壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
リアルワールド

桐野夏生 著


母親を殺してしまった少年と、その少年に関わる4人の女子高生。
個々の関わりが絡み合って、そして「取り返しのつかないこと」へ導かれていく。


この人は、読み手を小説の世界に引き込む力が強いと思う。
分かりやすいラストだけど、小説の中に起きた衝撃に呑まれてしまう感じ。
本を持つ手が震えた。

女性グループの陰陽の描写はさすが。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。