壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
やわらかい生活
やわらかい生活 Yawarakai Seikatsu (2005/日本)

暗ぁ・・・

監督
廣木隆一 Ryuichi Hiroki
原作
絲山秋子 Akiko Itoyama 『イッツ・オンリー・トーク』(文藝春秋刊)
脚本
荒井晴彦 Haruhiko Araki
出演
寺島しのぶ Shinobu Terashima (橘優子)
豊川悦司 Toyokawa Etsushi (橘祥一)
松岡俊介 Shunsuke Matsuoka (本間)
田口トモロヲ Tomoro Taguchi (痴漢Kさん)
妻夫木聡 Satoshi Tsumabuki (気の弱いヤクザ)
大森南朋 Nao Ohmori (バッハ)
柄本明 Akira Emoto (橘昭夫)
and more


【ストーリー】
一流大学から大手企業の総合職とキャリア街道を突き進み、仕事もプライベートも気を張りつめてがんばってきた橘優子。しかし、両親と親友の突然の死をきっかけにうつ状態へと落ち込んでしまう。以来、躁鬱病を抱えて入退院を繰り返す優子は、やがてなんとなく居心地の良さを感じて東京の端っこ、蒲田へと引っ越してきた。そんなある日、いとこの祥一が転がり込んでくる。はじめは優子の躁と鬱の落差に戸惑う祥一だったが、それでも優子のためにと、かいがいしく世話を焼く。その後も、優子の周りには不思議とダメ男たちが集まってくるようになり、優子の心も少しずつほぐれていくのだった。(allcinemaONLINEより引用)


この映画を観てまず分かったことは、
わたしは寺島しのぶが好きじゃない。

だからなのか映画そのもののせいなのか分かりませんが、
あんまり共感できませんでした。


サイトの映画紹介を見ると、
「優子に共感する女性続出!」的なことが書いてあるんですけど、
典型的な躁うつ病の女性を演じた寺島(演技力は確かにすごい)のせいで、
「あー、いるいる、こういう女~(´ヘ`;)」
と話の節々でなんとなくいやーな気分になる・・・

一緒に観た友だちは精神病院関係者なので、余計そう思ったみたいでした^^;


でも確かに、
優子みたいに、それまで人生上手くいっていた人が、
何かのきっかけに急に転落してしまう、
心を病んでしまうってことは誰にでも起こりうることだと思う。
だからこそ、恐ろしくて共感できないって部分も正直ありました。
自分がこうなったらどうしよう、的な。

ありうるじゃん。
人生、何が起こるかわからないじゃん。
今のわたしは映画の優子を観て苦い顔してるけど、
明日突然、家族や友達や大事な人が次々死んで、
急に自分ひとり取り残されてしまったら、
わたし、正常でいられる自信ないもの。


でもなんか、寺島しのぶがそれを完璧に演じると、
無性に腹立つんだおねw
うぜぇ、みたいな。


ていうか、↑の解説で
『優子の心も少しずつほぐれていくのだった』
とか書いてあるから、ほんわかムービーかと思うでしょ?

騙 さ れ ま す よ 。

もうね、ほんわかかと思わせておいて、
救いようのない、底なしに暗い結末ですから。
ありえないほど優子を突き落としますから。
こんな題名付けておいて、その結末はないだろう、と。
この監督は結局、何が言いたかったのかと。

妻夫木の役どころは、いったい何の意味があったのかと。


★☆☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。