壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
サンキュー・スモーキング
サンキュー・スモーキング Thank You for Smoking (2005/アメリカ)

痛快

監督・脚本
ジェイソン・ライトマン Jason Reitman
原作
クリストファー・バックリー Christopher Buckley 『ニコチン・ウォーズ』
出演
アーロン・エッカート Aaron Eckhart (Nick Naylor)
キャメロン・ブライト Cameron Bright (Joey Naylor)
ケイティ・ホームズ Katie Holmes (Heather Holloway)
ウィリアム・H・メイシー William H. Macy (Senator Ortolan K. Finistirre)
J・K・シモンズ J.K. Simmons (Budd 'BR' Rohrabacher)
ロバート・デュヴァル Robert Duvall (Doak 'The Captain' Boykin)
マリア・ベロ Maria Bello (Polly Bailey)
デヴィッド・コークナー David Koechner (Bobby Jay Bliss)
ロブ・ロウ Rob Lowe (Jeff Megall)
アダム・ブロディ Adam Brody (Jack)
サム・エリオット Sam Elliott (Lorne Lutch)
and more


【ストーリー】
タバコ研究アカデミーのPRマンをするニック・ネイラーは、厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため連日マスコミの矢面に立って戦い続ける業界の顔。中でも、パッケージにドクロマークを、と息巻くフィニスター上院議員は目下最大の懸案事項。そんなある日、ニックは映画を使ってタバコのイメージアップを図る“スモーキング・ハリウッド作戦”の指揮を任される。一人息子のジョーイを連れ、ロサンジェルスへと渡ったニックは、さっそくハリウッドの大物エージェントと面会、タバコPRのための映画の企画を話し合う。(allcinemaONLINEより引用)


Thank You for Smokingだなんて愛煙家が喜びそうな題名ですが、
タバコ推奨映画でも
タバコ迫害映画でもありません。
まず、喫煙シーンがないもの。

タバコはツールであってテーマではなく、
この映画の本筋は「自分で考え、判断し、選択すること」の大切さと難しさ。
それを、ニック&ジョーイ親子を通して皮肉たっぷりにみせてくれます。


以下ちょっとネタバレ


ニックは嫌煙・禁煙の風潮強まる世間から、「情報操作の王」、「殺人者」と叩かれながらタバコ業界の繁栄のために邁進するロビイスト。
言葉巧みに世間を煙に巻き、斬新なアイデアで苦境を切り抜けようと奮闘しつつ、週末はアルコール業界PRと、銃器会社広報の3人で編成された「MODS会(死の商人会)」で死者数を競い、傷を舐め合います。
しかし、謎の反喫煙過激派によって命の危険にさらされたあげく、スキャンダルで失墜、それを機に自分の人生を見直すこととなります。

自分の仕事に興味を持つ息子の目線になって、
議論、交渉の仕方を説きつつ、
自らの成功例と失敗例から、自己選択の責任について問題提起してきます。

それらを通して、
「考え、選択すること」が自由であると同時に、
選択の結果が正しくても間違っていても、
その結果を導いた責任は自分にあるということ、
というか、選択の結果の正誤の判断ですら、
それは自分の考えであり、自分の責任である、と伝えてきます。
自分が正しいと思い、正しく議論できるのなら、それは正しいのです。
例え一般論では間違っていたとしても。

タバコは悪だ、と言われるからそう思うのではなくて、
体に悪いのは分かった上で、
じゃあどうして自分は吸うのか、吸わないのか。
タバコを吸う姿がCOOLだから。
ガンになって死にたくないから。
暇つぶしになるから。
肌が荒れるから。
理由はなんでもいいんです。
それぞれが好きに判断して選択すればいいんだから。
そしてどう考えたとしても、
タバコ会社は、喫煙者に「Thank You for Smoking:-)」と思うだけのことなのです。

それなら、ドクロマークがついてもつかなくても、
個人の判断によるんだから関係ないんじゃない?
というわけには行きません。
だってニックはタバコ業界の顔だから。
タバコを売るのは、ローンのため。
彼は「仕事で」そう言っているだけ。
だからニックは、「自分の考えで」子どもへの影響を懸念して、
あっさりタバコ業界を離れます。
それが、ニックの判断だから。


世間にあふれている情報は、ほとんどが操作されていると思います。
それぞれが利益を勝ち取るために。

あなたは、どんな情報を得て、何を選択しますか?
何を基準に、どう正誤を判断しますか?
そんなことを問いかけてくる映画でした。

それと、ニックのアグレッシブなマシンガントークを通して、
「勝てばいい、売ればいい」至上主義を皮肉ってると思いました。



んで。

この面白い問答を、
ニックの話術と、登場人物の個性的なキャラクター、
トリッキーなセリフ、絶妙な間とカッティングで、
10倍くらい面白おかしくみせてくれます。
主役がロビイストだけに、会話の演出が多彩。
テンポがよくてレスポンスが良くて。
英語がもっと分かったら、さらに面白かったと思われます。


あと、役の設定が細かくて笑えました。

ここからネタバレ→

一番ウケたのは日本フリークのハリウッド・エージェント。
その設定は、
日曜日にしか寝ない仕事魔で、
オフィスでは「良くいえば奇抜」な着物でリラックス、
好きなレストランはもちろんノブで、
箱庭で泳ぐ、オプラから送られた12,000ドルの錦鯉が自慢www

綿密な設定をすること自体がウケるし、
その「あまりにもありきたりな、アメリカ映画で描かれやすい間違った日本フリーク」をわざとつくるという凝った皮肉に爆笑。


←ここまで



唯一面白くなかったのは、
ウワサ以上に脱がなかったケイティ。
「トムちんの圧力でヌードシーンがカットされた」なんつーウワサが本当かどうかは別として、
もしかしてそれ実話なんじゃないの、と思うくらい不自然でした。
そう思わせること自体が、せっかくの楽しい気分を興ざめさせるよな、と。

ニックが夢中になるほど美人でもないし。
(すごいケイティ嫌いですね^^


★★★★★



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。