壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ビッグ・フィッシュ
ビッグ・フィッシュ Big Fish (2003/アメリカ)
bigfish.jpg
ティム・バートンの不思議ワールド

監督
ティム・バートン Tim Burton
原作
ダニエル・ウォレス Daniel Wallace
脚本
ジョン・オーガスト John August
出演
ユアン・マクレガー Ewan McGregor (Ed Bloom [Young])
アルバート・フィニー Albert Finney (Ed Bloom [Senior])
ビリー・クラダップ Billy Crudup (Will Bloom)
ジェシカ・ラング Jessica Lange (Sandra Bloom [Senior])
ヘレナ・ボナム=カーター Helena Bonham Carter (Jenny [Young & Senior] & The Witch)
アリソン・ローマン Alison Lohman (Sandra Bloom [Young])
マリオン・コティヤール Marion Cotillard (Josephine)
マシュー・マッグローリー Matthew McGrory (Karl the Giant)
スティーヴ・ブシェミ Steve Buscemi (Norther Winslow)
and more


最近、赤マル急上昇のユアン・マクレガー
以前から好きな俳優なので彼の作品はけっこう観てはいるのですが、それほど熱烈になれず。
でもなんか、ここ数日で、急に彼がイケメンだということに気付きました(´∀` )

そんなユアンのキュートな笑顔に胸打たれつつ、2003年に主演したティム・バートン監督作品を鑑賞。

いくら可愛くても、18歳の役は無理があるのでは・・・・
ちょっと変な声だし(関係ない)


【ストーリー】
出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム(ビリー・クラダップ)。彼の父エドワード(アルバート・フィニー)は自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。(allcinemaonlineより引用)


題名のビッグ・フィッシュとは、ウィルとエドが不仲になった原因の昔話に出てくる、川の主。
エドが語るたくさんの“つくり話”を、頭ごなしに否定するウィルですが、病に倒れた父の変わりに片付けていた家の中で、父の過去に関する品々や手紙に出会い、父の過去の真実を求めていきます。

その中で、つくり話ばかりして留守がちだった父の真実が少しずつ明かされ、そして父が、どれほど家族を愛していたかを知ります。

しかし、程なくして父は発作に倒れ意識不明に。
エドの死に際、真実ばかりで面白みのない話しかしないウィルは、エドのために精一杯のおとぎ話を語って聞かせます。

そして、それを聞いて満足げに死んで行くエド。
死の間際、やっと父子が分かり合えたよ、というお話。

お葬式には、つくり話とばかり思っていた、エドの思い出の人々が大勢集まります。
そこでまた語り継がれていくエドの物語。
つくり話でもおとぎ話でも、父の存在は“ビッグ・フィッシュ”のように語り継がれ、皆の心の中にいつまでも残りましたとさ。



ティム・バートンの不思議ワールド全開です。
おとぎ話の語り手でウィルの父親で主人公のエドの若かりし日を、キューティ・ユアンたんが演じています。
出だしの“18歳”という年齢設定にはやや閉口ですが、ま、この際固いことは言わず。
あんまりユアンの魅力が発揮されていませんでしたが、ま、このs(ry

色んな映画で観たことある人たちがいっぱい出てきて豪華です。
まだ観てないですけど、チャーリーとチョコレート工場で大発生して踊ってるウンパ・ルンパの人もいた。

あと、この監督、妻を出演させるの趣味ですか?


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
ファンタジーって、あまり感情移入が出来ないので特に好きなジャンルではないのですが、さすがティム・バートン監督!スッゴク良かったです!ファンタジーな部分と現実の部分がきちんと分けられているのでコレなら私でもOKでした!!父親の話す、信じがたいストーリ...
2005/12/07(水) 21:21:30 | ☆ 163の映画の感想 ☆
ユアン・マクレガー主演のファンタジー・ドラマ。どこまでホントの話か作り話かわからないお父さんの昔話。笑いあり、涙あり、感動あり・・・やっと最期の時となって、お父さんの素晴らしさに気づいた息子。ユアン・マクレガーの一人舞台みたいだね。これは・・・という作品
2005/12/07(水) 23:56:29 | ひらりん的映画ブログ
原題:Big Fish  -父と息子のファンタジーワールド- ティム・バートン監督の最高傑作といって間違いないと言いたい。ファンタスティックな感動作品で文句の付けようもない。ジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)とジョセフィーン(マリオン・コティヤール)の結婚
2005/12/08(木) 00:58:53 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
父親の病状が悪化し死期が近づいたことで、喧嘩別れした息子が数年ぶりに対面。同じよう境遇を経験した方にしたらこの作品は特別な印象を受けると思います。監督は「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートンです。 ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション
2005/12/08(木) 11:08:32 | 青いblog
ティム・バートン監督作品ティム・バートンが空想を忘れた大人に送るおとぎ話。もう映像全体が色鮮やか。ファンタジーの世界にいるようだ。これぞ、ティム・バートンワールド。物語は父親に反発する息子の話。しかし、父親の話が面白く、と言うか嘘くさく、い....
2005/12/10(土) 09:35:08 | 「月の風」シネマ日記
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュビッグ・フィッシュを観た。今年の夏の拾いものは「チャーリーとチョコレート工場」だった。前にもこのブログで書いたがヒューマン=ブラック・ボックス 「...
2005/12/17(土) 07:57:16 | ヒューマン=ブラック・ボックス
生きることは素晴らしいって思えちゃう。人生なんてありきたりな事の繰り返し。でもそんなありきたりだって考え方ひとつで面白おかしく変わるんですよねぇ。夫婦の愛、親子の愛、たくさんの愛がつまってます。
2005/12/18(日) 02:47:44 | 愛と虐殺の日々
 今頃になって深夜に一人で、DVDの「ビッグフィッシュ」(2003)を観る。これほどズバリの悪夢、あるいはスリリングな夜はない。観始めた時は眠かった。さらに途中で睡眠薬3種5錠(右のプロフィール欄に書いてある)をのんだんだが(非常識でしょう。でものんでも
2006/01/03(火) 14:17:38 | 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。