壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
イルマーレ
イルマーレ The Lake House (2006/アメリカ)

キアヌってとっくり好きだね

監督
アレハンドロ・アグレスティ Alejandro Agresti
脚本
デヴィッド・オーバーン David Auburn
出演
キアヌ・リーヴス Keanu Reeves (Alex Wyler)
サンドラ・ブロック Sandra Bullock (Kate Forster)
ショーレ・アグダシュルー Shohreh Aghdashloo (Anna Klyczynski)
クリストファー・プラマー Christopher Plummer (Simon Wyler)
ディラン・ウォルシュ Dylan Walsh (Morgan)
エボン・モス=バクラック Ebon Moss-Bachrach (Henry Wyler)
ヴィレケ・ファン・アメローイ Willeke van Ammelrooy (Kate's Mother)
リン・コリンズ Lynn Collins (Mona)
and more


【ストーリー】
静かな湖の岸辺に建つガラス張りの一軒家。ここに住む女医のケイトはシカゴの病院に着任することになり、愛着のあるこの家から引っ越すことに。彼女は次の住人に自分宛の手紙の転送を頼もうと、郵便受けにメッセージを残した。一方、建築家のアレックスは子ども時代の懐かしい家族の思い出が詰まった湖の家を買い取り、そこへ引っ越してきた。彼はそこで郵便受けに奇妙な手紙を発見する。それは、ケイトが残していったあの手紙だった。しかし、この家は長いこと空き家になっていたはず。不思議に思い、アレックスはケイト宛に返信を送る。やがて2人は、ケイトが2006年、アレックスが2004年の時代にいることを知るのだったが…。(allcinemaONLINEより引用)


韓国映画のリメイク作品。
キアヌ&サンドラの再共演で話題になりましたね。



以下ネタバレあり



thelakehouse01.jpg

二人には2年間の時間差がある、という設定になっています。
どうやって愛を育むのかとか、
果たしてどんな結末になるのかとかが大事な見所だと思うのですが、
日本公開前に『ベスト・キス賞』なるものを受賞した二人('A`)
「出会っちゃうのかよ!」と突っ込まずにはいられませんでした。
今週末公開する『ワールド・トレード・センター』の、
『勇気、そして生還』っていうトレーラーくらい、Too much Informationだお(´ヘ`;)

まぁしかし、設定からしてかなり無理のあるお話なので、
ツッコミはあまり意味がないのですが。


かなりスピーディに話が進んでいくので、
2年間のタイム・ラグがあまりうまく描かれていなかった気がする。

しかし、そんなところをじっくりみせられてもたぶん飽きるので、
ファンタジーとしてさらっと楽しむのが正解かも。
ディズニー映画を観るような感じで。
ほら、「どういう作用で王子様が野獣になったわけ?」とかツッコまないでしょう、ディズニー映画には。


キアヌ&サンドラだから観たけど、
韓国映画だったらぜっっっっっっっっったい観なかったと思います。


あと、題名は、原題のままの方が良かったと思う。
「イルマーレ」っつーのは、二人が○○で○○○な場所ですが、
原題の方が分かりやすいっつの。


★★☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。