壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
トランスアメリカ
トランスアメリカ Transamerica (2005/アメリカ)

ケリーはケヴィンを逃さない方が良い件

監督・脚本
ダンカン・タッカー Duncan Tucker
出演
フェリシティ・ハフマン Felicity Huffman (Bree Osbourne)
ケヴィン・ゼガーズ Kevin Zegers (Toby)
フィオヌラ・フラナガン Fionnula Flanagan (Elizabeth)
エリザベス・ペーニャ Elizabeth Peña (Margaret)
グレアム・グリーン Graham Greene (Calvin)
バート・ヤング Burt Young (Murray)
キャリー・プレストン Carrie Preston (Sydney)
and more


【ストーリー】
若い頃から男性であることに違和感を抱き、いまは女性として独りLAで慎ましい生活を送るブリー。ようやく肉体的にも女性になるための最後の手術に許可が下りた矢先、彼女のもとにニューヨークの拘置所から1本の電話が掛かってくる。トビーという17歳の少年が実の父親“スタンリー”を探しているというのだ。トビーは、ブリーがまだスタンリーという男性だった時代に、ただ一度女性と関係を持ったときに出来た子どもだったのだ。こうしてブリーは渋々ながらも、トビーの身元引受人になるべくニューヨークへと向かうのだが…(allcinemaONLINEより引用)


ちょwww主人公の名前が ブ リ ー ・ オ ズ ボ ー ン www

※解説
<ブリー>
フェリシティが出てるドラマ『デスパレート・ハウス・ワイブス』の、公私共に強烈キャラの名前。
<オズボーン>
ケヴィン・ゼガーズの彼女(現在は不明)は、あのケリー・オズボーンw
kelly.jpg

ちょwwwケリー彼氏とかいんのwwwwwwwと全世界が思ったと思われるんですが、パパラッチされた相手がこのケヴィン。
Kelly_kevin.jpg

↑この写真観たときは
「ま、お互い様って感じで・・・」と妙に納得したのですが、
映画を観ると意外とイケメン!
というか多分、↑のイメージでいたから、そのギャップに驚いただけっぽいですけどね、わたしも。


とまあこんな感じで、本編になんの関係もない話題でブログが埋まりそうなんですが、
とにかく、繊細なテーマなのにコメディタッチで、
しかも割と違和感なく観られました。
ブリーの家族、とくに母親が典型的な無理解ぶりや、
興味本位で彼女を見るケヴィンの軽率なセリフとか、
ちょっと大げさなくらいに描かれていて、
それのおかげでテーマの重みが和らいでいたような。


「女性になりたい男性を女性が演じている」わけですが、
やはりその演技力は素晴らしかった。
メイクとかカラダ作り、衣装によるところが大きいことは分かるのですが、声やしぐさ(わざと女っぽく振舞う感じとか)が上手くて、
素人に「演技上手い」とか言われてもフェリシティも嬉しくないと思いますが、
なんていうか、アカデミー賞は彼女がよかったんじゃないだろうか。


先にも書いたけど、意外と良かったのがケヴィン。
ちょっとひねくれてるけど、純粋な男の子って感じで、
ケヴィンみたいに世間が受け入れてくれたら、きっとブリーやブリーたちは苦労なく暮らせるんじゃないだろうか。
途中出てきたヒッピーのイケメン(表向きだけブリーに共感してみせる男の子)と対比させて、
ケヴィンの素直さが、世間の理想代表として描かれていると思いました。


とにかく、けっこう良かったので、オススメします^^
でも、映画館に行く必要はないかも。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
今日は『トランスアメリカ』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★☆☆》 なんでだろう?特に気に入
2006/08/21(月) 21:40:28 | しましまシネマライフ!
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。