壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ナイロビの蜂
ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER (2005/イギリス)

切なすぎる・・・

監督
フェルナンド・メイレレス Fernando Meirelles
原作
ジョン・ル・カレ John Le Carre  『ナイロビの蜂』
脚本
ジェフリー・ケイン Jeffrey Caine
出演
レイフ・ファインズ Ralph Fiennes (Justin Quayle)
レイチェル・ワイズ Rachel Weisz (Tessa Quayle)
ユベール・クンデ Hubert Kounde (Arnold Bluhm)
ダニー・ヒューストン Danny Huston (Sandy Woodrow)
ビル・ナイ Bill Nighy (Sir Bernard Pellegrin)
ピート・ポスルスウェイト Pete Postlethwaite (Dr. Brandt)
and more


上演開始直後は、
レイフ・ファインズ相変わらずのイケメンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
と心の中で叫んだり、
ていうか弟と似てないよなぁ、どちらかというとケビン・コスナー似よね、とつぶやいてみたり、
ジャスティンとテッサの、知り合ってからベッド・インするまでの速さなどに突っ込んだりしていましたが、
ものすごく、ものすごぉぉぉく切なくて、心に沁みるお話でした。

テーマそのものも考えさせられるものだし。


【ストーリー】
アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見ない振りを決め込んでいた。ところがそんなある日、テッサは救援活動中に何者かに殺されてしまう。警察はよくある殺人事件の一つとして処理しようとしていた。しかし、事件に不審なものを感じたジャスティンは、意を決して自ら事件の調査に乗り出した。(allcinemaONLINEより引用)



以下ネタバレ



アフリカで、スラムに住む貧困者の救済活動を行っているテッサ。
医師のアーノルドと一緒に各地を回り、衛生指導などを行っています。

その活動の中で、
アフリカの“安い”命を使った、製薬会社が行う新薬の人体実験の事実に行き着いたテッサ。
強い副作用があり、そのせいで命を落とすものがたくさんいるのに、
見て見ぬふりをし、実験される当人たちは何も知らされていない。

新薬の利益しか頭にない製薬会社。
スラム住人の命を軽んじる、治験会社。
医療もきちんと受けさせないケニア政府。 

それらに搾取され、何も知らずに死んで行く人々を救おうと、
人体実験の実態を調査し実験の中止を訴えたテッサは、
目先の利益を欲する人、自分の立場を守りたい人たちの、少しずつの裏切りによって殺されてしまいます。



「事実を知らせて巻き込みたくない」
テッサの思いから、本当に何も知らなかった夫のジャスティン。
妻の死をきっかけに、それまできちんと向き合わなかったテッサの活動や、彼女そのものを探す旅に出ます。

お互いを尊重する、という名目で、少しずつすれ違っていた二人。
しかし、真相を求めるうちに、
ジャスティンに対するテッサの深い愛が露わになっていきます。

事件の真相とともに、テッサの真実の愛に行き着くジャスティン。
しかし、行き着いたことで、テッサと同じように殺されてしまいます。




「援助を求める人々は大勢いる、だから誰かだけを特別に助けてやることはできない」

これは、ジャスティンがテッサに言ったセリフです。
今目の前にいるこの子どもだけでも、ここで手を差し伸べれば、たった一人でも助けてやれるのに、
でも、助けを求めているのはこの一人だけじゃない。
全員を助けてやることは出来ない。
だから、たった一人でも生半可に手を出すべきじゃない。


しかし、テッサの真実を追い求める旅の中で、
ジャスティンは、テッサと同じセリフを口にします。
「この子だけでも、今助けてやれるのに」

そして、自分が過去にテッサに言った、同じセリフを使って他人にたしなめられます。


そこで初めて、ジャスティンはテッサのその時の気持ちや、
突き動かされる感情に気付いたのではないでしょうか。
そして、はじめて、二人の気持ちがリンクした場面でもある。

これはわたしの感想ですが、
この直後に、自ら進んで冷静に死を受け入れたジャスティンを見て、
きっと、この瞬間に、これまでの様々なことを納得したんだろうな、と思いました。



そして、ジャスティンを援助したテッサの従兄弟の告発により、
二人の死後、世間にその事実が明かされます。


真相解明の代償に、得たものと失ったものの大きさに震えました。
二人の愛と、二人の死。

打ちのめされました。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
 トラックバック、ありがとうございます。感謝です。
 この作品、賛否がはっきりわかれていますね。良いか悪いか・・・中間の評論がありません。私は絶賛しましたが、いろいろな批判的評論を読むと、頷けたりします。私は帰宅してすぐに書き綴ったので、人の意見に左右されて書き直すことはしませんが、個人的には大好きなタイプの映画でした。
 同じ「よかった」という方の評論を読むと、嬉しくなります。どうも少数派のようです。嬉しく、コメントを書かせていただきました。ありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。  冨田弘嗣
2006/05/21(日) 16:12:37 | URL | 冨田弘嗣 #qTC6Hdh.[ 編集]
>冨田さま

TBありがとうございます。

他の方のレビュー読むと、
けっこう評価低いものが多くて、意外だなぁ、と思っていました。
ま、それも一理あるかなー、という内容ばかりでしたけど・・・

少数派だったんですねぇw
2006/05/21(日) 23:16:45 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
テッサ
りょうさうさん、TBありがとうございます。
この作品の賛否は結構テッサに共感出来るか
出来ないか?って意見が強いようにほかの
レビューを拝見していると感じました。
自分もあまり共感出来ないほうなんですけど、作品の持っている力強さとか、
この監督の映画作りの姿勢とかは
メジャーに行ってもあまり変わらないので
これからの作品が楽しみです。^^
リンクありがとうございます!こちらは
まだ設けてないので恐縮なんですが;;
2006/05/24(水) 08:24:03 | URL | kazupon #-[ 編集]
TBありがとうございました
こんにちは♪
「お互いの人生に干渉しない」ということが2人を無意識に縛り結局はすれ違っていく様、そしてジャスティンがテッサの足取りを追うことで始めて気持ちがリンクしていく様がよく描かれていたと思います。
ラストはもっと違う道を行ってほしかったと思いますが、あの終わり方で二人の魂が共になったと信じたいですね。
2006/05/24(水) 10:00:32 | URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
TBありがとうございました
こんにちは。
私、女性には厳しいかもしれません~(^^ゞ
テッサという女性の自由奔放さと情熱はすごいなあと思いますけど、結婚するタイプじゃないですねえ。やはりそれ以上の土壌がある太っ腹な男性でないと受け止めきれないでしょうし…
ジャスティンの物語である以上、彼にやはり肩入れしてしまいますよ…。
といって、作品自体の良し悪しをこれらの事で判断してるわけでもなんでもなく、作品自体の雰囲気には好印象ですよ。
・・・私のところもリンクはってます♪
どうぞよろしく♪
2006/05/24(水) 12:35:03 | URL | charlotte #gM6YF5sA[ 編集]
TBありがとうございます
>kazuponさま

テッサに共感できるかどうか

成る程、そういう違いですか。
わたしはそんなに共感した自覚はなかったですけど、でもこれだけ感動したってことは、
何かしら共感する部分があったのでしょうね。

この監督は他の作品も素晴らしいようですね。
これからチェックしたいと思いました^^
2006/05/24(水) 19:02:11 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
TBありがとうございます
>ミチさま

ラストは、やり切れない感じでしたね・・・

>あの終わり方で二人の魂が共になったと信じたい

まさに、同感です。
ますます、奥深い作品ですね。
2006/05/24(水) 19:03:54 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
TBありがとうございます
>charlotteさま

リンクありがとうございます~
これからもよろしくお願いいたします。

感じ方は人それぞれですからね^^
テッサの身勝手な感じにあまりいい印象を持たないっていう見方も、十分に理解できますw

あと、恋愛モノなのかサスペンスなのか、どっちつかず・・・という意見も多く見かけましたけど、それも分かる気がしますねぇ。

その辺の突っ込みどころを、忘れるくらいのラストシーンにやられちゃいましたけど^^;
2006/05/24(水) 19:10:50 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
TB有難うございます。^^
今晩は☆

ラブストーリーと捉えるか、社会派サスペンスと捉えるかでも印象が違ってきそうですが、巧く配分されていたなぁ~と。
ラブストーリー部分でいうと、自分はジャスティンの愛情に疑問を持っていたのでイマイチ共感し難いものがあったんですが(汗)
テーマは重く、アフリカの実情含めて深く考えさせられるものでした。
いま目の前にいる子は助けられるというテッサの言葉が印象的でした。

2006/05/24(水) 21:51:21 | URL | ルーピーQ #-[ 編集]
TBありがとうございます
>ルーピーQ様

テッサのセリフ、印象的でしたよね。

はじめは
「何を綺麗事を言ってるのか」
と思いましたけど、
ジャスティンが彼女を追っていくうちに感じて、そして同じセリフを口にしたときに、
テッサのセリフが蘇りました。

いい映画でしたねぇ・・・
2006/05/24(水) 23:11:18 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
tb、ありがとうございます~┌|∵|┘
はじめまして!dkと申します。

>真相解明の代償に、得たものと失ったものの大きさに震えました。
二人の愛と、二人の死。

打ちのめされました。

ほんとそんな感じです。。。
途中から映画館のいろんなところですすり泣く声が聞こえてきました。

深い、素晴らしい映画ですよね☆
2006/05/25(木) 01:26:33 | URL | dk #pM59Vimw[ 編集]
こんばんわ
私の場合愛とかよりも製薬会社の陰謀に興味がいってしまいましたがとても切ない映画だと思いました。
すごく力もありますし丁寧に描かれていますよね。ツッコミ所もありますが(笑

テッサみたいな人が側にいたら実際疲れるんだろうなぁとか思いました(笑

2006/05/25(木) 18:05:42 | URL | ななな #7qDEbzaw[ 編集]
TBありがとうございます~
>dk様

わたしは、観てるときは泣けませんでした・・・重すぎてw

今も、思い出すとぐっと胸に来るけど、
でも何故か泣けないんです。
リアルっぽいからでしょうかねぇ?
2006/05/25(木) 18:19:07 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
TBありがとうございます^^
>ななな様

おっしゃるとおり、突っ込みどころはけっこう多かったですね!w

>テッサ
情熱的だけど、ちょっと非常識ですよね・・・
アツいのはいいが、ダンナに迷惑かけるのってどうか。
考え方に共感できないかぎり、友達にはしたくないタイプですw
2006/05/25(木) 18:25:41 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
 まさか!テッサ(レイチェル・ワイズ)がいきなり死ぬなんて・・・ひょっとすると双子の妹が現れてジャスティン(レイフ・ファインズ)の調査を手伝うのかと思ったよ・・・
2006/05/21(日) 10:23:32 | ネタバレ映画館
んー、これ舞台がアフリカだから映像含め色々と新鮮に見えるだけで、 ストーリー自
2006/05/21(日) 11:47:58 | いもロックフェスティバル
今日はおそらく某雑誌で当選した 『ナイロビの蜂』の試写会に行ってきた。 [アンケートに答えて4色ボ
2006/05/21(日) 12:21:02 | しましまシネマライフ!
梅田ピカデリー 日本人の感覚として、映画はまだ「特別な時間」である。多くの日本人は、1年に映画を10本も観ない。平均すると5~6本。つまり、2ヶ月に1本である。10年で50本。だから私は「ターミネー
2006/05/21(日) 15:51:17 | 映画評論家人生
  テッサの愛に彼は包まれる・・・世界の果てで。 ナイロビでイギリス外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)。 ある日、訃報が訪れる。ロキに赴いた美しい彼の妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が何者かに殺害されたとの知らせを受....
2006/05/21(日) 17:19:41 | とにかく、映画好きなもので。
公開前からこんなに煽られたら、嫌でもちょっとは楽しみになってしまう、、、、世界130以上のマスコミから絶賛の嵐!とか海外映画評No1サイト Rotten Tomatoesでも82%がフレッシュ{/ee_3/}(絶賛)とか言ってるのを日本でもウリにしてるし。。。。そして気になっていたのが
2006/05/21(日) 22:00:40 | 我想一個人映画美的女人blog
「ナイロビの蜂」東京厚生年金会館で鑑賞口コミでラブストーリーよりもサスペンと聞いていたので気持ちは楽でした。これでラブストーリーと思ったらとてもついていけない感じです。先入観を持ってしまうと作品がつまらなくなるのでそれ以上の情報は入れませんでしたが、サス
2006/05/21(日) 23:18:06 | てんびんthe LIFE
「ナイロビの蜂」スニーク試写会@明治安田生命ホール「テッサが僕の帰る家だ」スニークプレビュー、5月公開の感動大作とのことで「デイジー」か「ジャケット」?と思ってたのですが・・・こちらでした。5月中旬と公開日はまだ決まってない?ので見逃してました。原
2006/05/22(月) 11:54:04 | 駒吉の日記
『ナイロビの蜂』(原題 The Constant Gardener)試写。 とても不思議な映画です。ラブストーリーといえばそうだけれど、観ている間は、終始社会派サスペンススリラーのようでいて、見終わると、切なさや諦め、哀しさ、深い慈愛と、色んな感情がじわじわと込み上げてくる。
2006/05/24(水) 02:55:04 | 試写会帰りに
フェルナンド・メイレイス監督の「シティ・オブ・ゴッド」は衝撃的な作品。ブラジルのスラムの子供たちが銃を持って簡単に隣人や友達まで殺してしまう衝撃的な要素ももちろんなんですが、俳優が演じている作品なのに、まるで主人公がカメラを廻して撮ったドキ...
2006/05/24(水) 08:25:16 | It's a Wonderful Life
映画館にて「ナイロビの蜂」雄大なアフリカの大地を舞台に描かれる夫婦の愛、製薬会社を巡る陰謀のサスペンスに目が離せない2時間だった。救援活動家で情熱的なテッサ(レイチェル・ワイズ)とガーデニングを愛する物静かな英外交官ジャスティン(レイフ・ファインズ)は出
2006/05/24(水) 09:56:11 | ミチの雑記帳
渇いた大地から届く,深い愛のドラマ。
2006/05/24(水) 10:13:01 | Akira's VOICE
妻の死を切っ掛けに、彼女の足跡をたどる英国外交官の物語です。
2006/05/24(水) 10:31:44 | 水曜日のシネマ日記
ブラジル、リオのスラムで生きる少年たちの姿を鮮烈に描いた、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督のハリウッド進出第一作。何と「鏡の国の戦争」などで知られ
2006/05/24(水) 11:03:21 | ノラネコの呑んで観るシネマ
レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演ジャスティン・クエイルは英国外交官で物静かな庭いじりが好きな男その妻テッサは正義感が強く 気丈で自分の信念を持って突き進み強引とも思われるほどの言動で真実を追求する法律家ですふたりはケニア ナイロビで生活をしてい
2006/05/24(水) 11:37:30 | travelyuu とらべるゆう MOVIE
第28回アカデミー賞 助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 脚色賞、作曲賞、編集賞ノミネート第63回ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 作品賞・ドラマ部門、監督賞ノミネートアフリカの空気がのどの渇きを激しく助長してくる。水という愛情で潤
2006/05/24(水) 12:29:31 | シャーロットの涙
★本日の金言豆★イヴェット・ピアパオリ:女性活動家で慈善事業家。19歳で国際難民救済協会の職につき、1999年に60歳で交通事故死するまでの間、アフリカの貧民の為に精力的に活動し
2006/05/24(水) 13:39:25 | 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を見送った。しかし2日後に帰ってくる筈だったテッサは、車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺され永遠に帰らぬ人となる。警察はよくある殺人
2006/05/24(水) 21:49:43 | ルーピーQの活動日記
「ナイロビの蜂」hpとても美しい映画。ここまでいいとは思ってなくて、レイチェル・ワイズが助演で出ているということで以前から気にしていたし記事にもしていた。時間的に鑑賞は難しいと思いつつも、ダヴィンチと海猿に奪われてしまった公開回数が2回。来週は嫌われ...
2006/05/24(水) 22:10:26 | mountain77 D.Reverse side
この映画、アメリカでマスコミ試写では評判悪かったようです。
2006/05/25(木) 18:02:11 | 映画を観たよ
1限を終えて、まっすぐ家に帰ろっかな、どうしよっかな、と迷った末に、つい寄り道してしまいました、池袋シネマロサ。観たのは、『ナイロビの蜂』。監督は、『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスですね。『シティ~』は観てはいないが、ブラジルのスラム街
2006/08/28(月) 15:24:38 | 存在の耐えられない軽さ
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。