壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
チーム★アメリカ/ワールドポリス
チーム★アメリカ/ワールドポリス Team America: World Police (2004/アメリカ)

究極のパペット映画

監督
トレイ・パーカー Trey Parker
製作・脚本
トレイ・パーカー Trey Parker
マット・ストーン Matt Stone
パム・ブラディ Pam Brady
声の出演
トレイ・パーカー Trey Parker (Gary/Joe/Kim/etc...)
マット・ストーン Matt Stone (Chris/George/etc...)
クリステン・ミラー Kristen Miller (Lisa)
マササ Masasa (Sarah)
ダラン・ノリス Daran Norris (Spottswoode)
and more


【ストーリー】
テロが繰り返され、混迷を極める今日、邪悪なテロリストに対抗し世界の平和を守るため国際警備組織“チーム・アメリカ”が結成された――。ところは華の都パリ。ターバンを巻いたなんとも怪しげな男たち。と、そこへ颯爽と登場した我らがチーム・アメリカ。男たちをテロリストと見るや街中でマシンガンをぶっ放し次々と始末していく。最後は、ルーブルに逃げ込んだ一人を美術館ごとミサイルで吹き飛ばしてみごと敵の全滅に成功する。しかし、大切な仲間を一人失い悲しみに暮れるチーム・アメリカの面々。一方、リーダーのスポッツウッドは、独裁者がテロリストに大量破壊兵器を売りさばくのを事前に阻止するため、ブロードウェイ俳優ゲイリーをリクルートし、おとり捜査の実行を計画する。ゲイリーは、一度はその要請を断るも、自分の才能を世界平和のために使うべきだと思い直し、チームに参加するのだが…。(allcinemaONLINEより引用)


サウスパーク』のトレイ・パーカーマット・ストーンコンビの映画、と言えば、もう他に説明はいらないですよね(´∀` )


パペットを使った、実写アクション映画。
そのバカバカしい脚本と、
バカバカしさに拍車をかける、超精巧なパペットとセット。
パペットはまばたきもすれば表情も変わる精密なもので、
マトリックスシリーズを撮ったアクション監督を起用しての本格撮影までしていて超豪華。

とりあえず今回の敵↓
teama_kim.jpg
名前はもちろん金正日、北朝鮮の総書記様です。

監督コンビの嫌いなハリウッド俳優たちも、実名&精巧なパペットになって大勢出演します。
よっぽど嫌いなのか、みんなすごい死に方をします。
黒豹(猫が演技)に食われて肉丸見えのショーン・ペンさんとか。
頭がぱっくり割れるサミュエル・L・ジャクソンさんとか。
頭を撃たれて原型をとどめなくなってたのは、ヘレン・ハントさんだったかな?
しかもメイキング映像では、それらの無残な死に様を撮りながら、クルー爆笑の図が。
好きな俳優たちがバカにされて惨殺されるんですが、不思議とムカつかないというかむしろウケるwww
死に方は普通でしたが、何を聞かれても「ミャァット・デェモーン」と自分の名前しか言えないマット・デイモンが最高にツボでした(´∀` )
teama_matt.jpg
バカにしすぎ


あと、監督自ら絶賛していましたが、
ゲイリーとリサのセックスシーンは一見の価値ありです。
パペット界のタブーと限界を破ったと思う。
パペットたちが、あらゆる体位でセックスに挑戦するんだもんw
人形師は楽しい仕事だったろうなぁ


全編ネタだらけで、どのネタも面白いのですが、
わたし的には、将軍様の歌う『Lonely』が最高だと思いました。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。