壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ダ・ヴィンチ・コード
ダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code (2006/アメリカ)

なんのための映画化?

監督
ロン・ハワード Ron Howard
原作
ダン・ブラウン Dan Brown  『ダ・ヴィンチ・コード
脚本
アキヴァ・ゴールズマン Akiva Goldsman
出演
トム・ハンクス Tom Hanks (Robert Langdon)
オドレイ・トトゥ Audrey Tautou (Sophie Neveu)
イアン・マッケラン Ian McKellen (Sir Leigh Teabing)
アルフレッド・モリナ Alfred Molina (Bishop Aringarosa)
ジャン・レノ Jean Reno (Captain Fache)
ポール・ベタニー Paul Bettany (Silas)
ユルゲン・プロフノウ Jurgen Prochnow (André Vernet)
エチエンヌ・シコ Etienne Chicot (Lt. Collet)
ジャン=ピエール・マリエール Jean-Pierre Marielle (Jacques Sauniere)
and more


【ストーリー】
ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起きた。ソニエールの遺体はダ・ヴィンチの有名なスケッチ「ウィトルウィウス的人間」図に模され、そして周囲には謎の暗号が残されていた。
フランス司法警察のファーシュ警部は、講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドンに協力を依頼、事件現場に呼び出す。宗教象徴学の権威であるラングドンはさっそく暗号の解読を始めるが、この時警部はラングドン自身をこそ疑っていた。
そこへ、暗号解読官ソフィー・ヌヴーが現われる。ソフィーは残された暗号から、ソニエールが事件の解決にソフィーとラングドンを指名していることを確信。容疑者として見張られている事実をラングドンに伝え、そしてファーシュ警部から逃れて事件解決に乗り出す。(allcinemaONLINEより一部引用)



原作の忠実なる映画化、この一言に尽きる。


良くも悪くも、“超”がつくくらい忠実で、
良く言えば、原作ファンを裏切らない、
悪く言えば、面白味がない。

ただ、最初から「観客が原作を読んでいることを前提に」つくられているので、細かい設定とかはけっこう端折られている。
原作読んでない人には「?」ってところが何箇所もあるかも。
読んでる人には何もない。
あ、ラングドンが瞬間記憶能力者って設定になってたか。
でもそれくらい。

文字を追いながら想像した景色や人物の距離感、天候や街の色などが、そのままに映像化されていた。
「なんか観たことあるなぁこの景色」と感じるくらい。

ミステリーとしては原作の時点で二流以下、
さらにそれをそのまま映像化しただけ。
面白いわけがない。
原作をどう面白くするか、期待してたのに。


この映画、というかお話は、
発想と設定を楽しむためのものだと思う。
シオン修道会の謎、
テンプル騎士団の財宝、
聖杯の秘密、
キリストにまつわる、隠されたもう一つの歴史。
『キリストには妻子がいてそして現代にその末裔がいる』という発想を、それに関係する色んな作り話を交えながら、その妄想ストーリーを楽しむものである。
それ以上のものはなにもない。

だから、この映画に一部のキリスト教関係者が反発している、という事実はナンセンスよね。
それも広報活動の一環かしら。



この映画で唯一良かったのは、シラス役のポール・ベタニー。
やばいくらいの存在感と演技力で、出演陣の中でも抜きん出て光っていました。
ストーリーの中でもかなり重要な役どころなので配役気になってたんですが、文句なしです。


【まとめ】
プレス試写で失笑が起きたことも、
原作ファンが絶賛したのも、どちらも納得の出来、ということで。


★★☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
難しいのは好きじゃないので
これは パス
簡単な映画がすきですwww
2006/05/20(土) 19:14:40 | URL | 心斎橋すーじー♪ #-[ 編集]
>心斎橋すーじー♪さま

難しくないですよ、
シンプルで、分かりやすい映画。
超大衆向けです。

あとは好き好きですねぇ
2006/05/20(土) 21:15:46 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
おおー
さっそく観にいかれましたか。
なんか皆さん、映画館の前でやたら並んで
いたそうな…

「ダヴィンチ…」は原作すら読んでいないけれども
どうなんでしょう?キリストが妻帯してて
子どもまでいたとか、なんか露骨に話題性狙いの
作品なのかしらと勝手に予想しています。
宗教系はどれもナイーブなものだから、題材と
して使う事自体、卑怯な気がする。
話題になるの当たり前だもん。
そういや「ドグマ」とかも問題になったけなー。
デイモン様は可愛かったけど(´∀`*)ウフフ
2006/05/20(土) 23:55:53 | URL | ももこ #4ARdecsc[ 編集]
TBありがとうございました
こんにちは♪
可もなく不可もなくでしょうか。
>この映画、というかお話は、 発想と設定を楽しむためのものだと思う
そうですよね。
原作もあまりにサクサク謎が解けていき過ぎて鼻白んだところもありました。
全てはダヴィンチというネームヴァリューと発想の面白さだったと思います。
カンヌなどでの不評は更なる宣伝効果を挙げましたね。
2006/05/20(土) 23:59:31 | URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
こんばんは!TBありがとうございました。
私は原作未読だったのですが、人物関係の描写の薄さに少々戸惑いました・・・他にも原作読んでれば納得できるようなシーンも多く見受けられますね。そういう意味で少々残念でした。


2006/05/21(日) 00:01:43 | URL | baoh #JalddpaA[ 編集]
(=゚ω゚)ノ
>桃タン

一応、超話題なので原作も読み、
超話題なので初日に観たw
ちょwミーハーww

ご指摘の通り、
キリストの新事実、聖杯、ダ・ヴィンチ、と、面白キーワードてんこ盛りの作品です。
そりゃあ売れるよね、っていう。
↑でも書いたけど、
そういう発想をして、それを文字にして、さらにそれを映像化した、という、
それそのものを楽しむもの、って感じかなー

>ドグマ
あれもねぇw
マットを観る以外、なんの価値もない映画でしたけど。
2006/05/21(日) 00:05:33 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
TBありがとうございます
>ミチさま

同感です。

これだけのネタが揃っていれば、
人は気にしますもんねw

>カンヌの不評
その後の一般公開の好評、と、
話題づくりが上手でしたよね~
2006/05/21(日) 00:09:21 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
TBありがとうございます
>baohさま

シラスの過去とか、もっと深くつっこむべきですよね。
読んでいたので納得できてますが、
何故シラスがあそこまでの修行僧になるに至ったのか、とか、けっこう大切だと思うんですけどね^^;

アリンガローサ司教も、かなり端折られてましたねぇ・・・

ティーヴィングの手下が死ぬところなんて、
原作読んでなかったら、ほんと意味不明だと思うんですけど・・・
2006/05/21(日) 00:12:55 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
こんばんは~
TBありがとうございました
こちらからは今重たくてなかなかつけられないようです~また後でいただきにあがりますね。とりあえずコメントを残していきます♪
そうっか~、原作読んでるともうすでにネタバレ状態ですものね。それ以上に魅せてくれないとつまらいのはハリーポッターと同じかなあ。笑
ポール・ベタニー、哀しさも見えてきたし、とても良かったと思うのですが、やはり周りとのつながりとかそれまでの心理的変化がわかりにくかったです。
2006/05/21(日) 00:41:20 | URL | charlotte #gM6YF5sA[ 編集]
重たかったですね・・・
>charlotteさま

すみません、TB受け付けなかったようで・・・
お手数おかけします><

そうなんですよ、
原作にあまりに忠実で、ネタバレもいいとこw
ハリポタは、ネタバレしててもCGで楽しめるからまだいいんですけど、
そういうわけでもないので・・・

>P.ベタニー
ほんと、シラスの過去が浅くて、
勿体無かったですよねっ
もっとちゃんと描いて欲しかった・・・
でも時間足りないw
2006/05/21(日) 01:56:45 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
TBありがとうございますー☆りょうさん

ワタシのところのコメントのお返しは明日書かせてもらいますねっ

それにしても、長かった~ (汗っ
2006/05/21(日) 02:02:51 | URL | mig #-[ 編集]
おはよーございます
>migさま

TBありがとうございます。

長い映画でしたねぇ
アクビが出ましたw
2006/05/21(日) 10:04:20 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
今晩は☆
TB有難うございます。^^
原作が未読での観賞だったので、確かに司教やシラスの背景が分かり難かったです。^^:
謎解き部分もアッサリだったので、もう少し観客にも楽しませて欲しかったかなぁ~と思いました。

2006/05/24(水) 22:43:06 | URL | ルーピーQ #-[ 編集]
すみません!
「ナイロビ~」に続き、こちらにもお邪魔します。
TBさせていただきます、と書くところを間違えてしまいました(汗)
改めてTBさせていただきます。m(_ _)m
2006/05/24(水) 22:49:32 | URL | ルーピーQ #-[ 編集]
わざわざ
>ルーピーQ様

ありがとうございます^^
こちらこそ、TB感謝です。

>司教やシラスの背景

そうなんですよねぇ。
明らかに説明不足でしたよね。
製作側がはっきりと
「原作を読んでいることが前提」
と言っちゃってますから、
当然の出来、という感じもしますけども・・・

でも、それって映画化の意味あるのか、という疑問感じますね。
2006/05/24(水) 23:17:35 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
映画館にて「ダ・ヴィンチ・コード」ダン・ブラウンの同名小説の映画化。カンヌ映画祭のオープニング上映(プレス向け)で拍手がなかったなど話題をまいている大作がいよいよベールを脱いだ。ルーブル美術館館長の死体が発見され、そこに残されていた不可解な暗号を宗教象徴
2006/05/20(土) 23:55:47 | ミチの雑記帳
「ダ・ヴィンチ・コード」を千日前敷島シネポップにて鑑賞。閉館後のルーヴル美術館。ダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわる、館長の死体が発見
2006/05/20(土) 23:58:57 | 雑記のーと Ver.2
----この映画、全世界での公開直前になっていくつもの障壁が立ちはだかってしまったね。 「あっ、カンヌで評判が悪かったことね。カトリック系団体によるソニー製品の不買運動もあったりで、大変な船出となってしまった」----宗教界の批判の方は日本では逆に宣伝にもなるか
2006/05/21(日) 00:04:31 | ラムの大通り
ダ・ヴィンチと 暗号と 薔薇…
2006/05/21(日) 00:34:17 | 悠雅的生活
甘かった。。。。これほど原作を読んでから観れば良かった~。と思った事もそうない。いつも原作を読まずに、なるべく前知識ナシで観るワタシですが、、、、読んだ人は皆面白いというし、原作読まずに観ると難解と聞いてたのでちょっとは不安だったんだけど。。。読んでたら
2006/05/21(日) 02:04:04 | 我想一個人映画美的女人blog
評価:55点ダ・ヴィンチ・コード公開前に悪い噂しか聞かなかったので、かなり心配していたのですが、そこまで悪い映画でもないと思いました。まぁ、よくもないんですけどね。この映画は、例えるならば、「超豪華チャーター機で行く!パリ0泊2日の旅!!」って感じです。
2006/05/21(日) 02:13:56 | 平気の平左
【監督】ロン・ハワード【出演】トム・ハンクス/オドレイ・トトゥ/イアン・マッケラン/ジャン・レノ/ポール・ベタニー【公開日】2006/5.20【製作】アメリカ【ストー
2006/05/21(日) 03:28:54 | シネマをぶった斬りっ!!
監督:ロン・ハワードCAST:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニーフランスに滞在していたハーバード大のラングドン教授(トム・ハンクス)は、ある夜ルーブル美術館の館長と会う約束をしていた。しかしその夜館長は、
2006/05/21(日) 06:24:06 | *Sweet Days*  ~movie,music etc...~
どうせ観るなら、プレミアシート♪しかもポイントで通常料金アップグレードできるし(笑)リクライニングシートでゆったり鑑賞・・・したいじゃないですか?できるならね。噂の公開直前、カンヌで賛否両論だって『ダ・ヴィンチ・コード』公開初日朝の回で、堪能してき...
2006/05/21(日) 08:46:56 | 黒猫のうたた寝
≪ストーリー≫閉館後のルーヴル美術館。ダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわる、館長の死体が発見された。死体の周りに残された、不可解な暗号。その暗号の中には、その夜、彼が会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンの名前が
2006/05/21(日) 09:27:16 | ナマケモノの穴
爆発のない「ナショナル・トレジャー」(笑
2006/05/21(日) 10:38:55 | Akira's VOICE
本を読んだのは遠い昔。すでに「犯人誰だったっけ?」という 情けないレベル。それでも見ているうちに思い出すし、 足りなかった映像という部分を補ってもらうことができた。 カンヌで酷評された作品。確かに長かったけど割りと飽きずに 見れました。 宗教的に、確かにこれ
2006/05/21(日) 10:52:27 | キマグレなヒトリゴト
ある程度の話題性はあるとは思ってましたが、ここまで映画が世界的大きな現象になるとは思ってもいませんでした・・・。ニュース見てびっくり!昨日世界同時に映画が封切されましたがすごいですよね~原作本を読んでだいたい内容は知っているので、昨日すぐ観に行こうとは..
2006/05/24(水) 21:35:03 | 映画って素晴らしいもん
ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を仕組んだのか。今年最大の事件が遂に始まる。
2006/05/27(土) 01:16:06 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
さるおです。 『THE DA VINCI CODE/ダ・ヴィンチ・コード』を劇場で観たよ。 観終わってすぐ、愕然としましたね(涙)。 ヒミツを知ってるの、ソニエール館長さんたちだけじゃなかったぁーっ! ミッテランも、イオ・ミン・ペイ(貝聿銘)も、けっこう知ってる人いっぱいいたぁ
2006/05/28(日) 22:10:52 | さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。