壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
女はみんな生きている
女はみんな生きている Chaos (2002/フランス)
chaos.jpg
痛快!

監督
コリーヌ・セロー Coline Serreau
出演
カトリーヌ・フロ Catherine Frot (Hélène)
ラシダ・ブラクニ Rachida Brakni (Noémie/Malika)
ヴァンサン・ランドン Vincent Lindon (Paul)
オレリアン・ウィイク Aurélien Wiik (Fabrice)
リーヌ・ルノー Line Renaud (Mamie)
クロエ・ランベール Chloé Lambert (Florence)
マリー・ドナルノ Marie Denarnaud (Charlotte)
イヴァン・フラネク Ivan Franek (Touki)
and more


【ストーリー】
無関心で身勝手なダメ亭主ポール(ヴァンサン・ランドン)と、おバカな一人息子ファブリス(オレリアン・ウィイク)に悩まされる、平凡で多忙な兼業主婦のエレーヌ(カトリーヌ・フロ)。
遅くに出来た、育てそこないのダメ息子ポールに冷たくあしらわれる年老いたマミー(リーヌ・ルノー)。
壮絶な過去を持つ謎の娼婦ノエミ(ラシダ・ブラクニ)。ノエミが守ろうとする、過酷な家庭環境に置かれている妹のゾラ。
4人の女性が、出会い、協力し合って、ダメ男たちを一蹴する、痛快コメディ。


2回観て、2回とも同じ場面で笑ってしまいました。

スピーディでスリリングで、かなり壮絶なストーリーなのにそれを感じさせない面白さ。
ノエミの過去などとくに、かなりエグいのですが、ものすごいスピード感でさらりとみせてくれます。


でも、何がいいって、俳優さんたちの演技力がすごい!
表情が実に多彩で、ちょっと大げさなくらいの顔演技オンパレード。それが分かりやすく絶妙で、なんとも言えないフィット感を生み出しています。
そうそう、こういう時ってそんな顔するよね!
って感じ。観ていて気持ちいいくらい。

エレーヌの、“混乱している平凡なおばちゃん”演技は圧巻です。うっかりした時や、バカ息子&亭主に嫌気のさした顔など、表情だけで笑えます。
ファブリスのバカ顔は愛おしいくらいだし、バカなりにやっと気付いた、自分の失言や失態に動揺する顔とかもう最高。

ノエミの大きくて力のある“目の演技”と、後半、ノエミに骨抜きにされたポールの焦燥しきった表情と演技は必見です。


嗚呼なんかうまく書けないんだけど、とにかく面白いので皆観ろ!w


★★★★★



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
TBありがとうございました

女性には共感できる部分がたくさんある映画ではないかと思います。フランスコメディーの良さがよく出ている映画でしたね。

これからもよろしくおねがいします
2005/05/15(日) 13:39:49 | URL | yyz88 #-[ 編集]
>yyz88さま

こちらこそ、いきなりTBしてしまってすみません。ありがとうございます。

この映画、男性の感想が気になりますね~
女性は比較的、共感できる人が多数派じゃないかな、と思うのですが、男性はどうなんでしょう・・・?

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたしますね^^
2005/05/15(日) 23:02:34 | URL | りょう #skWWKFK6[ 編集]
大変遅くなりましたが、TB有難うございました!

本当に表情が良かったですよね!
ノエミの目の大きさったら!!
そしてどんどんダメになる男達の何ともいえないふぬけ顔!
音楽ともマッチした、スピード感とテンションで引き込まれた作品でした♪
 
2005/05/24(火) 04:12:40 | URL | garam #-[ 編集]
>garamさま

こちらこそ、TBありがとうございます。

皆さん、演技力ありますよね~
とくにダンナのフヌケ顔は最高でしたねw
こういう映画がもっと増えてほしいものです。
2005/05/24(火) 22:21:46 | URL | りょう #-[ 編集]
TBありがとうございました。

 男達が圧倒的に他者で、まるで宇宙人なんだけど、物語が進むにつれ単純でセックスのことしか考えてない生き物なんだー、と提示されていっちゃう過程が笑えます。
 男=女の人生、っていう状態が秩序だとしたら、そこから自由になることが混沌(カオス)ってことなんでしょうか。
 それが幸せか、そうでないかはラストシーンのおばあちゃんの表情を見れば一目瞭然ですね。
2005/06/18(土) 09:21:00 | URL | vegetable-juice #EBUSheBA[ 編集]
>vegetable-juiceさま

ラストシーンのおばあちゃんの表情、すごく良かったですよねー
あの表情をクローズアップして終わったのにはちょっと意外な感じもしたのですが、時間が経つに連れてじわじわと「いいラストだったなぁ」という感情がよみがえってきます。

いろんな意味で楽しめる一本でしたね^^
2005/06/20(月) 01:06:22 | URL | りょう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
製作年:2002年 製作国:フランス キャスト:カトリーヌ・フロ、バンサン・ラン
2005/05/15(日) 13:38:11 | 見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
[DVD映画]★★★★☆ のっけから緊迫感をあおる音楽とスピーディーな展開で、もう目が離せない! こんな勢いのあるパワフルなフランス映画ははじめて!! 「赤ちゃんに乾杯!」のコリーヌ・セローが監督・脚
2005/05/24(火) 04:13:37 | Review Review Review
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。