壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
コールド・マウンテン
コールド・マウンテン Cold Mountain (2003/アメリカ)
cold.jpg
ニコールは、いつも二コール。

監督・脚本
アンソニー・ミンゲラ Anthony Minghella
出演
ジュード・ロウ Jude Law (Inman)
ニコール・キッドマン Nicole Kidman (Ada Monroe)
レネー・ゼルウィガー Renee Zellweger (Ruby Thewes)
ドナルド・サザーランド Donald Sutherland (Reverend Monroe)
ナタリー・ポートマン Natalie Portman (Sara)
キャシー・ベイカー Kathy Baker (Sally Swanger)
ジェームズ・ギャモン James Gammon (Esco Swanger)
フィリップ・シーモア・ホフマン
 Philip Seymour Hoffman (Reverend Veasey)
ブレンダン・グリーソン Brendan Gleeson (Stobrod Thewes)
ジャック・ホワイト Jack White (Georgia)
レイ・ウィンストン Ray Winstone (Teague)
ジョヴァンニ・リビシ Giovanni Ribisi (Junior)
and more


時は南北戦争末期の1864年。
南軍の兵士として前線に送り込まれたインマン(ジュード・ロウ)は、負傷し戦場の病院に収容されていた。
彼の故郷のコールドマウンテンには、一度口づけを交わしただけの美しい恋人、エイダ(ニコール・キッドマン)が待っている。
もう一度彼女に会いたい一心で、インマンは軍を脱走し、一人故郷を目指して長い旅を始める。


脱走兵の苦難を描く作品といえば『9000マイルの約束』の内容が壮絶すぎて、あんまりありがたみがありませんでした。

すんごい大変なのは分かるんだが。

それにしても豪華キャストをそろえた映画ですなぁ。
エイダのパパ役にドナルド・サザーランド様が!
渋い~。しびれます(*´д`*)パッション!!


んで、わたしのエンジェル、ニコールたんは、牧師の娘で超お嬢な役。
「実際に役に立つことはしなくていいと育てられたの」
とのたまうお嬢っぷり。
そしていつもの通り、細くて白くてこの上なく美しく、でかい

それにしても、二コールっていつどこで観ても二コールでしかないんだよな・・・
演技力ないのか?

まぁいいんですけど。


男手がなく、父も亡くなって財産も底をつき、飢えてやせ細る二コールたん。
お嬢だから物乞いとかできないんですね。
いつも凛と構えてしまって、町の人の親切を受け入れられない。
でもそんなエイダに、おせっかいをやくサリー(キャシー・ベイカー)。
サリーの手はずで、エイダの元に素朴で粗雑な田舎娘のルビー(レネー・ゼルウィガー)がやってきます。

町中が飢えているのに、微妙に痩せきれていないレネー。
頼れそうでいいんですが。

ルビーの手助けで、少しずつ生きていく術を学ぶエイダ。
生まれて初めて、「実際に役に立つこと」にいそしむエイダ。

健気でいいんですが、
いいよ、あなたはそんな力仕事しなくて・・・
肌に傷がつくじゃないか!
ルビーがひとりでやってろ


一方、脱走兵となったインマンは、敵と味方の両方に追われながら、必死で逃げまくります。
死にかけては助けられ、助けられては死にかけて、騙されたり、夫を亡くした女性に添い寝したり。
かなり忙しく、ヒゲボーボーのインマン。

でも、なんとなく死にそうにないのであんまり不安じゃない。
嫌いなわけじゃないんですけど、ジュードのこと。
むしろ好きだったんですけど。

“夫を亡くした女性”に、あのナタリー・ポートマンたんが!
この人は演技力ある~
ちょっとしか出てこないのが、大物っぽくて(・∀・)イイ!!


そんな中、男手のなくなった町で大きな顔をする、元地主のティーグ(レイ・ウィンストン)によって義勇軍は管理され、脱走した義勇兵をかくまった場合、本人家族とも皆殺しにする、と公言。

息子を匿ったとして、サリーの家族は殺され、見せしめに吊るされます。
傷付けられたサリーは、エイダとルビーの助けによって回復しますが、そのショックから声を失ってしまいます。

そしてルビーの父親も、ティーグの手にかかって撃たれてしまう。
そして、一命を取り留めた父親を匿っている山の中で、なんとインマンが現れたではありませんか!

毎日願い続けた恋人との再会。
そして二人は結ばれ、結婚を約束するのでした。

終わり。


・・・・では、ない!



しつこく追ってくるティーグに襲われるルビーとエイダ。
エイダを守って、インマンは撃たれて死んでしまいます。

数年ぶりに、やっとかなった再会だったのに・・・

ま、ハッピーエンドにはならなそーだな、と思ったので、驚きはしませんでしたが。



んで。
やがて、インマンの死を乗り越えるエイダ。
子羊を世話する傍らには、エイダの娘が。


孕んでたのかよ。
一発一中かい。


人間も、
「死にそうなときほど子孫を残すための力を発揮する」
らしいので、インマンもそれだったのかと。


結局、父親も助かり、父親の旅仲間と結ばれて子どもにも恵まれ、
家族で幸せに暮らすルビーが、一番ハッピーなんじゃないかと。


★★☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。