壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
プラダを着た悪魔
プラダを着た悪魔 The Devil Wears Prada (2006/アメリカ)

ハッピー・エンド・・・か?

監督
デヴィッド・フランケル David Frankel
脚本
アライン・ブロッシュ・マッケンナ Aline Brosh McKenna
原作
ローレン・ワイズバーガー Lauren Weisberger  『プラダを着た悪魔』(早川書房刊)
出演
メリル・ストリープ Meryl Streep (Miranda Priestly)
アン・ハサウェイ Anne Hathaway (Andy Sachs)
エミリー・ブラント Emily Blunt (Emily)
スタンリー・トゥッチ Stanley Tucci (Nigel)
エイドリアン・グレニアー Adrian Grenier (Nate)
トレイシー・トムズ Tracie Thoms (Lilly)
サイモン・ベイカー Simon Baker (Christian Thompson)
リッチ・ソマー Rich Sommer (Doug)
ダニエル・サンジャタ Daniel Sunjata (James Holt)
レベッカ・メイダー Rebecca Mader (Jocelyn)
デヴィッド・マーシャル・グラント David Marshall Grant (Richard Barnes)
ジゼル・ブンチェン Gisele Bündchen (Serena)
ブリジット・ホール Bridget Hall (Herself)
ハイディ・クラム Heidi Klum (Herself)
ヴァレンティノ・ガラヴァーニ Valentino Garavani (Himself)
and more


【ストーリー】
大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークへとやって来たアンディが就いた職業は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。オシャレにとことん疎い彼女は、それが次へのステップになればという程度に考えていた。だから、ミランダが何者かもまるで分かっていなかった。彼女こそは、その絶大な影響力に誰もが恐れおののくファッション界のカリスマだった。朝も夜もなく四六時中浴びせられるミランダの理不尽な命令に、いつしかアンディの私生活はめちゃくちゃに。恋人ネイトともすれ違いが続いてしまう。こうして、早くもくじけそうになるアンディだったが…。 (allcinemaONLINEより引用)


メ リ ル ・ ス ト リ ー プ 最 高 。

prada1.jpg

容赦ない鬼っぷり、迅速で的確な仕事っぷり、ゴージャスなファッションに負けない貫禄。
そして、カリスマ女編集長として背負う責任と覚悟と、
内に秘めた、母としての矛盾や虚しさ。
表情やしぐさ、喋り方で自由自在に演じていらっしゃいます。

この繊細な感情の演じ分け。圧巻です。
もーまじですごい。
この女優さんは本気ですごい。
いつもすごいけど、今回は特にすごい(語彙不足w

よどみなく部下に指示を与えたあとの「That's all」の言い方が最高に気に入りました。
あと、アシスタントの呼びつけ方も秀逸!

アン・ハサウェイが主演じゃないの?と思ってましたが、
これは間違いなく、メリル・ストリープの映画。



おしゃれで可愛い映画だけど、
“女が男勝りに仕事すること”への弊害とか、難しさとか、
そんなことも考えさせられる。
「ミランダは悪魔だけど、彼女が男だったら有能だと認めるはずよ」
というアンディのセリフがとても印象的。


女性って、仕事さえ充実していれば満足、ってことは少ないんじゃないでしょうか。
やりたい仕事もして、恋もして、趣味も持ちたい。
でも超超多忙な仕事に翻弄されちゃうと、
すべて同時進行では、うまくやれないんだよね。
アンディは、将来のステップ・アップのために、修行の覚悟でミランダの下で働き、
その仕事に没頭し日々に忙殺されることで、恋人とうまくいかなくなってしまう。

prada4.jpg

彼女はそんな現実に疑問を感じていて、
でも強引で有無を言わさないミランダの、絶対服従の指示に追われながら、上手くいかない現実を「仕方ないから」でやりすごそうとしている。

仕方ないから、他に選択肢がないから、なりゆきでこうなったから。
アンディはいろいろと言い訳を揃えていますが、
「決めるのはあなた」、「決めたのはあなた」そうミランダに助言され、アンディは“自分で考えて”ミランダのアシスタントを辞めます。

そして結局、恋人とも元サヤで幸せ、
ミランダの推薦もあって、念願のジャーナリストになれました☆
というハッピー・エンドなんだが・・・・



だが・・・・・・・・・・・


あのねー。
この、アンディの恋人、ネイルがね、
底 な し に 魅 力 な い の ね 。

prada2.jpg

これが若いころのブラピだったら、
仕事なんかしてないで彼のために生きたら?と思うんだけど(管理人は偏っていますのでツッコまないでください


まずね、「恋人の仕事が忙しいこと」に文句を言う、っていうのがもう、理解できないしウザい。
自分が「仕事とわたしとどっちが大事なの!?」とかいう、
比べても意味のないことに怒りを覚えたりしないので、本当にムカついて、
「アンディ、そんなバカとは別れちゃいなYO!」と叫びそうでした。

あと、したい仕事を一生懸命やっている、
将来のステップ・アップのために今努力している、
そんな必死な状態なのに、
“仕事の電話を取り上げて出させない”なんてありえない。
わたしがされたら、相手を瞬殺するね。

自分の誕生日にアンディが来られなかったら、すねて口聞かないし。
仕事なんだから、そんなのしょうがないじゃんね。
なんでそこに怒るの?あんた子ども?

しかも、自分の仕事には
「俺は朝から晩までワインを煮詰めてるだけなのに・・・」
と不満タラタラ。
結局、自分がしたい仕事できてないから、彼女の成功を妬んでるだけなんじゃないか。
「別に俺は、お前がストリッパーだってかまわないんだ」という、
職業差別をしているからこそ出る、ご立派なセリフも吐いちゃって。

さらに、自分の仕事が決まったら、
手のひら返したように満面の笑みで報告('A`)


結局、仕事で女に負けたくないだけなんちゃうんかと。
優位に立てないと自信が持てないだけちゃうんかと。
そんなダメ男のために、将来有望な仕事を辞める必要があったのかと。


アンディはしたい仕事に就くために辞めたので、ちょっと話が違いますがw

それに、もし自分が、ミランダのような鬼上司にあんな扱いされてたら、
労働組合に訴えてると思いますがw
死ぬほどやりたい仕事だったら、やるかもしれないけど。



そんな、死ぬほどやりたい仕事に命かけている、アンディの先輩エミリーの、嫌な女だけど憎めないキャラも良かった。

prada3.jpg

憧れの仕事に忙殺される自分に「わたしは仕事を愛してる」と暗示をかけながら、トイレもろくに行けず、倒れるまでダイエットしてランウェイに備え、努力する日々。
なのに、ダサくて冴えなかったアンディに負けて、泣きながらパンを貪り食うシーンが可愛かったw
きっと彼女は彼女で、努力し続けてミランダと働いていくんだろうな。


肝心のアンディですが、
「この映画にアン・ハサウェイ?」ってちょっと思ったけど、
最初の冴えない演技が冴えててw、
少しずつ洗練されて美しくなっていく様がとっても良かった。
ま、元が美しいからなんですがね。


出てくるお洋服はどれもゴージャスで、
ドレスに合わせた髪型も、アクセサリーも、靴も、すべてにうっとり。
さすがパトリシア・フィールド。

美容院行ってないけどまーいいかー、とか、
歩きやすいからローヒールしか履かない、とか、
楽な服がすきー、とか、
そういうの止めようと思ったw(分かりやすい
自分は自分で磨かなければ!!!!


パリ・コレのランウェイも本格的で超豪華でしたが、
ハイディにもブリジット・ホールにも、ジゼルにも気付かなかったわたし_| ̄|○
ありえん・・・


あと、BGMも最高。
マドンナはネ申


つか、感想長い。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。