマーリーが、本当は何をしたいのか、
少しずつ明かされる彼らの過去には、何があったのか。
彼らの行動すべてが、「本当の目的」を目指していることを考えながら、じっくり観て欲しい映画。


ものすごい信念です。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。