壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
CSI:5 『第25話 CSI“12時間”の死闘 [後編] 』
CSI:5 科学捜査班 CSI:5
csi.jpg
これはもう映画だね

製作
ジェリー・ブラッカイマー Jerry Bruckheimer
and more
監督・脚本
クエンティン・タランティーノ Quentin Tarantino
出演
ウィリアム・ピーターセン William L. Petersen (Gil Grissom)/野島昭生
マージ・ヘルゲンバーガー Marg Helgenberger (Catherine Willows)/高島雅羅
ゲイリー・ドゥーダン Gary Dourdan (Warrick Brown)/山野井仁
ジョージ・イーズ George Eads (Nick Stokes)/家中宏
ジョージャ・フォックス Jorja Fox (Sara Sidle)/浅野まゆみ
エリック・ズマンダ Eric Szmanda (Greg Sanders)/村治学
ロバート・デヴィット・ホール Robert David Hall (Dr. Al Robbins)/西村知道
ポール・ギルフォイル Paul Guilfoyle (Capt. Jim Brass)/麦人
and more


『第25話 CSI“12時間”の死闘 [後編] : Grave Danger (2)』


待ちに待った後編です。

やっと観られた喜びのあまり、かなりネタバレですので、
これから観る人は読まないよーに。


【ストーリー】
<前編>
「死体の置き逃げ」事件を担当したニックが、犯罪現場で何者かに拉致される。その後の調査で、置き逃げされた死体は犬の一部で、CSIを拉致するための罠だったことがわかるが、犯人の手がかりはなし。
途方に暮れるCSIのもとに、犯人からと思われるカセットテープとUSBメモリーが届く。その内容は、「12時間以内に100万ドル用意しろ」というメッセージと、拉致されたニックが棺桶に閉じ込められ、どこかに埋められているライヴ映像だった。
なすすべもなく、犯人の要求通り100万ドルを持って指定場所に向かうグリッソム。しかし犯人は、100万ドルを受け取ると、謎めいた言葉を残して爆弾自殺してしまった・・・

<後編>
飛び散った犯人の痕跡をかき集め、情報収集に翻弄されるCSI。棺桶内の空気には限界があり、何も進まないまま刻々と過ぎていく時間に焦るばかりのメンバーだったが、しかし確実に、少しずつではあるが、犯人の背景が徐々に明らかになって行く。



ていうか、タランティーノすげEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE


ぶっちゃけツッコミどころは満載なんだけど、
それを忘れさせる緊迫感と不快感w

いつもは1時間でわーっと事件が解決してしまうので、
ま、それはそれでスピード感があって面白いんだけど、
思うように捜査が進まない焦りとか憤りとか、
思わず挫けそうになっちゃうメンバーを観られてかなり満足。
CSIのメンバー大好きなので、彼らをじっくり観られるのって幸せだと思ったお^^

それに、QTは本当にCSIが好きなんだと思ったょ。
ニックを助けたいと焦るメンバーそれぞれを、詳細に描いていて愛を感じた。
静かに怒るグリッソム、行動しないと気がすまないキャサリン、内にこもるサラ、取り乱すウォリック。
普段は嫌な奴だけど、エクリーも陰ながらわりと必死で微笑ましく、“CSI仲間愛物語”に思わず感動。


そしてやっぱり主任・・・・・!
棺桶の蓋越しに大声でニックを励ます主任の愛に、目頭が熱くなりました(´;ω;`)
救急車を見送る彼が、こっそり涙目だったのもかなりポイント高いです。
やべー、主任ステキすぎる(*´д`*)ハァハァ



しかし、さすがQTというか、ちょっとCSIっぽくなかったかもね。
QTらしさはすっごく抑えてあったけど、それでもかなりQT節。
特に「ニック解体ショー」の辺りwwwwwwww
2時間ぶっ続けで観たらそんなに尺取ってるようには感じないんだろうけど、
1時間の内にあれだけ時間割いちゃうと、印象が強すぎるお
本人が出てこなかった代わりのアピールなんでしょうかwww

たぶんあそこは、“とても分かりやすいQTらしさ”なので、
QTファンじゃない人には、いらないシーンだったかも。

ロビンス先生ファンには、たまらない映像だったかもw


んでも、ラストシーンは超いらねー( -д-)
あれは遊びすぎだろ>QT



さて。
ニックはPTSDと薬物中毒を抱えるらしーので、
その辺どうなっていくのかも今後の見所のひとつですね。

って、次の放送はいつ???



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。