壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
未知の領域
初体験してきましたよぉ、

激安バスツアー in 福島!

有名な日本三大桜の一つ、『三春の滝桜』を観に^^



咲いていませんでしたが。




地元の駅からバスが出るということで母と二人で参加。
それでも5時起きでしたが。
近所じゃない人は来るなっていうツアーでしょうか。


てゆーか、福島って東北地方だったんだねぇ。
そりゃ寒いし桜も咲かないよね。
知ってたつもりだったけど、ほんとは知らなかったみたい。

すっげぇ遠かった_| ̄|○

桜を観に行ったというより、
バスに乗りに行ったというほうがしっくりくるくらいバス乗ってたお(゚Д゚#)


てゆーかそのバスが狭い!
不用意に屈むと、前の座席におでこをぶつけるという狭さ。
ロング・フライト・シンドロームになりそう。
足がまず伸ばせません。
身長160cm弱のわたしでだよ?
男の人乗れないでしょう、こんなの。

案の定、浮腫みまくっておりまんた。



で、まぁ、片道5時間くらいかけて、滝桜行ってきましたよ。
何度もいいますが、咲いていませんでしたけど。

頑張ってこれくらい↓
IMG_1013.jpg


全体像はこんな感じ↓
IMG_1034.jpg

というか、なんという巨木・・・!
樹齢1,000年は越えているのではないかと言われている超長寿の桜で、日本最古らしい。天然記念物だょ。
花こそなかったけど、その大きさと気迫に圧倒されました。
これで花付いてたらすごい感動すると思う。
なんか気が出てたよ、木から(シャレ


吉野の二の舞を踏んだわたしですが、
懲りずに満開の時期にまた行きます。
吉野と違って道の整備がされていたので、年取っても行けるところではありますが。




余談ですが、
途中立ち寄った漁港で、周辺の案内図をもらおうとインフォメーションに声をかけたら、

英語のパンフレットを渡されました。
(しかも、日本語のと2部手にして、あえて英語のパンフを渡された)


一体、わたしは何人に見えたのでしょうか?
というか、そんなに日本語の発音が変だったんでしょうか_| ̄|○
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ま、満開ではないけど・・・
でも、いいじゃん、いいじゃん!!
その桜はすごいね。まさに、しだれを超して、滝といっても過言じゃないかも。

英語のパンフレットって!!
何人かと言われますと、うーん、りょうちんは何人でしょ?
私と一緒にフィリピーナはいかかですか?
マレーシア人とも言われますが・・・
って、その違いは私たち日本人には分かりませんけど。
2006/04/21(金) 19:37:18 | URL | なかのさん #-[ 編集]
そういえば滝
滝観にいくツアーも組みましょうよ!
もちろん参加はわたしとなかのさんでw

今日、母がやっと、
なかのさん=滝マニア=N○PP○
ってつながったみたいw
すっごい納得してたょ。

あと、わたしは中国人に見えたのかなぁ、と思いました。
韓国っぽい顔じゃないし、
フィリピン系ではないでしょw
2006/04/21(金) 20:30:32 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
光栄ですわ。
なんかすごいつながりで覚えていただきまして… 素敵なママンに覚えていただいただけで光栄です。

滝見はこれからの季節にいいですね!
近場でも探せばありそうだし、真夏に青春18切符使ってどっか行ってもいいね☆

中国人? うーん、そうかなぁ。りょうちんは、普通に日本人って感じが強いかな。でも、若干南国入ってる気もするけど…個人的には。

ぜひ、福島のインフォメーションセンターの人に聞いてみたいです。




2006/04/24(月) 12:41:38 | URL | なかのさん #-[ 編集]
日本顔
めっさ日本顔だと思うんだけどね、俺。

南国入ってますかぁ?
自覚ないなぁ。
顔も濃くないし・・・・
2006/04/24(月) 20:57:44 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。