壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
聖地ラサへの旅 ~列車の旅が始まるよ!編~
目覚めたら、そこは雪国でした

IMG_2095.jpg


その前に、目覚めても、まだ夜でした。
というのも、西寧はだいぶ内陸にある街なので、
実質、北京と比べると2時間弱くらいの時差があるようなんです。
しかし、中国は全土で北京時間を使用するため、
夜明けが遅くなるというスンポー。
時差があるのに無視してるだけなんですが。
これも同化政策の一部なんでしょうねぇ。
呆れるほど強引ですね(-c_,-` )



・・・気を取り直しまして。

翌日の西寧は、
一面真っ白なパウダースノウに覆われて、
ちらほら雪の残るお天気。
最高気温氷点下1度♪

やめて~寒い~~~('A`)

しかし、根っからの横浜市民であるわたしは、
横浜市民なら誰でも当然行ったことのある
みなとみらいにある「アイスワールド」の体験常習者なので、
マイナス15℃まで対応おkなのです。 半 袖 で

ま、それ以前に完全防寒してるので無問題ですが。



この日はとうとう、ラサへつながる青蔵鉄道に乗り込む日。
しかしその前に、青海省の観光です。


青海省にも観光スポットはたくさんあるようです。
それに、多民族が暮らしていることもあって、
町並みもそれぞれの民族ごとに雰囲気が違って興味深かったです。
食べ物も異なるから、民族ごとにレストランが違ったりするの。
日本ではない光景よね。


ここではタール寺へ観光に行きました。

IMG_2100.jpg

タール寺は、西寧から25kmほど離れた、湟中県というところにあります。
中国最大規模のチベット仏教寺院らしい。
しかしその昔、この辺りが中国になったときに、
宗教否定されて、建築物をかなり破壊されたらしいです。
まったくこれだから中国は(ry

チベット仏教ゲルク派最大の寺院であること、
ゲルク派開祖のツォンカパという人に由来することなどから、
熱心な参拝者が多く訪れることでも有名らしいです。
特に冬の間は、農閑期なので参拝者が増えるんですって。

「寒くて観光客がほとんどいない」+「地元の参拝者が多い」
イコール、「観光用じゃないチベットが見られる」
気がするので、なんだかラッキー。
寒 い け ど


本当に、たくさんの参拝者に出会うことができました。

みんな真剣に参拝していますが、
目が合ったり、声をかけると、
前日、ガイドの男の子で衝撃を受けた、あの純粋無垢な素晴らしい笑顔を返してくれます。感激。
一部「金くれ」しか言わない大人もいますが。

カメラを向けると、恥ずかしいのかきゃーきゃー騒ぐのですが、
撮って欲しいらしく順番待ち(可愛い

IMG_2105.jpg

そして、「どんな風に写ったか」を確認したがります。
デジカメのプレビューを見せると、
自分の顔を見るのが恥ずかしいのか、また大騒ぎ。

IMG_2108.jpg
みんなでデジカメを覗き込む


大人でも撮られたがりはいて、
風景を撮っていたらとんとんと肩を叩かれ、
「まぁ、撮れよ」と言わんばかりに、
無言でポーズをとるおっさんがいてウケました。

IMG_2135.jpg

そしてやっぱりプレビューを確認し、満足げに去っていくおっさん。
おっさんかわいいよ、おっさん


タール寺は広すぎて、とても数時間で見て回ることはできません。
有名&重要なところだけほんの少しチョイスして、
何箇所かを観光。
五体投地で祈りを捧げる巡礼者にたくさん出会うことができました。

IMG_2131.jpg


そろそろ凍死するかな、という頃合を見計らって、
西寧市へ戻って食事、市内観光、また食事。

食事については、あまりの油っこさに思い出すだけで吐き気がするので割愛します^^
美味しいんだけどね・・・美味しいんだけど、ホント o(゚Д゚)っ モムーリ!



・・・さて、ついに青蔵鉄道です。
青蔵鉄道は、西寧とチベット自治区首府ラサをつなぐ、全長1,956kmの高原鉄道。
乗車時間はざっと28時間くらい(´∀` )

長距離移動だし、荷物も大きくて重いし、
当然、余裕を持って乗車・・・・するはずが、
なぜかこの日に限って、西寧駅前で人民解放軍がパレード開催中_| ̄|○
うるせーし邪魔だゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!

おかげで、予定のルートにバスが入れず、
キャリーケースを引きずって走らされるハメに('A`)
わたしはまだいいけど、
このツアー、最高齢75歳の方が参加なさっていましたから、
途中で死なないか心配でした。
バッグ持って階段昇降させられたからね(´∀` )

ツアー参加者で一番若いわたしと、体力に自信のある父が、
二人で荷物運びをお手伝い。
参加者の半分以上が60歳越してたので、仕方ないですね^^^^
いつの間にか乗車チケット管理までさせられていたのは気のせいですかね^^^^^^
添乗は何してんですかね^^^^^^^^^^^^^^^^

無事に全員が乗車できたから良かったですが、
人民解放軍のせいで、とんだ騒ぎに。
ま、その前に添乗員の時間配分ミスがあった気がしてならないのですが、
「パレードのせいで」と添乗員が強調していたので、きっとパレードのせいなんでしょう。
きっと。
たぶん。

IMG_2178.jpg
20:07西寧発ラサ行き。いざ乗車!




旅行写真はこちら→『papillon bleu
※このブログでも少し写真upします^^
スポンサーサイト
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。