壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
イン・ザ・カット
イン・ザ・カット In the Cut (2003/アメリカ)
inthecut.jpg
脱いだ意味が・・・

監督
ジェーン・カンピオン Jane Campion
製作
ニコール・キッドマン Nicole Kidman
ローリー・パーカー Laurie Parker
原作・脚本
スザンナ・ムーア Susanna Moore
出演
メグ・ライアン Meg Ryan (Frannie)
マーク・ラファロ Mark Ruffalo (Detective Malloy)
ジェニファー・ジェイソン・リー Jennifer Jason Leigh (Pauline)
ケヴィン・ベーコン Kevin Bacon (John Graham)
ニック・ダミチ Nick Damici (Detective Rodriguez)
and more


【ストーリー】
ニューヨークの大学で文学を教える女性講師フラニー(メグ・ライアン)。彼女は、いつしか人間関係や恋愛に失望し、他人には心を許さず一定の距離を置いて生きるようになっていた。彼女は、詩やスラングなど“言葉”を集めることでそうした心の隙間を埋めるのだった。そんなある日、フラニーの家の近くで猟奇的な殺人事件が発生。彼女が犯人らしき人物を偶然目撃していたことから、刑事マロイ(マーク・ラファロ)が彼女のもとを訪れる。しかし、フラニーの記憶に残っていたのは犯人の顔ではなく、その手首に彫られたスペードのタトゥーだけ。しかし、これをキッカケに彼女の静かだった生活は一変していく。(allcinemaonlineより)


メグ・ライアンが脱いで、ラブコメ女王のイメージを変えようとしたと思われる、過去に話題だった作品。
観て初めて知りましたが、ニコール・キッドマンがプロデューサーとして参加していました。( ´・∀・`)へー

あと、ケヴィン・ベーコンが出ていて、また脱いでました。
脱ぐの好きだね・・・
でも、それも納得の肉体美。
フラニーの元彼でストーカーの医者役でしたが、
「そんなに鍛えておく必要あるのか?」
と思うほど、鍛え上げられたカラダでございました。


全体的に、どっちつかずなぬる~い感じが漂って、眠くなること間違いなし。

フェミニズムがどーちゃらとか言われそうな作品ですが、興味がないため面白さ分からず。
ミステリーとしては最悪です。
せっかく脱いだけど、ヌードキレイじゃないし。
整形したクチビルも違和感たっぷり。

ケヴィン・ベーコンの怪しいストーカーっぷりが効いてましたけど、見どころはそれくらいかなぁ。


途中、寝ちゃいましたYO


★☆☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。