壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ Hide and Seek (2005/アメリカ)
hideandseek.jpg
演技派 vs 演技派

監督
ジョン・ポルソン John Polson 
出演
ロバート・デ・ニーロ Robert De Niro (David Callaway)
ダコタ・ファニング Dakota Fanning (Emily Callaway)
ファムケ・ヤンセン Famke Janssen (Katherine)
エリザベス・シュー Elisabeth Shue (Elizabeth)
エイミー・アーヴィング Amy Irving (Alison Callaway)
ディラン・ベイカー Dylan Baker (Sheriff Hafferty)
and more


観る前からラストが想像できる単純なお話ですが、結末を知っていてもめちゃくちゃ怖かった(´Д`lll)


“心に傷をおった人は、もうひとつの人格を持つ”

これがストーリーのキーワードで、妻を亡くしたデヴィッド(ロバート・デ・ニーロ)と母を亡くしたエミリー(ダコタ・ファニング)の、心の傷が恐怖のループをつくりあげていきます。
精神状態の不均衡が人に与える影響の恐ろしさに、脳みその奥がしびれるような感覚を覚えました。


以下めちゃくちゃネタバレ


最愛の母の、リストカット自殺を目の当たりにしてしまうエミリー。そのショックから彼女は心を閉ざし、彼女のため、父親のデヴィッドはN.Y.の郊外へ引っ越すことに。
新居での生活を送るうち、エミリーは想像の中で“チャーリー”という友達をつくり、彼とかくれんぼをして遊ぶのだが・・・


実はこのチャーリー、父親のデヴィッドの別人格。
チャーリーがいつ出現したのかは不明だが、恐らく妻の浮気を発見したときかな?
妻はチャーリーが殺害したようなので。

(しかし、アメリカでは別バージョン&別エンディングがあるらしく、そちらでは、エミリーが空想の友達を求め、それに応じてチャーリーを作り上げてしまった、というお話もあるそうなので、妻殺害が先なのか後なのかは不明。)
でもここは日本版で話をしましょう。


エミリーがチャーリーについて、
「言えない、秘密なの」
と繰り返すため、デヴィッドが想像の友達だと思っているチャーリーはずっと不明のまま。
しかし、想像の友達のわりには、落書きをしたり猫を殺したり人を殺すので、「本当は誰なのか」と観客を疑わせ怖がらせます。そのために、デヴィッド&エミリーのまわりにいる男性は、皆ちょっと怪しい行動をとる。全員が「もしかして!?」と思って疑ってしまいたくなるような演出。
チャーリーが誰なのか知っていても、思わず疑いそうになるくらいうまい演出でした。

エスカレートするチャーリーのいたずらに、頭を抱えるデヴィッド。
徐々にいたずらは過激になり、そしてエミリーはそんなチャーリーに怯えます。


つかもうね、ダコタ最高。

ここまで怖がれたのは、間違いなくダコタとデ・ニーロの演技力のおかげと言っていいと思います。すごすぎる。
ダコタの悲しむ顔、怯える顔、少しずつやつれていく表情のどれも素晴らしいというか、もうマジすげぇ、って感じ。
実際撮影中、彼女は役に入り込みすぎて不眠症になったとか。
どんな11歳だよ・・・

そして、デ・ニーロ怖すぎる((;゚Д゚)ガクガクブルブル
背筋がぞっとする、とは彼の演技のことではないでしょーか?
チャーリーがデヴィッドを乗っ取るシーンなど、全身に鳥肌が立ちました。

ラストは、彼の教え子でエミリーの主治医のキャサリン(ファムケ・ヤンセン)がチャーリーを殺し、エミリーを守ります。
真っ暗闇の中で、水に落ちた拳銃をどうやって拾ったのか、水に濡れたはずの火薬はいつ乾いたのか、など、突っ込みどころは満載でしたが、恐怖に怯えつつも父親を目の前で殺される悲しみを、完璧に演じたダコタに感動。


その後、エミリーはキャサリンに引き取られ、笑顔と平穏を取り戻して生活をします。
しかし、エミリーの描いた絵に、彼女の第二の人格を示唆する描写が・・・!(((( ;゚д゚)))アワワワワ

“心に傷をおった人は、もうひとつの人格を持つ”

これは繰り返される、ということでしょうか。
エンドロール寸前まで、鳥肌には事欠かない映画でした。


ちなみに、別エンディングとは・・・

父親が目の前で死んだ後、精神病院の206号室に入れられたエミリーが、誰もいない部屋で誰かにむかって喋り続ける、というものらしいです Σ(´Д`lll)コワスギル・・・
(206・・・デヴィッドが妻の死に気付いた時間。そしてチャーリーのいたずらに気付く時間も、いつも2:06だった。)
(つまり、そのエミリーの行動が、デヴィッドにチャーリーを生み出させた、という〆らしい_| ̄|○)



演技派(デ・ニーロ)と演技派(ダコタ)の勝負ですが、僅差でデ・ニーロの勝利です。おめでとう。


★★★★☆




人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
別バージョン
参考になりました。
別バージョンの方がすっきりしますね・・・こわいけど。
2005/05/11(水) 19:22:41 | URL | kossy #YaTS71PM[ 編集]
DVDには
入るのでしょうかね?
わたしも実際みたわけではなく、人に聞いただけなので、確かめてみたいです。

でも、聞くだけでぞっとする・・・('∀`;)
2005/05/11(水) 23:22:41 | URL | りょう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
映画の日ということでファボーレ東宝で『ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ』『Shall we Dance?』の二本を観てきました。連休中ということもあり、9時半に着いた時にはこれまでに見たことのないほど行列ができておりました。みんな考えることは同じですね。一回目の
2005/05/11(水) 12:14:18 | xina-shinのぷちシネマレビュー?
 多忙なダコタ・ファニングは学校の勉強をするヒマがあるのだろうか?語学だけは優れていそうなのだが、算数は苦手そうだ。eight and thousand・・・ 前半は大きな事件が起きるでもなく、オフシーズンの避暑地と不気味な雰囲気を存分に味わえる内容。登場する人物のディラ
2005/05/11(水) 19:21:54 | ネタバレ映画館
知ーらない町で映画を観たーい。ということで、昨日に引き続き、ニュータウンづいて、
2005/05/11(水) 21:33:51 | サウンドトラックとその周辺
 母の自殺以来、心を閉ざしたエミリー(ダコタ・ファニング)は、心理学者の父デビッド(ロバート・デ・ニーロ)とともにニューヨーク郊外へ引っ越した。デビッドはエミリーに友達を作るように仕向けるが、エミリーは誰にも心を開くことはなく、見えない友達「チャーリー.
2005/05/11(水) 23:46:44 | ルーピーQの活動日記
ロバート・デニーロ、ダコタ・ファニング主演。チネチッタで17:45の回を見たんだけど・・・暖かくなったから??GWが近いから??デニーロ・ファンが多いから??お客さん、いつになく高校生が多かったのは何故?でしょう。2005年製作のサスペンス・ホラー、102分
2005/05/12(木) 02:41:46 | ひらりん的映画ブログ
ホラーは一人で見るのイヤなのに結局一人で見てしまった。 でもオカルトホラーかと思っていたらサイコホラーだったので命拾い。結果論だけど。 やっぱり「家」って怖い。 恐怖体験をする時に場所なんて選ばないのかもしれないけど、いかにもな墓場より、何か出てきそ
2005/05/12(木) 18:55:10 | ポップコーンにバターおかけしますか
★本日の金言豆★全日本かくれんぼ協会:「かくれんぼ」にはまった有志により構成。兵庫県温泉町を中心に全日本かくれんぼ大会を実施中。 本作は、子役が主演で、タイトルも”かくれんぼ”って字面は可愛いですけど、親子で観に行ける内容じゃございませんので一応念のため
2005/05/16(月) 12:00:21 | 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
5.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)お前かよ・・・と、いちおーツッコミを入れつつ、デ・ニーロとダコタ・ファニングの共演が話題となったサスペンス・スリラーです。う~ん・・・思ってた以上に古典的なパターンでしたね。残念ながらネタが分かった
2005/12/29(木) 05:09:07 | ぶっちゃけ…独り言?
『ハイド・アンド・シーク        /暗闇のかくれんぼ』 2005年アメリカ(102分)監督:ジョン・ポルソン 出演:ロバート・デ・ニーロ   ダコタ・ファニング   ファムケ・ヤンセン   エリザベス・シュー   エイミー・アーヴィ....
2006/01/17(火) 20:27:59 | WILD ROAD
幼い娘のひとり遊びが暴走し父娘を恐怖に陥れるサスペンス・スリラー。トラウマを抱えた一人娘によってつくり上げられた空想の友達「チャリー」が巻き起こす恐怖の連鎖と、驚愕の真相、そして極限状況で浮かび上がる父と娘の心の絆を描く。出演はロバート・デ・ニーロとダ..
2006/01/18(水) 13:17:15 | Extremelife
この映画を観る前に私が思っていたこと。え。デ・ニーロとダコタちゃんが、親子?・・・孫じゃなくて?(^^;で、この映画を観た後に思ったこと。デ・ニーロと、ダコタちゃんじゃなかったら、つまんなかっただろうな。ネタバレしちゃいけないタイプの映画だと聞いていたので期
2006/01/19(木) 13:30:29 | cube1555.com
ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニングの二人が共演した映画「ハイド・アンド・シーク」をDVDで観ました。この映画は、劇場公開時には観ていませんでした。(公開は2005年4月でした。)ホラー系、恐い系映画が嫌いな私は、当時の予告編で「もう、いいかい?」..
2006/01/19(木) 16:44:46 | GOOD☆NEWS
かなり早いところで、オチがわかってしまいました。。。もう少し、話にひねりが欲しかったなぁ。。。父親役がロバート・デ・ニーロ、娘役がダコタ・ファニング、自殺した母親、怪しい隣人、父親の職業は心理学者、おかしくなっていく娘ってねぇ、、、出来すぎでしょ!...
2006/01/19(木) 20:53:54 | ☆ 163の映画の感想 ☆
既視感ありありで、正直ダレた。途中深い眠りに入っていたようで・・・。昔に比べてデ・ニーロも最近は作品に恵まれていない気がするなぁ。ダコタ嬢も、成長するにつれて段々、個人的に苦手な顔付き女優となりつつある・・・。開花しきれない女優ファムケ・ヤンセン....
2006/01/21(土) 10:20:23 | 雑板屋
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼいやぁ、オカルト心霊ホラーだと思っていたのに、、、サイコでしたか、、、実はホラーだと思って、期待していました。 期待はずれ、、、さすが、ダコタ・ファニング ちゃん、ロバート・デ・ニーロ にも、負けていませ...
2006/01/25(水) 14:00:22 | 猫姫じゃ
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。