壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ブロークン・フラワーズ
ブロークン・フラワーズ Broken Flowers (2005/アメリカ)
brokenf.jpg
無表情コント

監督・脚本
ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch
出演
ビル・マーレイ Bill Murray (Don Johnston)
ジェフリー・ライト Jeffrey Wright (Winston)
シャロン・ストーン Sharon Stone (Laura)
フランセス・コンロイ Frances Conroy (Dora)
ジェシカ・ラング Jessica Lange (Carmen)
ティルダ・スウィントン Tilda Swinton (Penny)
ジュリー・デルピー Julie Delpy (Sherry)
クロエ・セヴィニー Chloe Sevigny (Carmen's Assistant)
アレクシス・ジーナ Alexis Dziena (Lolita Miller)
マーク・ウェバー Mark Webber (The Kid)
and more


【ストーリー】
かつては多くの女性と恋愛を楽しんだ元プレイボーイのドン・ジョンストンは、中年となった現在も勝手気ままな独身生活を送る日々。そんなドンに恋人のシェリーも愛想を尽かして出ていった。
そこへ、差出人不明のピンクの手紙が届く。便せんには“あなたと別れて20年、あなたの息子はもうすぐ19歳になります”と書かれていた。それを聞いた親友のウィンストンは、お節介にもドンが当時付き合っていた女性たちを訪ねて回る旅を段取りしてしまう。そして、気乗りのしないドンを強引に息子探しの旅へと送り出すのだった。(allcinemaONLINEより引用)


“鬼才”と言われる、ジム・ジャームッシュの映画ですが、
すみません、わたし他を観たことがない_| ̄|○
コーヒー&シガレッツ』も観てない_| ̄|○

なんか、モノクロ映画を撮る人らしいね?(受け売り)

知らないことは書けないので、観たまま感じたままに書きますが、
実にのーんびりとしていて、笑わせ方に味がある映画でした。
これは、監督・脚本だけじゃなくて、俳優陣の演技のおかげもあると思いますが、
間の取りかたが上手いっていうのかなぁ、
なんか、取り立てて変わったところのない日常とか、微妙な感情の変化とか表情が笑いになってるんだおね。

上手く伝わってない気がしますが、とにかく“味のある映画”でした。
あと、出演俳優が超豪華!



以下ちょっとだけネタバレ



↑の紹介文では、ドンは
『中年となった現在も勝手気ままな独身生活を送る日々』とあるんだけど、ちょっと印象が違うかな。

表情一つ変えず、どうでもよさそうに『ドン・ファン』を流し観ている彼は、
“過去のプレイボーイだった自分”に捉われている気がする。
そうじゃなくなった今が不満なのか、
ただ懐かしんでいるだけなのか、
それとも、まったく別の感情なのか分かりませんが、
とにかく、“過去にこだわっている”、ちょっと老人性ウツに入りかけたおっさん、って感じでした。
覇気がなくて、あんまり魅力的ではない・・・かな。

自分との未来がない、と不満を持つ恋人シェリーが出て行ってしまっても、
騒ぐでも引き止めるでもなくただ黙って見送って、
そしてまた『ドン・ファン』をぼーっと眺めているだけ。


そんな彼の元に、
『実は19歳になる息子がいて、その息子が訪ねてくるかもしれない』という、その息子の母親と名乗る人物から手紙が。
それを持って、お節介な隣人であり親友であるウィンストンの勧めで、
ドンは「思い当たる過去の女性に会いに行く旅」に出ます。

息子が来るなら息子を待てばいいし、
探すにしても、思い当たる女性に、直接聞けばいいのでは?と思いますが、
①息子がいる
②古いタイプライターを持っている
③ピンクが好き
というキーワードを探してくる、という、謎解きの旅みたいになっていました。

嫌そうにしつつも、でも興味を持ってドンは旅をし、キーワードを探します。
やっぱりそこでも、彼が過去にこだわってる感がありました。

先々で再会する過去の恋人たちのエピソードは、どれも面白いので割愛します。ぜひ観てね♪



でも結局、ドンの過去をめぐる旅からは事実は分かりませんでした。


何故なら・・・・・

というところは書かないでおこう。
手抜きじゃないですよ、決して。

書いちゃうと面白くないので。


旅を通じてドンが得たもの、っていうのが、
わたし的には拍子抜けって感じだったのですが、
その辺も色んな人の感想を聞きたいですねぇ。


よくも悪くも、余韻が残る映画。
これを観たい!と言っていた某T君、早く観てきて感想聞かせてください。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
りょうさん、コメント&TBありがとうございました♪

日々ぼーっと過ごしている(であろう)ドンが、こういうキッカケで重い腰をあげて旅をするということに意味があったんでしょうね~、きっと。
なかなか本人(過去の女性たち)を前に直接聞いたりしないのが良かったりして。。。
思わせぶりなストーリーですよね(笑

雰囲気が好きです♪
2006/05/10(水) 16:50:59 | URL | mig #Dd174Wxo[ 編集]
TBありがとうございました
こんにちは~!
自分的にはなかなか面白かったですよ。ただ何を言いたいのかはっきりしない所が、万人向けではない気もしますけど…
まったり~な曲が眠気を誘いました…汗
笑える所もたくさんあるけど、個人的にはしんみりとした後味でした。
いつもありがとうございます。また遊びにきますね♪
2006/05/10(水) 17:19:12 | URL | charlotte #gM6YF5sA[ 編集]
こんにちは
ドンは女の人にモテモテっていう過去があるようには見えないくらい疲れ果ててましたね。
すぐ、ソファーにごろっと横になってしまうのが、哀愁を帯びてました。
2006/05/10(水) 23:37:31 | URL | km_achin #-[ 編集]
>migさま

TB&コメントありがとうございます。

思わせぶりな感じに、
退屈さを感じる人と
間のよさを感じる人といそうだなぁ、と。

わたしは中間でしたw
2006/05/11(木) 14:02:09 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
>charlotteさま

TB&コメントありがとうございます。

後味は、すっきりしないですねぇ~
結局シェリーの当てつけ行動だった、と解釈すると、余計に。

解釈の仕方で感想が変わりそうですよね。
2006/05/11(木) 14:03:57 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
>km_achinさま

TB&コメントありがとうございます。

疲れ果てた感じが最高に上手いと思いましたw
ソファにうつぶせのまま寝ちゃうところとか、
寝返りも面倒臭いの!?と思わせる感じでしたよね~

でもちゃっかりジャージはオサレしてるし、
そのギャップというか、つかみどころのない感じが良かったです~
2006/05/11(木) 14:08:53 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
オホン ここで一句...。ジム・ジャームッシュ  嗚呼ジム・ジャームッシュ  ジャームッシュ (詠み人 こちゃ麻呂)【2005年 アメリカ映画/映画館にて鑑賞】 ブロークン・フラワーズ(公式HP)【お話し】恋人に愛想を尽かされ去られてしまったドン・ジョンストン(
2006/05/10(水) 16:32:44 | こっちゃんと映画をみまちょ♪
2005年カンヌ国際映画祭グランプリ獲得!というと期待しちゃうけど、ジョニーデップの「デッドマン」はじめ、今まで苦手なのが多かったジム・ジャームッシュ監督の、長編としては6年振りの新作というのもあって、超・満員のマスコミ試写室。。。5月公開を前に、ひと足早く
2006/05/10(水) 16:51:47 | 我想一個人映画美的女人blog
2005年カンヌ映画祭グランプリ作品{/kirakira/} ジム・ジャームッシュ監督主人公は人気刑事ドラマ「マイアミ・バイス」の「ドン・ジョンソン」と一字違いの「ドン・ジョンストン」・・・名前をいちいち人に説明しなくてはならないところがまた可笑しい。本人にしてみれば結
2006/05/10(水) 17:14:24 | シャーロットの涙
■監督・脚本 ジム・ジャームッシュ ■キャスト ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ティルダ・ウィンストン、フランセス・コンロイ、ジュリー・デルピー□オフィシャルサイト  『ブロークン・フラワーズ』   注)オフ
2006/05/10(水) 17:36:44 | 京の昼寝~♪
カンヌ国際映画祭2005 審査員特別グランプリ受賞ビル・マーレイ、シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン主演ドン・ジョンソンはIT産業で成功し裕福な暮らしをしています充分な貯えがあり 今はこれといってすることがありま
2006/05/10(水) 17:53:55 | travelyuu とらべるゆう MOVIE
連休中のレディースディでチケット売場が大混雑しているなか(子供連れがほとんど)、「ブロークン・フラワーズ」を観ました。外の大混雑とは反対に、この映画は空いていて20名程(9割が女性で1割はシニアの男性)の観客でした。ポスターの写真を見ただけで「これは感動
2006/05/10(水) 23:38:32 | まぁず、なにやってんだか
「20年前にあなたの子供生んだの」なんて手紙が来たら、ビビリますよねぇ~。でも、その気持ちって女の人にはわからない感情ですよねぇ。女だったら、自分が知らないうちに自分の子供がどこかにいるなんてことないからねぇ~。そんなわけで、近所のお節介さんのスス...
2006/05/10(水) 23:56:18 | ☆ 163の映画の感想 ☆
人生は思いがけない驚きを運んでくる ダメな人生も愛おしい!  見る人とその時の気分を選ぶんだよなぁ。。この監督・・・でもジム・ジャームッシュ監督の作品ではこれが一番好きだな。点数つけるとしたら5点満点で 1点か5点(爆 (そのときの気分次第な点数になるわ
2006/05/11(木) 00:44:25 | 色即是空日記+α
ビル・マーレイ主演。このおっさん、間抜けな役が多いよね。なにせ、「ゴースト・バスターズ」ですから・・本作品公開にあわせ、テレビ東京で昼間放映してたけど・・・相乗効果で客の入りが、良いんだか悪いんだか・・・
2006/05/11(木) 02:40:39 | ひらりん的映画ブログ
   ※注 多少、物語に関して核心に触れる部分に言及しています。 さかりを過ぎた、女ったらしのドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)のもとに、一通のピンクの手紙が届く。 封筒の中身の便箋には、赤い字で・・・ あなたと別れて20年....
2006/05/11(木) 03:37:57 | とにかく、映画好きなもので。
絆創膏 できれば花にも 貼って欲しい  アルジャーノンじゃなく、かつての恋人たちに花束を。ミスター・グッドバーじゃなく、ピンクの手紙の差出人を探して。差出人との間にできた息子の存在を求めて。 それにしても、こんなに似たお話を続けて観るとは。しかも監督、
2006/05/11(木) 16:53:31 | 空想俳人日記
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(128) ブロークン・フラワーズ-ビル・マーレイあってのブロークン・フラワーズ。恋人(ジュリー・デルピー)が出て行った。出て行った恋人と入れ替わりのようにドン(ビル・マ....
2006/05/13(土) 15:00:09 | ヒューマン=ブラック・ボックス
今日は某ラジオ局のサイトで当選した 『ブロークン・フラワーズ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に
2006/05/13(土) 19:28:28 | しましまシネマライフ!
                                              【映画的カリスマ指数】★★★★★  孤独に枯れた花・咲き誇る過去の花 
2006/05/14(日) 21:04:40 | カリスマ映画論
★本日の金言豆★ドン・ジョンソン:1950年12月15日~。米モンタナ州出身。テレビドラマ「マイアミ・バイス」クロケット刑事役で有名。2006年4月29日公開 2005年カンヌ映画祭で観客
2006/05/14(日) 23:57:20 | 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。