壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
イン・ザ・プール
イン・ザ・プール In The Pool (2005/日本)

松尾スズキバロスww

監督・脚本
三木聡 Satoshi Miki
原作
奥田英朗 Hideo Okuda 『イン・ザ・プール』(文藝春秋刊)
出演
松尾スズキ Suzuki Matsuo (伊良部一郎)
オダギリジョー Joe Odagiri (田口哲也)
市川実和子 Miwako Ichikawa (岩村涼美)
田辺誠一 Seiichi Tanabe (大森和雄)
MAIKO マイコ (マユミちゃん)
森本レオ Reo Morimoto (佐俣教授)
岩松了 Ryo Iwamatsu (前西室長)
ふせえり Eri Fuse (編集長)
きたろう Kitaro (吉沢部長)
三谷昇 Noboru Mitani (姫乃木医師)


【ストーリー】
伊良部総合病院の精神科医・伊良部一郎。彼はいつも白衣の下にヒョウ柄のシャツとブーツを合わせ、テキトーな診察でお気楽に過ごしている。だが何故か彼のもとには、その不思議な魅力に引き込まれるように患者が次々と訪れるのだった。そしてまた、徹夜仕事の合間でもプールに通う“プール依存症”のエリート管理職・大森和雄、24時間勃ちっぱなしという“継続性勃起症”の営業マン・田口哲也、確認行為を極度に習慣化してしまう“強迫神経症”のルポライター・岩村涼美ら、ストレスが原因による奇妙な病気に悩まされる患者たちが伊良部の診察室に駆け込んでくる。(allcinemaONLINEより引用)


うーーーーん。

コント三昧の101分、って感じですかねぇ
それ以上の感想は出てきませんでした。

まぁ、俳優個々の個性が強くて、面白かったですけどね。
だから何が言いたいのか、と小一時間問い詰めたくなる映画でした。

オダジョーファンとしては、
全編ほぼ下半身出しっぱなし(モザイク入り)の彼が、新鮮でなりませんでしたけど。


「心の病」を取り上げてコメディに仕立てた、という点では、
嫌われ松子の一生』の勝ちが、火を見るよりも明らか。


★★☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。