壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
エターナル・サンシャイン
エターナル・サンシャイン Eternal Sunshine of the Spotless Mind (2004/アメリカ)
eternal.jpg
新鮮、ジム・キャリー。

監督
ミシェル・ゴンドリー Michel Gondry
脚本
チャーリー・カウフマン Charlie Kaufman
出演
ジム・キャリー Jim Carrey (Joel Barish)
ケイト・ウィンスレット Kate Winslet (Clementine Kruczynski)
イライジャ・ウッド Elijah Wood (Patrick)
キルスティン・ダンスト Kirsten Dunst (Mary)
マーク・ラファロ Mark Ruffalo (Stan)
トム・ウィルキンソン Tom Wilkinson (Dr. Howard Mierzwiak)
and more


【ストーリー】
バレンタインデー目前のある日、ジョエル(ジム・キャリー)は、喧嘩別れしてしまった恋人クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が、嫌な記憶を消去してくれるというラクーナ社に頼んで、自分との思い出を全て消してしまったことを知る。ショックのあまり、自分も記憶を消そうと決意してラクーナ社を訪問。そこでは一晩寝ている間に、思い出を追体験しながら消していけるという。最初は、喧嘩ばかりしていた最近の記憶が蘇っては消えていく。そして徐々に、記憶は出会った頃の二人へ。
全てが楽しく、キラキラしていたあの頃・・・。ようやく、忘れたかった思い出の中にある大切な宝物に気付いたジョエル。彼を待ち受けている素敵な運命とは―
(予告ペーパーより引用)


(ネタバレあり)

監督がどこかのインタビューで言っていた、
『パワーを抑えたジム・キャリーと、対象的にパワーを解放したケイト・ウィンスレット
この二人が、実に意外性があって、そしてとても魅力的でした。

どちらの俳優も、他の映画でのイメージが強くて、特にジムは、どうしても派手なリアクションで力強い印象があったのですが・・・
物静かで自分を表に出すことが出来ないような、人付き合いが苦手でちょっと陰のあるような、そんな彼が、実に実に、印象的でした。すごく素敵だった。知らなかったぜ。
逆にケイト・ウィンスレットには、“可愛らしく清楚でお嬢様”なイメージがあって、髪の色やファッション然り、自分で抑えられない自分のパワーに振り回されて不安定になるような、そんな微妙な役どころをこなしていたので驚きました。

ジョエルの中で蘇っては消える記憶と、それに抵抗しようとする映像と、そして実際に記憶を消す作業をしている現実と、色々な場面が入れ替わったり重なったり、実に忙しい。
これがミシェル・ゴンドリーっぽさ、なのかしらん?それともチャーリー・カウフマン?『マルコヴィッチの穴』くらいしか観たことなくて、あまり詳しくないのだけれど。
カメラワークというか、映像の作り方がすっごく面白かった。
ジョエルの焦りとか不安定な感じを、過去の記憶の映像に盛り込んで表現する、とでもいうのかな。小道具や衣装の色使いも素敵でした。

次々に消えてしまう記憶に、消してしまいたくない、と気付いてしまって、必死に抵抗するジョエル。
その必死さが、普通っぽくてよかったです。誰でもそうだよね、って感じ。
そしてその普通さが、今回のジムの魅力だと思います。

結局記憶は消されてしまいますが、しかしすぐまた、違う形で出会う二人。
んで、また改めてお互いに好意をもつようになるのですが、
つまりそれって、ムリヤリ記憶を消したって、忘れられないものは忘れられないし、出会うべくして二人は必ず出会うのだ、ということなのかしら?
わたしは運命とかあまり信じないのですが、つまりそういうこと?

最後のシーンで、お互いの嫌なところを吹き込んだテープをお互いが聞いてしまいますが、それって後々わだかまりになりそう。
「本心じゃないよ」と言われても、陰で「陰湿だ」とか「ボキャブラリーが少ない」とか「セックスがつまらない」とか言われてると知ったら、すごい傷付くと思うのですが。
その場では許しても、わたしなら後でネチネチ言いそうw

それでも二人は、
「嫌いになる理由がない」といって、また関係を再開させます。

人を好きになるには理由なんてない、ってことね。
そして、本当に好きな人なら、どうやったって結ばれる、ということなのかしらね。

う~ん・・・
確かに素敵な発想だけど、実際はどうかなぁ・・・。


あと、これを言っちゃ物語にならないのでアレですが、
視覚的な記憶だけ消したって、そりゃうまく行かないでしょ。
人には匂いや音や、色んな感覚で色んなことを記憶しているのだから。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
≪追加コメント≫


わたしやっぱり、ジムのこと好きになれない・・・_| ̄|○

衝撃映像



ちなみに、本作で一瞬わたしを騙したジム・キャリーはこちら


だ、騙された!!Σ(´Д`lll)




あと全然関係ないけど、キルスティン・ダンストって八重歯フェチにはたまらんのではないか。
ジェイク・ギレンホールは八重歯フェチなのかな?(どうでもいい)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメント&TBありがとうございます♪
>人を好きになるには理由なんてない
↑結局、そういうものなのかも・・・ですね。
"好きに"というか、"何故だか離れられない"って感覚かも。
でも、確かにあんなテープ聞いたら、普通はそこで分かれますよね。
そこが映画だな・・・って感じで(笑)

こちらもTBいただいていきます♪
2005/04/09(土) 00:09:41 | URL | とんとん #-[ 編集]
なるほど
何故だか離れられない、か。
なるほど、そんな感じですね!
理性では「もう無理なんじゃないの?」と思っても、
何だか知らないけど離れられない、
だって嫌いじゃないもの、みたいな。

恋愛って面白いですなぁ。
疲れるけど。

今後もよろしくです(^-^)
2005/04/09(土) 00:23:20 | URL | りょう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
http://www.m-cinema.info/item/08.jpg 今日も時間があったので観てきました。 ハンサムな ジム・キャリー 、キュートな ケイト・ウィンスレット 、そして最高の脚本、こんなサイコーな作品には滅多に出会えません!! ストーリー: ジョエル( ジム・キャリー...
2005/04/08(金) 00:01:42 | うぇブログ - mさんのブログ - M[エム]
「エターナル・サンシャイン」 言い出したら始めたらキリがないのが、付き合ってる人or配偶者の'悪いところ・いやな想い出'。人の話は聞かないわ、ジコチュウだわ、金
2005/04/08(金) 08:32:34 | 人生はお伽話もしくは映画のよう
観る前とはイメージと少々(大分?)違ったかな。という印象でした。自分はもう少し明るくロマンチックなストーリーかと思っていたので・・・。蓋を開けてみると(?)、この映画、けっこうリアルな内容だなって感じでした。恋人との出会いの頃はそりゃー良いことづくしで...
2005/04/09(土) 00:11:26 | FindingMovie映画っていいね♪
『 エターナル・サンシャイン』の原題は『ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND』で直訳すれば「潔白な精神の永遠の日光」。それを邦題では簡略に『エターナル・サンシャイン(永遠の日光) 』としています。『エターナル・サンシャイン』は「マルコヴィッチの穴」のチャー
2005/04/14(木) 14:33:10 | 独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板
今月は見たい劇場公開作が多いなぁ。チネチッタでレンチャンで見てきた1本目。「マルコビッチの穴」のC・カウフマンがアカデミー賞の脚本賞取ってるしー、コメディ系のジム・キャリーが真面目な役やってそうだしー、こりゃ必見のラブ・ストーリー。2004年製作の107
2005/04/15(金) 00:51:45 | ひらりん的映画ブログ
★本日の金言豆★日本銀行券(お札)に使われている色の数は、二千円札で15色、1万円と5千円が14色、千円が13色。 ”ハリウッドの個性派強面ハゲキャラスター”の中に入れる”穴”があったら何が起こる!?という超異色映画を世に送り出し、世の映画ファンを賞賛と混乱と不
2005/04/24(日) 22:57:22 | 金言豆のブログ
●エターナル・サンシャインを鑑賞。 バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエル
2005/09/08(木) 14:16:07 | Blog・キネマ文化論
DVDで、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、イライジャ・ウッド 出演の「エターナル・サンシャイン」を観ました。●ストーリージョエル(ジム・キャリー)はある朝目覚め、会社に向かう駅のホームで、急にモントークに行きたくなり、走ってモ
2005/10/31(月) 05:23:34 | Rohi-ta_site.com
 ”ケンカ別れした恋人の記憶を消してしまいたい”そんな気持ちなんて千尋は・・・・・超わかりますよ!{/hiyob_uru/}千尋も思ったりするよ{/hiyo_cry1/}・・・・って思わず日記に何書いてんの千尋?{/hiyo_face/}落ち着け{/face_acha/} とにかく非常に興味深かったエター
2005/11/02(水) 02:34:40 | 坂部千尋のsparrow diary
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 記憶のアルバムにネガはない 
2006/01/03(火) 13:48:02 | カリスマ映画論
『エターナル・サンシャイン』(今年2本目)公式サイト:http://eternalsunshine.gaga.ne.jp/原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND製作:2004年アメリカ監督:ミシェル・ゴンドリー出演:ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/キルスティン・ダンスト/イライ....
2006/01/21(土) 15:20:13 | honu☆のつぶやき ~映画に恋して~
 バレンタインデーの日、ジム・キャリーは一人ぼっちのアパートで寝覚めの悪い朝を迎える。出勤のため車に乗ろうと思うと、ドアに覚えのない接触による傷がついている。駅のホームで突然、出社したくなくなったジムは、郊外行きの列車に乗り、人気のない浜辺に行く。その..
2006/01/22(日) 17:08:29 | 心地よい椅子
『エターナル・サンシャイン』 2004年アメリカ(107分)監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:ジム・キャリー   ケイト・ウィンスレット   キルステン・ダンスト   マーク・ラファロ   イライジャ・ウッド ★ストーリー★バレ....
2006/01/25(水) 19:13:38 | WILD ROAD
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。